minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

運命の日は、5月1日「あの日はたしか、1994年のGWだった」音速の貴公子アイルトン・セナへの想い出ぽろぽろ 【F1GP】

平成生まれの若者は、伝説のF1ドライバー「アイルトン・セナ」を知らないらしい。もちろん、自分が生まれる前に亡くなったヒトに「てんで、興味がな~い」のも仕方ない、でもチョット寂しいかな。

かつて“昭和の終わりから平成の始まり”にかけて日本では、空前絶後の“F1ブーム”があったのです!

F1ファン(オタじゃないよ!)のワタシがあの熱い90年代前後を振り返り、F1ブームの状況とかレース観戦の思い出話を書いてみます。では…「1994年5月1日にいってらっしゃい!」←所ジョージかっ!

 

熱いアツい「F1ブーム」とやらを、サクッと解説します

 

まず知って頂きたいのは、日本人F1ドライバーで遅咲きのルーキーと呼ばれた中嶋悟が、1987年にキャメルカラー「ロータス・ホンダ」でデビューしたこと。

そしていきなり7位、6位、5位、4位と尻上りのリザルトを、たたき出したのです。これには、ホント日本中が沸いた!!

f:id:minminzemi81:20190430165438j:plain

ロータス・ホンダ99T(#11中嶋悟マシン)

そして、その翌日には大きくニュースにも報じられました。特に第七戦イギリスGPにてウィリアムズのマンセルが優勝、二位ピケ、ロータスが三位セナ、四位に中嶋悟「ホンダエンジンがトップ4独占!!」という快挙を達成。

それで「な~んだ中嶋悟、次は表彰台かな?!」と、あの頃は至極当然のように想っていましたね(実はこれ、トンデモで驚異的なコト)。

ロータス・ホンダでの中嶋のチームメイトが「アイルトン・セナ」だった訳で、いまにして思えば、中嶋も“大変な相手”と組まされていたものです。

なぜなら翌年の「ワールド・チャンピオンがセナ」なのですから。

f:id:minminzemi81:20190430173407j:plain

マクラーレン・ホンダMP4/4(#12セナマシン)

バブル景気の始まりで、資金がダブダブの日本企業がF1のスポンサーや、コンストラクタとして参戦し「アイルトン・セナ&ホンダ」人気なんかもF1ブームの後押しをしました。

世の中が“妙な熱気に溢れていた”あの頃。

(※中嶋は、34歳でロータス・ホンダよりデビューを果たし、日本人初のF1ドライバーとなる。「雨の中嶋」と呼ばれ、ウエットレースに強かった。1987年の開幕戦から1991年の最終戦オーストラリアで引退するまで、五年間F1で活躍した。出走回数80回、予選最高位6位、決勝最高位4位、ファステストラップ1回) 

 

F1グランプリテレビ中継は、欠かさず観る!見ながら、“ビデオでも録画”がディフォだったね

 

それからCXのテレビ中継「F1グランプリ」。レースウィークには必ず「TV観戦&ビデオ録画」をしていました。

悪いことに日曜日の深夜枠で、眠くてね「ん~夜更しは、ヤバいよォ…zz」寝落ち寸前、だからビデオ録画が必須だったね。

いま想えばそんな状況で見るから、逆に楽しかったのかも?!

YouTube

番組は、この“超イケてるオープニング曲”で始まった。T-SQUAREの『TRUTH』(1987年~1998年まで、OP曲)が流され続けた。いま聞いても、ワクワク♪ドキドキするね。

当時としては、“超斬新”なフルCGの画面だった。ありゃ、懐かしのフレーズ「超~」て、いまでは死語だったかな?いや、まだ使うよね。

あと、エフワン雑誌も買っていました『F1グランプリ特集』や『レーシングオン』を購入して、チーム状況やレース展開を分析なんかしていましたね。

しかし何なんですかねぇ、F1にまつわる情報の、あの奇妙な面白さは…何だかね、ヤッパリ90年代が懐かしいな。

 

その後、毎年恒例となる“秋の鈴鹿詣”が始まったのが1991年からです

 

初めてF1日本グランプリを観に行く日がやってきた 

 

それで、たしか1991年のこと…平成三年。三重県にある『鈴鹿サーキット』に「F1グランプリ」を初めて生観戦する日が突然訪れたのです!

⇒ついに「生!」なんでもナマが一番だっ!!F1観戦も、ビールも、チョメチョメも!←コラコラ

f:id:minminzemi81:20190430180614j:plain

マクラーレン・ホンダMP4/6(#1セナマシン)

10月18日~20日の三日間。スケジュールは、もらったチラシがまだ手元にあった。あの頃は、決勝前にF3やシビックレース、あとクラッシックカーパレードなんかも同時開催していたのでした。いまもそうだろうか?

