minminzemi81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

2、ブログはリズム感+ブシャ〜汁で! 【或いは文章指南✩後編】

20090817-IMG_1239

え~とデスねェ、前回ブログの→[或いはブログの描き方指南✩前編]の続きです。

思う所を、てててん!書きあげて最初に(作文教室のパート)見せたんですね。横の生徒さんに。「ドヤ?」すると、こう言いましたよ。

「エト、ワッカンナイ、テ云ウカァ…ナンヵ…デスゥー⤴」byカッパ♀Say

・・・バッサリ、ディスられてしまったんですよぉぉぉ、しかも棒読み声(初音ミクの調子悪い版みたいな)・・・

「へえぇ~マジでぇ!?そうなのっ…ナゾですかぁ…」byカッパ♂Cry

マンを持して、マンまで辞してェ、久々の絶賛大放出脳汁ブシャー💦したのにィ…のに…のに…_| ̄|○ rzガクッ! 今後の展開がぁ…。

f:id:minminzemi81:20171001045644j:image

The old pond
Frog jumped in
Sound of Silence. 

☁  ☁  ☁ 閑話休題 ☁  ☁  ☁ 

日本の楽器は、太鼓がドンドンドン、三味線はちんとんシャン、日本のリズム“序破急”の続きでしたね。ここで東儀秀樹さんを聴いてみます。でも曲はオリエンタルなアレンジ曲です。雄大な“序破急”の調べです。東洋音階は大好きですね。

YouTube 

では戦国時代のアーチスト二人にご登場願います。考え方を探ってみましょう。

世阿弥が「風姿花伝」で解説しているの要約すると…[序➵無拍子、低速  破➵拍子が加わる  急➵加速してゆく]とのこと。

〇剣豪 新免(宮本)武蔵が「五輪書」の中で一番大切な心得として…「とりわけ兵法では、拍子を鍛錬して会得しなければならぬ」と云っている。

このグレートなお二人から学ぶとしたら…。

二つ目の答え(仮説)⇒“ 拍子”(リズム感)が大切。“加速感”(アゲアゲ)も大切でぇ~す。

アゲアゲノリノリ♪な文体か。いったいどうすれば良いのだ??さっぱり解りませんね。私が普段心掛けているのは語尾変化。同じ語尾をなるべく使わない。すると文章にリズム感が出てくる。ツラ揃え(文字数を技と揃える)もする。あと、ラストに向けて叩き込むように落す、コト(オチ、関西人のサガなのか?)もする。

でもですよ、はたして読者に伝わりやすいのか?は、別問題です。なので、この一件はいわゆる「継続審議、前向きな姿勢で早急に善処いたしたい。」まるで嘘つき政治家のように終わるのです。

“自分スタイル”を考えてみる(今後の展開案)

〇“説得する文体”は、なるべく避ける(得意のヘナチョコ文体で)結論は読者に判断してもらう方が、何かと得策か。キャラ立てと、喋り口調は重要課題だ。

〇“写真”を必ず活用する。出来れば“動画”もうpす。「百聞は一見に如かず」は、もうSNSのディフォですね。いま時文字だけで解れよ!は、かなり難しいですね。

〇得意分野に特化させた、四~五本をローテしていけば変化もあり、読者的にも“ごっつええ感じ”かな?ワンパターンは飽きられるだろう。

〇“手描きイラスト”と“四コマ漫画”?などを挿入して、ヴィジュアル面を強化[ 文字6:4画像 ]ぐらいで見ためを構成したい。

[問題点]コレじぁ「時間と金」がかかり過ぎるよね。何とかサクッとできないかなぁ…。

f:id:minminzemi81:20171001060801j:image

[あと書きみたく]

いえねェ…もしかして“ブログの描き方”で悩んでいる方(自分のように)も、ブロガーの中にはいらっしゃるんじゃ無いか、と考えてデスね、誠に僭越(せんえつ)ながら、ヘビ足ながら、ドギマギしつつ、書いてみた訳です。結論、中途半端でゴメンなさい。次回もちこしですよ。ほんの僅かでも参考になりましたら、幸いで御座います。

寒くなりましたね。早々不一