minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

高額紙幣の肖像画人物なのに、何故か世間は無関心、女流作家誕生秘話「樋口一葉、奇蹟の14か月」とは如何か【文藝作家】

 

f:id:minminzemi81:20190311113015j:plain

樋口一葉
樋口一葉ペンネームで、本名は樋口奈津(なつ、夏子とも呼ばれる。明治五年三月二十五日~明治二十九年十一月二十三日没)明治時代における、初の職業女流作家である。

余りにも短かった彼女の創作活動でした。「樋口一葉、奇蹟の14か月」と言われています

 

教育熱心で本好きな父の影響を受け、子ども時代に文学的素養を育んだようです。この写真から受ける第一印象は「利発で気の強い女性」というイメージですね。目鼻立ちがシュとした美人顔。

明治十六年(1883年)、私立青海学校 小学高等科を首席で卒業するが、上級へ進めず退学(学業半ばの11歳で終える)。

母親の多喜が“女に学問は不要”という考えからと云います。これには憤懣やるかたないことだったでしょう。

明治二十二年(1889年)、警視庁を退職した父 則義(元 八丁堀の同心でした)は、事業に手を出すが出資金をだましとられ、負債だけを家族に残して同年七月に死去してしまう。

f:id:minminzemi81:20190323152933j:plain

このことにより一葉は、弱冠十七歳にして戸主となる。残された借金返済と、母と妹を養っていくことになります。

そして父親が決めた許嫁者とも破談となり、一転して貧窮生活に陥った。

(※明治時代、戸主(こしゅ)と家族を一つの家に帰属させ、その家の統率権限を戸主に与えた)

 

「一葉」ペンネーム由来ばなし

よく知られている話では、達磨大師が「葦舟に乗って長江を渡る絵」からヒントを得たというもの。さらに少林寺にて九年座るうち「足がなくなった」という“面壁九年の故事”をもじり「お足(お金)がないの」と一葉がシャレたというもの(ひどいね 笑)。

しかしどうやらこれらは、後からこじつけた笑い話だったようです。

f:id:minminzemi81:20190312111218j:plain

一葉とは最後に残った木の葉だったのか

次々と欠けてゆく自分の家族を枯木に見立て、それでも自分は「最後の一葉」となっても活きる…という“堅い決意の表れ”からだとワタシには想えるのですが、どうでしょうか。

(※樋口一家は元々…父親 則義、母親 多喜、長女 藤、長男 泉太郎、次男 虎之助、そして次女の一葉(奈津)、三女 邦子の七人家族でした。○父親 則義は、失意から病床につき、六十歳の生涯を終えました。一葉が十七歳の夏のことでした。○長女 藤は、早くから嫁ぎ、一時は実家に出戻りそしてまた、他家へ嫁いだ。○長男 泉太郎は、勉強好きですが生来病弱でした。明治二十年に二十三歳で突然亡くなりました。○次兄 虎之助は、父母と折り合いが悪く勘当され、実家を遠く離れ薩摩焼の陶工となりました。○妹 邦子は、ほがらかでひとあたり良く、竜泉寺の雑貨屋は邦子が担当した。そして最後まで姉の一葉を何かと助け、苦楽を共にしました。)

f:id:minminzemi81:20190311081332p:plain

樋口一葉の旧居跡

 

樋口一葉の転機となる瀧泉寺町での暮し

一葉のよき理解者でもあった父や兄が亡くなると、それ迄の生活すべてが様変わりすることとなった。困窮する一家のために、文士(小説家)を目指すことになります。

明治二十六年(1893年)、一葉は新吉原に近い下谷竜泉(MAPの📍の場所)において雑貨屋、実質的には子供相手の駄菓子屋を経営することに。

この吉原遊廓近くに住み(斜めに走る道路内は遊廓、現千束)知り得た知見が後に名作『たけくらべ』の下地となったのです。

 

名作『たけくらべ』の書き出しは、“流る如くの名文”でありますね

 

冒頭文『廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お齒ぐろ溝燈火うつる三階の騷ぎも手に取る如く、明けくれなしの車の行來にはかり知られぬ全盛をうらなひて、大音寺前と名は佛くさけれど、さりとは陽氣の町と住みたる人の申き』と物語は始まる。

f:id:minminzemi81:20190405041230p:plain

本物の花魁がまだいた頃の話

(※花街「新吉原」は、お歯黒溝(おはぐろどぶ、縦135間×横に180間、約265m×360m)に四方を囲われていた。そのさまを城郭になぞらえて「廓」とも呼ぶ。)

樋口一葉さんが駄菓子屋を営んでいた二十二歳の頃、この『たけくらべ』を書きはじめた、というのですから“本物の才女”とはオトロしいものがありますね。しかしこの文体、じつに読みずらいねぇ…う~ん文語な<笑

名題たけくらべ」とは“背の丈比べ”であり、花街吉原周辺で少し早い目に大人になる、いやならざるを得ない子供達の心情を、我が身に重ね合わせ冷静に描写しています。 

○リンク/樋口一葉 作『たけくらべ』 初出 明治二十八年「文學界

でも、これを現代訳にしてしまうと、なんだか風情なく“ツマラナイ感じ”になるし。やはり現代文では、一葉さんの“一気呵成な息遣い”が消されてしまう気もします。音(朗読)で聴くのが解り良いかも知れません。

YouTube

たけくらべ (集英社文庫)

たけくらべ (集英社文庫)

 

 