(※チョメチョメの発案者は、山城新伍だという。放送上、都合のワルい単語に充てた。ちなみにホニャララは久米宏らしいね)

 

<91年F1日本グランプリ in SUZUKA>

○18日金曜日、フリー走行、F1予選1回目

○19日土曜日、フリー走行、F3サポートレース予選、F1予選2回目

20日日曜日、フリー走行、F3サポートレース決勝、F1決勝レース

 

当時、指定席チケットが「プラチナ✨チケット」と呼ばれとても入手困難、あれば“プレミア闇価格”で出回っていた。とてもそんな高価なモノ、買えませんからね。

それで、一計を図った。レース関係の知り合いに「自由席チケット」何とか二枚、横流してもらい、ワタシ以上に“エフワンオタ”だった兄を誘ってみたら、即OK。そりゃそうです、随分気合い入っていましたね。

18日の金曜日は、会社を有給♪とって、準備万端、備えは盤石! キャンプ道具一式を車の後部座席(ミニクーパーだったので、後ろが見えぬテンコ盛り状態です、何なんだぁこの物量は)に積込んで、いざ決戦の鈴鹿!!

f:id:minminzemi81:20190501145759p:plain

鈴鹿サーキット国際レーシングコース

 <鈴鹿サーキット特長>

一周、5.807km。コースレイアウトは東西に細長く八の字を描き、立体交差を挟んで右回りと左回りが入れ替わる。最大高低差は、52mもある。

アスファルトのμ係数はとても高いが、雨が降るとコースに川のスジが出来るほどにもなる。スタンドから海が見える、世界一素敵なサーキット!!

鈴鹿コースレコードは、ルイス・ハミルトンが叩き出した「1分27秒.319」(2017年F1日本GP予選Q3)夢の34秒台と、騒いでいた頃が懐かしいね。

 

レースへの期待と素晴らしいワクワク高揚感、これぞF1

 

ブォン、ブオ~ォ~!!

西名阪をカッ飛ばし、目指すは三重県鈴鹿サーキット!

そうなんです、この年の鈴鹿は実に興味深かった『セナのワールドチャンプ決定と中嶋悟引退鈴鹿ラストラン』があったのです。この頃が日本での“F1人気絶頂期”だったのですね。

f:id:minminzemi81:20190430182005j:plain

ティレル・ホンダ020(#3中嶋悟マシン)

カーステから流れる曲は、ヤッパこれ「TRUTH✨」でキメっ。イケイケGO!GO!スピード出し過ぎっ!?

亀山ICで降り窓を開けると涼しい風が舞い込む、そしてカーンと秋晴れの蒼空。とてもいい天気だった、全く問題(キャンプだから)ないね。

鈴鹿川沿いの道を車でゆくと、やがて空からエクゾーストが聴こえてきた。キャッホ~!この甲高い音、きっとフェラーリだっ!!

ワクワクドキドキ感が高まってきた。ついに来たよぉ~来ましたよ。この高揚感こそ、エフワンの醍醐味なんだぁ―!!

(※エクゾーストは排気音。F1マシンが絞り出す凄まじいサウンドは、まさに轟く雷鳴!ちなみにマクラーレン・ホンダのマシンは、MP4/6。エンジンが、RA121E 3.5ℓ NA、V12。地響きをたて「地獄のような音♪」がしていたよ<笑)

 

アイルトン・セナVSナイジェル・マンセル対決!決着

 

<超絶技巧『セナ足』>

セナだけが出来る“謎のテクニック”と言われ、これはコーナー旋回途中で「パパパパ…」と小刻みに右足でアクセルをあおる。これによりコーナーアウト時のエンジンの吹け上がり(+500~1000位か?秒間6回ほど、忙しい開閉の煽り)を良くしたらしい。

予選時には、ワタシはスプーンカーブにいた。そこで“セナとベルガーを比較”して観ていたのだが、排気音が確かに違った。そして、スプーン二つ目での脱出スピードも違い、さらにクリッピングポイントもセナは手前で、バックストレートに飛び込んでいった。

しかし、何だろう、これ良く分からないな。結局のところ予選タイムPPはベルガーで、セナは二番手となったから「ゲル足」の勝利ってコトですか。ベルガーが予選用セッティングで、セナは決勝重視だったかもしれない。

