minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ ノシ

失敗しながらグングン旨くなる「パンチェッタ ペペロンチーノ」の作り方。我が家の乳化メソッドとは?【男の料理】

昔から“女史はパスタ料理が大好き”なのだ→「わたちぃ、イタ飯大好きぃ♡」なのに、調理知識がナイナイだったら、そりゃ「痛メシィ~」ハナシだろう。
f:id:minminzemi81:20190909001454j:plain
そうなのだ、そこでやっすいウンチクをサクッと語るのが、これまた昔から“イケてる男”の務めナノだね。これぞまさに“イケ麺”なのだなっ!…それはどうかな?まぁいい。

 

<今回の発見ポイントを、最初に書いておきます>

○茹で汁は、3%程度の塩分濃度で?
○茹で時間は、マイナス一分で勝負!
○ソースを乳化させることが、大切!
○イタリア料理は、ラテンのノリで!

 

パスタを茹でる際に最適な塩分濃度は、アバウト3%マジか?

 

そ~です、そうなのです、海水の塩分濃度※と同じ。夏に海水浴に行きワーワーやってたら、急に高波が来て呑んでしまう。「( ゚∀゚)・∵. グハッ、かっらぁ~~!」と感じる、アレ。ホント辛すぎますよね。

余談ですが、地球上の海水の量は約13.7億m³で、地球上の水分の97%ですよ。残りわずか3%が水、アクア。しかも南極の氷に大半が集中している。さらに“飲める安全な水”は、地球上にほんのわずかしかないよ。

サラに皿に、余談だが。その海水の成分構成は「塩化Naが77.9%、塩化Mgが9.6%、硫酸Mgが6.1%、硫酸Caが4.0%、塩化Kが2.1%」わずか残りの成分は、沖ゆく兄弟船から流れてくる「演歌Na」のであ~る。曲は『石狩挽歌』🎶

「コレで、えエンカなぁ ?」

 

嘘、どぇ~ぇ~す!!

 (※調べてみたら海水塩分濃度は、3.5%と書いてあった。これではさすがに、濃すぎますね。)

f:id:minminzemi81:20181107210935j:plain

余談ついでに「タバコよりも塩を何とかして欲しい極悪JTの塩」オーストラリアから輸入した謎な白い粉を、薬品でMg、Caなどニガリ成分を除去、純粋培養工業用「塩化Na99.9%」こんなの使っちゃぁダメですぜっ!お母さん。美味しんぼの山岡だって怒っていた。「嫌煙よりも嫌塩」だろ。

ミネラル塩を使いませう。

我が家では国産「あらぢお」ですよ。漬物、特に梅干しを漬けるとその違いが判ります。青梅に対して20%の粗塩が、黄金比なのだな。

スーパーで売ってる梅干しなんか塩分8%と書いてある。ヘタすると6%。保存性がなく賞味期限つき、それはおかしい「そもそも保存出来ない梅干しなんて、ありえなくな~い?」でしょ!?

んん?あ、パスタだった、そうでした。

取り乱してすいません。

「水1リットルに対して約30g、大匙二杯見当」の比率、多いかな?

紆余曲折経て「一般人が失敗しないために、濃いめの茹で汁がいる」この答えに、たどり着いたのだけれども。例えばプロのレシピなんか見ると、茹で汁塩分濃度1%なんて書いてある。

水1リットルに10gは、ほんの少しで計算が難しい。なので最後の仕上げに、また塩をふることになる。これでは失敗リスクが増えるよ、我々シロートだからね。条件がちがふ。

f:id:minminzemi81:20190320235707j:plain

パスタの茹で方がポイント

例えば「エンゼルヘア」とかいうプロが使う細い麺がある。ペペロンチーノには不適だが、茹で時間と塩分濃度はかなりシビアらしいです。

普通の饂飩と極上素麺ぐらい違う、繊細さがあるので失敗しやすい。パスタサイズが変われば、もちろん塩分も減らすわけで、やっかいな計算になる。

「マンマミーア!」

この話は標準的な乾麺パスタ(1.7mm)の話です。しかもいまだ発展途上のレシピなのです。結論にはなかなか至らない。

 

イタリア人シェフは、パスタ鍋にどっかし!と塩を使うもんニャ

 

お店キッチン眺めて(シェフのやるコト観るの愉しい♪)ビックリした記憶がある。だいたいイタ飯屋の味は、全般やたら“濃いめ”に出来ているものだ。さすがアモーレのお国柄、物事何でも“恋め”に出来ているのね♡ハイハイ。

日本では通称「ペペロンチーノ」だが、イタリアでは「アーリオ(にんにく)オーリオ(オリーブオイル)エ ペペロンチーノ(唐辛子)」という料理名です。「食材並べてるだけかいっ!」イタリア人にとってこの料理、大阪の「けつねうどん」みたいなモンでっしゃろ? 大阪弁、笑

イタリア人と言えばこの番組、スケベそうなイタリア人シェフがまたいい感じ♪でやっていますね。本場の「アーリオ オーリオ エ ペペロンチーノの作り方」です↓↓ほら、観てAmore!

