minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

事故案件

新たな情報はいったい、いつどこで?!『日航123便 墜落事件』Tips集【航空機 事件6】

ネト上に散らばる情報や、また書籍など眺めていると「あるひとつのこと」を指し示していることに、気付くこととなる。日航123便墜落事件について言及している「YouTube&Tips」集をつくってみました!アラカルト的な、“考えること”の何かの参考になれば。

日航123便 ジャンボ機事故。東京航空交通管制部の管制官の証言 息詰まる会話記録【航空機 事故5】

夏になると当時に引き戻されるんですよ。日本航空のジャンボ機の墜落直前にヘッドホンを通じて耳に届いた、パイロットの『ああっ』という悲鳴のような声が忘れられない」西日本のある空港で、男性(54)は言葉を選び語り出した。

日航123便 ジャンボ機事故。「マイケル・アントヌッチ・Jr 元米軍大尉」が証言で示すもの【航空機 事故3】

米軍輸送機C130 ハーキュリーズ・パイロット「マイケル・アントヌッチ・Jr」元 米軍大尉の証言 日航ジャンボ機123便、墜落の二時間後にはアメリカ海軍の救助ヘリが現場に着いた。あの時、救助にストップがかからなければ、もっとたくさんの人が助かっていたに違い…

日航123便 ジャンボ機事故、落合証言の示すもの「Part2 恐怖で捻れた時間感覚」【航空機 事故2】

「日航123便ジャンボ機事故」【後編】 生存者わずか四名、そのうちのひとり当時客室乗務員だった落合由美さん。旅客機乗務員の経験と知識を持ち「当該事故を実体験した方の証言」ほど説得力あるものはない。その落合証言が物語るモノとは?

日航123便 ジャンボ機事故、落合証言の示すもの「Part1 急減圧はなかった」【航空機 事故1】

「日航123便ジャンボ機事故」【前編】 事故原因は、ボーイング社の“手抜き修理”があったと発表された。後部圧力隔壁が飛行中に疲労破断し、噴出した空気圧で垂直尾翼を完全に吹き飛ばした、とされた。さらに油圧操縦4システムも全喪失。JAL123便は完全に操縦不能…

運命の日は、5月1日「あの日はたしか、1994年のGWだった」音速の貴公子アイルトン・セナへの想い出ぽろぽろ 【F1GP】

平成生まれの若者は、伝説のF1ドライバー「アイルトン・セナ」を知らないらしい。 かつて“昭和の終わりから平成の始まり”にかけて日本では、空前絶後の“F1ブーム”があったのです! F1ファンのワタシがあの熱い90年代前後を振り返り、F1ブームの状況とかレ…

「JR西日本 御坊駅 車輌脱線事故について」 平成31年 4月14日 午前6時55分【鉄道事故】

間もなく4月25日、あの痛ましい「福知山線 脱線転覆事故の日」がやってくる。大惨事から14年目となる。昨年、追悼慰霊碑もようやく完成したばかりではないか。 福知山線脱線事故からの教訓「利益優先より安全第一」と舵を切ったはずだが、この脱線事故「あぁ、また…