minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

新元号が決まり、新年度も始まったので、記事の振り返り企画やってみる【春の四選抜】

f:id:minminzemi81:20190502141112j:plain

いましがた、新年号は『令和』と発表した。萬葉集から文字を採録したと云うが、昭和と何が違うのか?音やイメージが、ダブるからね。どうなんだろ?

f:id:minminzemi81:20190401135855p:plain

新年号は「令和」

この「令」の文字にはいいイメージが湧かないね。例えば、命令、号令、指令、とヤな感じ“律と令はセット”だからさ。書きやすいのはまぁ、イイかな。

検索アクセスが多かった、記事四選 発表!

 

さぁ、平成が終わり令和が始まることになった四月です。

f:id:minminzemi81:20190502140743j:plain 

過去ブログを発表して心機一転、心を入れ直そう…(でも、新しい心がローソンにも売ってなかったので、無理)とりあえずGoogleとYahooからの検索流入の数字から、順位を決定しました。

ではでは、発表します。だららららら…(ドラムロールのつもり)ジャーン♪

 

第四位✨『「大塚国際美術館」想定外に凄かった! 展示作品数、展示方法も、我々の想像を超えた“巨大な美術館”でした。徳島県 鳴門市【西洋陶板美術館】』

 

○タイトル、ながっ!去年の年末のことです。徳島県にある大塚国際美術館に行ってきました。その時の珍道中ぶりを記事にしました。とかく絵画芸術は敷居が高いものです。

それで“お気軽に行けるところ”はないかと調べ、たいした期待も持たず訪れました。するとなんてことでしょう~思った以上に素晴らしい美術館だったのです。

minminzemi81.hatenablog.com

 

 

第三位✨『もうひとつのラピュタ、深山砲台跡と海軍由良水雷隊基地 見所満載、ドタバタ探検記!! 和歌山市 加太【戦争遺跡】…Part1』

 

○このタイトルも、ながっ! 記事は現地に二回も冒険(取材)に行き、比較的力を込めて書きました。三部作に分けて書き分けようとした、野心作(笑)なのであります。

それでパート1とパート2はエントリーしましたが、三つ目がなかなか上手くまとまらなくて、いまはペンディング状態なのです。近々完結させま~す。はい、乞うご期待!

minminzemi81.hatenablog.com

 

 

第二位✨『噂の「野口英世の母シカの手紙」を読んでみたら』

 

野口英世さんはお札の肖像画にもなった偉人なので、けっこう言及は多いのです。ですがそのお母さんである「野口シカ」さんは、ほとんど知られていないのではないか。

ある時のこと、シカさんが書いた手紙を読んだのですね。それで“その文字と内容”にショックを受けたのです。皆さんにこの内容を伝えたかったので書きました。

minminzemi81.hatenablog.com

 

 

第一位✨『あの「しょうこおねえさん」を、再検証してみる。天才or奇人?エピソード4選』 

 

○意外や意外、検索一位は「しょうこお姉さん」の記事でした! むかし毎朝眺めていたTV「おかあさんといっしょ」で活躍していた、拝田祥子さんを思い出して書いてみたのです。

最近はテレビでお見かけする機会も少くなりましたが、まだまだ活躍して頂きたいですね。この記事、万余の方々にお読み頂けたみたいですので、書いて良かったと想いますね。

minminzemi81.hatenablog.com

 

<ひとり反省会>とかくブログというものは…

 

ふと気づいて見れば、あと数ヶ月で“ブログ生活二年目”が終わろうとしています。そして、平成も終わろうとしています。

「いやぁ、自分で思った程書けなかったなぁ」なのにサブブログ(実は三個もある。何それ爆笑)まで作ったりもしたね。さぁ“気分一新だっ!”てなことで創ったけど、さらに”もっと書くことが大変”になっただけだよ。笑笑

f:id:minminzemi81:20190117190731j:plain

SNS活動は、いまの所7媒体やってます。色々な媒体をクロスオーバーさせて情報充実させるのが目的だった。でもこれもねぇ、余りうまくいってないのですね。

はてなブログGoogleマップ、インスタグラム、フェイスブックツイッター、LINE、YouTubeと…「これ、やり過ぎだよっ!」てか動画(YouTube)までとても手が回らない。

だから、ずいぶんバコバコ書き込んだ(描きかけ保留も、大量に残っている)気分ではあったが、なかなかブログを量産するにはいたらなかった。いたし方なし。

何か「新しい分野」にチャレンジしてみたいかな。

はいっ、<反省終了>~はやっ

 

f:id:minminzemi81:20190502141232j:plain

平成時代をまとめてみるならば、この曲かな。

 

平成日本を総括する曲とは、何か?バブル崩壊から始まり大変な地震・豪雨災害もあり、経済も低迷した。いま振り返れば“激動の時代”だったか。次の令和には“希望を持ちたい”ものだねぇ。ならば、これかな…名曲「時代※」。

『そんな時代もあったねと いつか話せる日が来るわ
あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ
だから今日はくよくよしないで 今日の風に吹かれましょう』

YouTube 

(※中島みゆきが作詞・作曲。1975年に発表され『第6回世界歌謡祭』でグランプリを受賞。後に卒業式で歌われたり、音楽の教科書にも採譜されている息の長い楽曲。また『日本の歌百選』にも選ばれました。)

 

○オマケ/誰も言及しないので、こっそり書き記しておきました↓↓↓<笑

minminzemi81.hatenadiary.jp

 

(2100文字、Every day beautiful day)