たけくらべ あらすじ

花街吉原の売れっ子花魁(おいらん)を姉に持つ、美しく活発な少女「美登利」は十四歳。金貸しの子「正太郎」は幼馴染の十三歳、龍華寺僧侶の子「信如」は十五歳で、僧侶の父を恥じると云う内向的な少年。美登利と信如は同じ学校に通っていました。

春の大運動会の日。松の根につまづいた信如に「美登利みかねて我が紅の絹はんけちを取出しこれにてお拭きなされと介抱をなしける」美登利がハンカチを差出し助けた。これを見た周囲から「美登利さんは、藤本の女房かみさんになるのであらう」などと囃し立てられてしまう。

この状況に困惑する信如。

一方、美登利もそんな彼を避けるようになってしまう。

雨の降る日に使いに出た信如は、美登利の家の前で下駄の鼻緒が切れてしまった。美登利は鼻緒をすげ替える布れ端を渡そうとしたが、信如と判るとすぐに身を隠した。

信如も美登利に対しまだ気まずさが残る。それでも美登利は恥じらいながらも、布れ端を信如に向かって投げる。するとどうしたことか信如は、たまたま通りかかった長吉の下駄を借りて、その場を立去ってしまった。

f:id:minminzemi81:20190320232645j:plain

正太郎は島田髷(遊女の髪型か)に結い着飾った美登利に声をかける。しかし美登利は“悲しげな様子”で正太郎を拒絶し「一処に来ては嫌だよ」「後生だから帰ってお呉れよ」とか避けるのです。正太郎は「それならば帰るよ」と、ふてくされて行ってしまうのでした。

美登利は「大人に成るは厭やな事、何故このように年をば取る」となげきます。やがてほかの子供達とも遊ばなくなってしまう。

そしてある朝のこと。誰かが家の門に差し入れた“造花水仙”を、美登利はなぜか懐かしく思い、一輪ざしに飾る。それは信如が僧侶の学校に入った日のことでした。

こうして“淡い初恋の終焉”を感じさせて、たけくらべは終わる。

f:id:minminzemi81:20190320233159j:plain

(※因みに「水仙花言葉」は、self-love(自己愛)、egotism(自己中心、うぬぼれ)、unrequited love(報われぬ恋)となる。一葉さんは“これで結末を判れ”と、云っているのでしょうか?)

 

その後の樋口一葉の活躍ぶりとは

 

明治二十七年(1894年)には、僅か一年足らずで下谷竜泉から本郷福山へ転居する。

『暗夜』『大つごもり』そして『たけくらべ』『にごりえ』などの名作を、次々と怒涛のように作品発表しました。(安心してください、現代語訳もあります↓↓↓)

現代語訳樋口一葉「大つごもり他」

現代語訳樋口一葉「大つごもり他」

 

 

そしてそれが文学界の大御所 森鴎外幸田露伴にも絶賛されるなか、当時は不治の病と言われた肺結核にて、わずか二十四歳で亡くなりました。

実に惜しまれる早過ぎた死。作家になったきっかけは樋口家が抱える借金返済に、小説の原稿料を充てることが目的だった訳ですが…果たせず。

これは想像ですが「わたしは武家の娘なのですから!」そんなプライドをバネに、無理にムリを重ねて傑作を次つぎモノに出来たのだ、と想いますね。明治初期にはまだあった、没落士族の矜恃てやつなのかなぁ…?

そう、それで彼女が小説家として活躍出来たのは、“ほんのわずかな期間”だったので樋口一葉、奇蹟の14か月」と、いまに伝えられているのです。

 

高額紙幣の樋口一葉に、何故か国民は無関心?!

 

そして樋口一葉の肖像は平成十六年(2004年)新渡戸稲造に替り、新五千円札のデザインとして採用されることとなるのです。

なんでも一葉さんの“のっぺり顔”が偽造防止に有効なんだとか?!

あの笑福亭鶴瓶がバラエティ番組にて「なんやぁ、あの五千円札の女! カメにカツラ被せたみたいな顔してっ!<笑」と言わしめるほどなのでした。それにしても“亀にかつら”って、上手いこと言うね…鶴ビンは。

f:id:minminzemi81:20190311122205j:plain

皆さまご存知五千円札です

女性肖像画モデルとしては、明治十四年発行の紙幣 神功皇后※1以来、何と“123年ぶりの採用で史上二人目”となる。日本銀行券としては“女性肖像画の採用”は初めて※2のことでした。神功以来とは、これはやはり「快挙!」といえるでしょう。

(※1 神功皇后肖像画は、キョソーネが想像で描いた絵なので“西洋人の風貌”をしています。 ※2 二千円札の裏面には紫式部が描かれているが、こちらは肖像画ではなく日本絵画ですね)

 

○付記/ 財務省は『日本銀行券を二十年ぶりに刷新すると発表した。新札の肖像画には、一万円札が「資本主義の父」と呼ばれた実業家の渋沢栄一、五千円札は津田塾大創始者の津田梅子、千円札は「近代日本医学の父」といわれる、医学博士の北里柴三郎を用いる』その裏面は『一万円札が東京駅、五千円札は花のフジ、千円札は葛飾北斎富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」の図柄が採用される』とのこと。

(2019/4/9産經新聞 記事)

 

一葉記念館のリンクです。 東京の台東区竜泉にありますよ。東京メトロ三ノ輪駅から徒歩十分

www.taitocity.net

参考/一葉記念館 東京都台東区竜泉三丁目18−4、ウキペディア

 

(4000文字)