YouTube

料理全般やはり「塩加減」は大切なのです。 神田川先生だって「塩は命やぁ~!」と、たしか仰っていた。 (ちがふ?)

近頃、減塩ブームとかで、やったらめったら手抜き“塩抜き”したがる風潮がある。それは健康に良い?のかもしれないが、パスタが上手く出来ないではないかぁ! シオシオ…2%か? では、こんかい「にっぱ~☆」(梨花ちゃんか)で。

 

星くん、パスタ茹で時間は、マイナス一分で勝負するですたい

 

ペペロンチーノは、シンプルな素材「ニンニク、オリーブオイル、唐辛子」だけで仕上げるので「誰でも出来るが、奥が深い」といわれているらしい。

奥が深いて、ヒダがあるって…奥飛騨慕情、マジかよ?!

んんっ、ではでは、やってみよう~♪

○用意した材料/1.7mmスパゲティーニ(イタリア産)、国産ニンニク、唐辛子、エキストラバージンオイル(トルコ産)、ベーコン(ブロック肉)orパンチェッタ(イタリア産)ハイっ、オールスターキャスト、ジャ~ン!!

パスタ一人前100gは、女性の指でOkサイン位。200gは、男の指で二人前の見当になりますね。今回はこちらの男スケールで、大盛りで。喰いすぎで。

茹で時間はたいてい、袋に書いてくれていますよ。

いま手元にあるのがイタリア産「アントニオ デニーロ 1.7mm」茹で時間は、何と9分と書いてある。それ長過ぎるでしょ、8分でもどうかな?

あとの乳化作業での時間、マイナスしないとね。それ、だいじ。

パスタをお湯の中でクルクル回転させたいが、それがなかなか踊らないよ。本格的な寸胴鍋(業務用)でやりたいところなれど、残念ながらそんな装備は無い。我が家の検討案件ですな。

家にある大き目な鍋でやるしかないね。お湯をグラグラ沸騰させずに、パスタ麺を茹でるのです。アバウト2%のゆで汁ですよ。いきますよぉ―。

<オリーブオイルと茹で汁を渾然一体化、油と水のハーモニー>

さて、茹でている間にソース作りをします。ニンニクは包丁の腹でぶっ潰し、鷹の爪は輪切りにタネは捨てます。フライパンにオリーブオイルを引き、ベーコンを投入しチョッチ炒めます。

「ワイルドだろぉ~!」

次に潰したニンニクを入れ、パンを斜めにしてニンニクの香りをオリーブオイルに移します。コンガリしたら火からはずして、しばらく放置状態です。これでいいのだ。

f:id:minminzemi81:20181107190256j:plain

ガシャガシャガシャ混ぜています

 

乳化作業はアスリート“手早く高速”に、白濁すれば完了です

 

はい、セットしたキッチンタイマーが鳴っています。フライパンを弱火で、唐辛子入れ焦がさないように。 オリーブオイルは、温度がすぐ上がるので火加減は要注意。キッチンスタジアムは、ヒートアップ!

パスタの茹で汁を大体お玉一杯アバウト見当、フライパンに投入しガシャガシャと手早く混ぜこみます。白濁するまでスピード感で、余熱で、ココで一気呵成、勝負だなっ! オラオラオラァ

「いいですねぇ、いいですよぉ、出来栄え点が期待出来ますねっ!」

つぎに鍋のパスタはお湯切りせずに、ダイレクトにパンに投入します。このパスタを使い、前後にパン揺すりながら、ユサユサと仕上げてゆきます。

これが乳化作業です。フライ返しは怖かったら、やらなくてもOKです。やがて「たっぷん、たっぷん」と、何だか猥雑な音がするようになる。エッチぃ感じ♡になったら、動きをとめる。

はい、多分コレで、アルデンテに“仕上がったはず”ですよ。

(※乳化白濁の裏技、茹で汁にほんの少し小麦粉を混ぜ込むと楽チンです)

f:id:minminzemi81:20181108015219j:plain

ツヤツヤになりました

艶よく仕上がったら、胡椒を軽く振ってお皿に盛り付け、ニンニクとベーコンを上にトッピングして<<パンチェッタ ペペロンチーノ>> 完成、です。

☆☆☆星三つです!!←はやっ

Ex.粉チーズ(パロマ産)をふると、すこぶる風味が増しますね。さらに乳化します。胡椒はホールのヤツをすり鉢で、ゴリゴリ粉砕すれば香りが立ちます。そして豚肉は、角ベーコンではなくパンチェッタを使えば、さらに本格的になりますが…すべて弱点は“お値段”です! ビンボーが憎いです<涙

 

さぁ熱いうちに食べましょう~♪

そうであった、そうでした、忘れていました。やっぱ「お酒」ですよ。酒の相棒に、辛口のペペロンチーノが良くあうのですね。

甘口ワイン、麦酒にもよくあうな。グビグビッと…そこにペペロンチーノが、ど~ん! 登場!! コレですよね。「う~まいっ!」

さぁ、山盛りペペロンチーノ、召し上がれっ! 

f:id:minminzemi81:20181107191749j:plain

完成ですっ!

(3500文字、thank you for reading.buono)