minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

鉄食「金の蛸壺の駅弁当」西明石駅の名物駅弁【駅弁紹介】

お勧め駅弁「金色のひっぱりだこ飯」淡路屋

 

鉄道好きの方々は、既にご存知のハズ。

西明石駅の名物駅弁として、名高い「ひっぱりだこ飯」です。

西明石駅以外にも、大阪や兵庫の主要駅で販売されています。

こちらが通常バージョンです。

 

f:id:minminzemi81:20180105120030j:plain

 

それのゴールドバージョンが登場していますよ。

1998年の販売開始から累計1000万個を突破。それを記念して2017年から販売されているのが今回紹介する「金色のひっぱりだこ飯」です。

ピカピカして、何だか姿オメデ鯛!

食べずにお土産として、持って帰りましたよ。

 

f:id:minminzemi81:20171007012202j:image

 

金色のシバリ紐を外し金色の包み紙も剥がすと、大き目の明石蛸の脚が二本あらわれる。

タコさんは想ったよりも柔らかいですね。

さらに栗、焼き穴子、錦糸玉子、筍、椎茸、人参などがぎゅ~と、上にのっている。

出汁醤油のかやく飯を食べ進めると、その底にエクストラボーナスの“隠し玉”が現れます。

 

器系駅弁。東の横綱が“峠の釜めしなら”西の横綱が“ひっぱりだこ飯”ですかね。

どちらも安定した美味しさが、ポイントなんです。

 

しかし見た目、金の蛸壺入となるとインパクト技アリで“ひっぱりだこ飯”の総合優勝かな。

 

売場/西明石駅、その他 値段/1,280円(すこしお高いね) 淡路屋謹製

 

付記/峠の釜めしの“益子焼の器”が→“パルプになるカモ”の件。

どうやら二種類、併売する模様です。そりゃそうだ、ズッシリ重く保温性あるなぜか捨てるコトできない“器こそ命”だから。