○アイルトン・セナの鈴鹿アタックを、大迫力オンボードカメラでどうぞ

YouTube

(※セナは1回目のタイムアタックで1分34秒898を記録。ナイジェル・マンセルは1分35秒594と届かない。このままセナが4年連続でポールポジションかと思われたが、セナのチームメイトのゲルハルト・ベルガーがさらにスーパーラップを刻み1分34秒700をマーク、ポールポジションを獲得した)

<決勝レース>

フロントロウにはベルガー、セナ二台のマクラーレン・ホンダが並ぶ。その後ろにナイジェル・マンセルがいた。

スタートして1コーナー、ベルガーが先頭に飛込みセナがマンセルを巧みにブロック牽制し、まずはマクラーレンの作戦が成功。

続く9周目には、メインスタンド前から1コーナーにかけて、マンセルがセナのスリップストリームを利用し追い抜こうと仕掛けた。

だが、そのまま2コーナーでランオフに飛び出し、リタイアしてしまった。それでこの瞬間に、セナの「三度目のワールドチャンピオン!!」が決定したのです。

(※スリップストリームは、レースの追抜きテクニック。ストレートで先行車の背後に付いて、空気抵抗を減らしスピードアップを図る。しかしコーナーでは逆に、空力的に不安定となり危険、あと冷却系にも影響する) 

 

<決勝リザルト>

優勝 ゲルハルト・ベルガー

二位 アイルトン・セナ

三位 リカルド・パトレーゼ

鈴鹿ラストラン中嶋悟は、S字カーブでリタイア。ホント残念でした…。

f:id:minminzemi81:20190430183707j:plain

F1マシンは間近で見るとホント美しい(MP4/6)

セナはレースを終始安定した走りで、まさに「王者のレース」だった。やはりこの年('91年)が「セナの黄金期」だったのかな。

翌年から少し状況が変わり、あまり勝てなくなった。あっ、でもモナコだけは別格だった。セナは「モナコマイスター(6勝)」なのだから!

それにあわせて、92年から93年へとブームは少しずつだがトーンダウン、“世間のF1人気”も陰りが見え始めて来たね。

でもでも、個人的には逆にヒートアップ⤴していましたが。愉しくて仕方ない。そして94年のシーズンを迎える…運命の年。

○90年アイルトン・セナ“予選スーパーラップ”の様子。シンジラレナイ・・・F1 Classic Onboard: Senna On The Charge At The 1990 Monaco Grand Prix - YouTube

(※モナコGPの長い伝統に加え一般の市街地コースのため、高い運転スキル、長時間にわたる集中力を、ドライバーに要求される。それゆえに「モナコGPの優勝は3勝分の価値がある」ともいわれている)

 

えぇぇー!!!音速の貴公子、アイルトン・セナがまさか…!

 

運命のあの日はGWのなか日、1994年5月1日だった

 

そう、あの日はゴールデンウィークで実家に帰っていた。遊び疲れてヘロヘロだ、まさに寝る寸前だった。よい子は、もう寝るぞ~深夜だから。<笑

すると二階から姉が、ドタドタ階段を降りて来た。「テレビつけてみ、エラいコトになってるで!!」とわざわざ言うのである。あいかわらず変なやつ。

テレビをポチッとな。 

それで一通りチャンネルをソートしてみると、突然、奇妙な番組が目に飛び込んできた。そこにはサーキットで沈鬱な表情を浮かべ喋る中年男性二人の姿が。あっ、れれっ?

画面にいたのは、フジTVの三宅アナとF1解説者、今宮純氏なのである。確かに…なのだがパドック前で棒立ち、マイクを握り喋っているではないか。そして、泣いているではないか。打ちひしがれているではないか。

これはレース中継では無い。

イモラ・サーキットからの生放送であること、セナがレース中に事故をおこし死亡したこと、レースのあらまし等など、繰り返し二人は伝えていた。

そして“トイレで泣き腫らした後の顔”みたいな川井ちゃんが横に立っていて、それが妙に印象的だった。

○あの夜に、この放送を観た。丁度この辺りからかな?

YouTube

しばらく寝ぼけ頭で考える「え~なんてこと、セナが死んだって…?」にわかには信じられない。しかも、単独でウォールにぶつかるなんて、そんなのありえないな。

あまりのショックで茫然自失…と言いたいところだが、わりあい冷静にテレビを眺めていましたね。そして明け方まで、何かを考えていました。

そんなこんなでイモラからの「F1グランプリ」番組は、生中継で観ていましたが。

 

その後にも、とんでもない話が続いていくことに

 

