minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ ノシ

百均大手「DAISO」で売っている「三百円スピーカー」が、意外にもなかなかイケてる音♪だった件【プチ改造レビュ】

f:id:minminzemi81:20181211161252j:plain

DAISO三百円スピーカー

 

ミニスピーカーは便利です

 

ミニスピーカーは、なかなか便利である。持ち歩きや机の隅に置いて使ったり、PCやスマホで軽く音楽を聴くとか、便利で重宝しますね。音楽はスピーカーで聴きたいものです。プラグを耳に突っ込んで聴いていると「聴力障害になる」なんて聞くしな、これは怖いね。でも問題なのは、このサイズで(てことは、音質は望めない)それなりのお値段がすること。これでは、やはりコスパが悪いよね。そうそう、ワタシの子供が普段、スマフォに繋いで聴いている「SONYのミニスカ(ポリスではない)キューブ」聞けばお値段5,000円/一個もしたというではないか。これですよ。

▽「WOW…スタイリッシュ!」笑

f:id:minminzemi81:20181222033942j:plain

高級サイコロミニスピーカー

あらら…「こんなのが五千円ですか?あんさんハードオフいったら、立派な中古スピーカーがね…ナンダコンダ(以下略)」なんてね、想ふ。

 

百均「DAISO」売り場にて

 

ある時、百均の「DAISO」へ行った。ぐるっと一周してレジへ行こうとすると、PC棚(スマホ関係のグッズがある売り場)の一番上にある地味なグレーの箱に、ふと目が止まった。何だろか、これ…?

それが「USBミニスピーカー」300円(+税)なのでした。とりあえず横にいた子供に、意見を聞いてみた。

「これは大丈夫なヤツかなぁ~?」

「三百円て…www」

「う~ん、そうよな、さすがにあり得ない値段よな…しかし」

さすが五千円もする、サイコロスピーカーを気軽に毎日、コロコロ転がしている富豪さん。チョー上から目線で、何だかニヤニヤしているね。外箱の仕様書きには「出力 3W x2、インピーダンス 6Ω、周波数帯域 35Hz~20KHz、外形寸法 幅63×高さ75x奥行55(mm)」などと書いてある。「う~ん、案外良いのではアルマーニ?」

 

買う気?ハッキリしましょうね

 

なんだかね「このスペック盛り杉じゃね」と思った。もっとも、百均でスペック云々言ってる奴のほうが、余程おかしいのかもしれないが。しか~しこのサイズで、三ワット出力ならたいしたものである。さらに1mのUSBケーブルもついている。箱をコソッと開けて中身を確認してみると。箱の中には、スピーカー二個(内蔵アンプ付き、アクティブ※)、USBケーブルと、入力ミニプラグ込で「ムムっ…マジですかっ」これで売価が三百円はありえないてか、信じられない充実ぶりだよ。

(※アンプが入っていないスピーカーのことをパッシブスピーカー、アンプ内蔵のことをアクティブスピーカーと呼びます)

ではでは少し冷静に考えて見よう。スピーカーがとりあえ「100円/一個」位としてⅹ2「アンプ回路が100円」位かな、その他諸々勘案すれば、すでにこれでは赤字だろ?これはいったいぜんたい、どんな「チャイナマジック」なんだい?がぜん音質よりも、違うところに興味が湧いてきたよ「謎の中国経済」というものに。売場で結構なんだかんだ考えた挙句「まっ、ダメ元で買うかなっ!」で、サクッと買っちゃいました、二個もね。ヤバい性格だ。

f:id:minminzemi81:20181213050640j:plain

思わず二個も買ってしまった

さっそく家に持ち帰り、携帯に繋いで鳴らしてみる。音量はスピーカー背面についている、ボリュームコントロールで調節ができる。アンプ基盤は左サイドに内蔵されている。これが思ったよりも、なかなかいい音♪が出ているのです。中音域でボーカル曲なら音質は充分ですね。でも低音と高音域は、さすがにない。心配した変なノイズも出てないし。こりゃなかなか使えますよ、皆さん。

(※個体差、いわゆる当たりハズレがあるかもしれない)

「こりゃ凄いっ♪これはもしかしたら、DAISO始まって以来のコスパいい商品なのではあるまいか?」まぁ、ホントのコトは分からないけど。

そして次にCD音源で、フルボリュームで鳴らしてみる。すると箱鳴りのビビり音が、かなり出だした。やはり薄いプラ製のスピーカーボックスがダメなようだね。「この箱が駄目なんだな、もっとカチカチに仕上げれば良くなる?」ここらでネト検索してみる。この商品はどうやら「300円という底価格で、ビックリな音質の良さ」からコスパいいと、今年話題になり「入荷即、完売続き」となったアイテムだった。「そ~なんだ!」感心、なぜか感心。なるほどね、道理でいままで見かけなかったはずだ。そして一部のマニアの間では、魔改造して音質変化を楽しむのが、こっそり流行しているみたいなんだね。あぁ、この世界はさぁ「プチ発明おぢさん」がバッコして、何かと怖い世界を形成してるよねぇ<笑

 

少しだけカンタン改造注入ス

 

再びDAISOに行き「フェルト生地とクッションゴム(計200円)」を、買うことにした。スピーカーボックスの吸音材とボックス自体を浮かし、箱鳴りを抑えるためです。スピーカーボックスの裏ブタ(ネジで四箇所止め)をはずし、フェルト生地をなかに押し込んだ。そして次にボックスの下側に、小さいクッションゴムをポチッと張り付けてみた。

f:id:minminzemi81:20181222172956j:plain

厚手のフェルトを押し込み再び元に戻した

さて、だうだろう鳴らしてみる。音量上げても「変な箱鳴り」が無くなり、気持ち澄んだ音になった…(気がする)ではないか!そして高音と低音も、少し出るようになった(気がする)ではないか。改造マニアが「キャッホイ♪」とかよろこぶ気持ちが、少しだけ解った(気がするね)。すべては、気のせいなのか?

いや、きっと違うのだ!(断言)。手を掛ければそれだけ、アイテムさんが応えてくれるのだね。う~む、きっとあれか。RPGで主人公に装備品を買い与えると、活躍の場がドンドン広がるあの感じかな。ムリしても、もっといいアイテムを装備させたいっ!やっぱり「キメラの翼」が欲しい!「スピーカーに翼を与えよ」どっかから声が聴こえた。誰ですか?私をそそのかすのは?メタ視点なヤツ?

f:id:minminzemi81:20181213053607j:plain

子供の机にセッティンGooした

そうだよ、ネトで知った改造ミニスピーカーの話。「エンクロージャー造り、これは面白そうだけどもね」しばし考え、たいていは材料、工具とかで無駄使いの挙句「安物買いの銭喪い」なんていう結果になりかねない。ドンドン謎のカオス世界に、沼ハマリなんかしたら怖いからね。さてさて『二つ目のスピーカーの運命はいかに』でんででんででん!

▷報告/まずは「初号機」子供に強制プレゼントしました!何かあまり活用されていないようです。笑

▷付記/DAISOはかなり前から「百円均一」であることを止めている。「何でも100円」という本来あるべき店のコンセプトを放棄した訳だが、これは如何なものなのか?「ホームセンターの劣化版」といった位置づけになってしまうからね。

う~ん、これどうなんだろね…🤔

 

(2800文字、You read it, thank you.) #スピーカー