この94年シーズンの状況※1は、セナが6年間在籍したマクラーレンチームを離れ、かねてから念願だった“最強マシンのウィリアムズ”へと移籍した。

各メディアとも、事前予想では「セナがチャンピオン最有力候補」だった。しかし現実にはマシンの信頼性に欠け、開幕から二連続リタイア、ノーポイントで終わっていた。

新レギュレーション※2で“アクティブサスが全面禁止”になり、ピーキーな挙動をする「ウィリアムズFW16」をなだめすかして駆っていたセナ。

f:id:minminzemi81:20190430190215j:plain

イリアムズFW16(#2セナのマシン)

このマシン(FW16※3)について、セナはシーズン前にこう語っていました。

『この車の運転にはとてもネガティブな感触がある。限界までコーナーを攻める時やその他の点でもね。車に乗っている時は違和感があって、なにもかもが間違っているように感じる』

少し感覚的で捉えどころのないセナのコメントだが“すでに何か?!”を、この時に予見していたらしい。なにもかもが間違っている…?

(※1 詳しく/前年度圧倒的勝利したウィリアムズチームは、この年コンストラクターズチャンピオンの死守に、からくも成功した。セナの後釜は復活「#2 ナイジェル・マンセル」が務めた。しかしドライバーズランキングは「#5 ミハエル・シューマッハ」と、最後までワールドチャンピオン争いをしていたセカンドドライバー「#0 デイモン・ヒル」が追い上げ、わずか1ポイント差で二位に終わった。このリザルトから考えても、やはりセナが生きていれば“結局チャンピオン”になれたはずだ。でも、まぁこれはタラレバだけど)

(※2 この年の規制は、「ハイテク技術の禁止」により“チーム間の格差解消”を目的としたものだったが、それが逆に“安全性を損ねる結果”へとつながった)

(※3 ウイリアムルノー FW16、エンジン、ルノーRS6 3,5ℓ NA V10)

 

魔女に魅入られた、イモラ「サンマリノグランプリ」

 

金曜日(決勝の前々日)予選初日。

同国のブラジル人ドライバー「バリチェロの大クラッシュ」があり、ホテルに帰ったセナは恋人のアドリアーナに電話をかけた。

そしてきょうあった事故について話している途中に、泣き崩れたと言われている。

土曜日(決勝前日)予選の二日目。

この日にも「ラッツェンバーガーの死亡事故」が起きていた。セナはこのアクシデント後、恋人に電話し「走りたくないよ…」と弱音をもらした。

しかし夜になると「心配しなくていい、僕はとっても強いんだ」とも語ったと言う。

このように情緒不安定となり、セナは徐々に追い詰められていく。

そして結果的にはセナも含み、F1開催三日間で「5回の大事故(内2名が死亡)観客にも重軽傷者多数」と云う犠牲者が出ることとなります。

イモラ・サーキットに棲むと云う、伝説の魔女が牙を剥いたのだった。

 

決勝レースではレース中断、再スタートから呆気なく…

 

決勝日の5月1日を迎える。セナは「開幕から三戦連続のポールポジション」からスタートを切った。その後の展開は、難なくトップをキープした。

しかし後方での事故によりレースが中断、すぐに“セーフティーカーが導入”され再度、仕切り直し。これで少しのアドバンテージも無くなる。

(※JJ・レートが、エンジンストールしてグリッド上に停止、後方からスタートしたペドロ・ラミィが追突し二台のマシンは、コース上で大破した。マシンの破片はコース上に散乱し、観客席にも飛び込んだ。警備員・観客の多くが負傷。しかしスチュワードは、赤旗中断としなかった)

 

そして再スタート後の七周目(現地時間午後2時17分)、二位のミハエル・シューマッハを従えて超高速左コーナー「タンブレロ」にセナは進入する。

この時の車速は312km。 

コーナー三つ目の舗装のバンプ(継ぎ目)で、突如マシンのトラクションが不安定となり、タイヤグリップを完全に失った。

(※セナの死亡事故により、94年度のワールドチャンピオンとなった新星「ミハエル・シューマッハ」は2013年12月29日、フランスで“スキー事故”により、頭部に致命的な障害をおった。いまでは昏睡状態から覚醒して、リハビリができる状態まで回復した。このタンブレロ事故の時、一番セナのマシンの挙動を見つめていた人物である。)

 

マシンはアウト側に大きく振られ、たいして減速もできずにそのまま直進しコンクリートウォールに激突。セナのマシンはボディー右側が大破し、タイヤ、パーツ大量に撒き散らしながらランオフエリアに停止した。

○このヒルシューマッハ、セナの車載映像をご覧いただきたい。

YouTube

タンブレロコーナーで、路面の舗装が変わる部分(三つ目の黒い路面)突如マシンの後輪がトラクションを喪失して(スローパンクだとすると右リアタイヤか?)います。

セナは一瞬アクセル戻し、カウンターをあてるが、既にマシンはグリップを完全に喪い、そのままフッ飛ぶようにウォールに激突しました。

これは、単純な“ドライビングミスでない”ことは明らかです。

 

○推奨ビデオ/「アイルトン・セナ音速の彼方へ」

 

このレースの「事故原因の解明」はどうなったのか!?

 

事故原因として当初から疑われた「ステアリング故障※1」は否定された。そして現在では“わずかな路面の不整備”からマシンがコントロールを失ったとされています。

天才ドライバーセナにして“コントロール不能”とは、明らかにFW16マシンに何らかの原因※2がある。しかし、事故原因の本質的な結論には、いまだ至っていない。

そしてセナの死亡原因については「大破したFW16の右サスペンションアームがセナのヘルメット(バイザー)を直撃貫通し、脳損傷した」と、医師団から発表された。

これは即死に近いと思われる。

f:id:minminzemi81:20190503224303p:plain

タンブレロコーナー事故の瞬間

事故原因不明、責任者不在、さらに裁判の長期化。それでも開催中止には至らないF1サーカス。レギュレーションを改悪指示した「F1の悪魔」だけが、その“因果関係の全容”を知っているのだろう。そして永久封印とした。

そして、巨大なパワハラに曝される世界が、いまも続いています。

(※1 レース前、セナの要望によりチームが、ステアリング位置の簡易な改造を行った。この改造が事故原因と疑われたが、その後“何故か不問”となった)

(※2 不思議なのは、そのマシンの挙動変化を一番知っていたのは、セナ自身だったはず。そしてウイリアムズチームも、テレメタリーで判っていたはず⇒「ドライバーもチームも判断ミス」を犯している)

 

ユーミンの鎮魂歌にて、この話のまとめとしたいよ

 

いま生きていれば、セナ59歳となるねぇ「around還暦」だ。略して「あらカン」もしくは「還暦前の紅Ferrari チャンチャンコ」かな。引退後は、F1界の名伯楽として「チームSena」のオーナーになっていたのかなぁ…

○最後に、ユーミンがセナに捧げたレクイエム曲「ハローマイフレンド(1994年)」

youtu.be

アイルトン・セナ・ダ・シルバ (Ayrton Senna da Silva,3/21/1960~5/1/1994)

f:id:minminzemi81:20190514215921p:plain

○ブラジル人のF1パイロット。「モナコマイスター」や「音速の貴公子」の異名で呼ばれた。

○F1での生涯成績/出走回数161回、レース優勝41回、ポールポジション65回、ファステストラップ19回、総獲得ポイント614ポイント。

○88年、90年、91年と3回F1ワールドチャンピオンになった。マクラーレン・ホンダで大活躍したことから、またセナ本人が親日家でもあり、そのため日本人のセナファンが数多くいた。

○歴代チャンピオン、アラン・プロスト、ナイジェル・マンセル、ネルソン・ピケらと並び近代F1を象徴する存在として「F1四天王✨」と呼ばれる。

○特にプロストとの強烈なライバル関係が「セナ・プロ決戦!」とマスコミに囃し立てられ、大注目された。

○「セナとプロストとマンセルと」“限界ギリギリのバトル”が楽しめた、いわゆる「F1黄金時代」レースの数々、波平さんがF1を語りはじめます。

推奨V⇒セナVSプロストVSマンセル スーパーバトルヒストリー SENNA VS PROST VS MANSELL - YouTube

(※そう名付けたのはMC古舘伊知郎で、音速を時速換算すれば1,220km位、トンデモ速すぎる)

f:id:minminzemi81:20190423064509p:plain

還暦前の紅Ferrariチャンチャンコ
👾もぐもぐタイム「何で今頃 アイルトン・セナなんか書いてるんだよ?!」おまけ

○「ふ~ん今年で、セナ59歳なんだぁ」ン?、そう言えば…思い出すよなぁ、F1に夢中になっていた、あの頃ねぇ…てな感じで、この“おもひでぽろぽろ”が始まったのでした。

○付記/F1界を40年にわたり牛耳ってきた「バーニー・エクレストン」が務めてきた最高経営責任者に、アメリカのリバティ・メディアの「チェイス・キャリー」が就任した。「この著名なグローバル・スポーツを成功に導いたバーニー・エクレストンに感謝したい。彼は名誉会長に就任する…」実質的にはバーニーは、窓際族てことかしらん?

 

参考/ホンダコレクションホール、レーシングオン、F1グランプリ特集、ウキペディア (9000文字、Thank you for reading.)