minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

歴史案件

戦国武将列伝 大和五條に松倉重政という“マカフシギ”な殿様がいました【歴史人物考】

松倉重政は奇妙な戦国大名。五條新町地区の礎を築いた名君と、称えられるその一方で「島原天草一揆」の原因をつくった“史上最悪の殿様”とも酷評されています。 それは何故なのか?! 重政は“関ヶ原の戦い“に参陣し、軍功により「大和五條 一万石 二見城主」となっ…

幕末日本であった“最後の仇討ち”の意外な裏ばなし 和歌山 紀州街道において【幕末仇討伝】

藩士の廣井大六はとある諍い事から、傍輩の棚橋三郎に切られ、さらに川に投げ込まれ絶命したと云う。 そしてその棚橋三郎は土佐藩を追放されたのだが、大六の息子 岩之助は父の仇を討つべく“棚橋三郎を探す旅”に出ることとなった。 しばらくして、棚橋が和歌山藩の…

もうひとつのラピュタ「深山砲台跡と海軍由良水雷隊基地」山中迷走!ドタバタ探検記!!和歌山市加太【戦争遺跡】…Part2

南海加太線、加太駅前にいた。少し蒸し暑かった。今年の夏はきっとギラギラ熱くなる、そんな予感がする初夏の頃である。しばし給水タイムをとる。加太駅前から「紀州加太休暇村」まで無料送迎バスが出ているのだが、それに乗るために我々は時間調整していた。結構暑…

もうひとつのラピュタ「深山砲台跡と海軍由良水雷隊基地」見所満載、ドタバタ探検記!!和歌山市加太【戦争遺跡】…Part1

明治時代の海軍が「由良水雷隊」を編成し、加太の北側にある深山の地に極秘理に水雷基地を構築していたと云う。 朝鮮半島をめぐり日清両国がシノギを削っていた時代。 その先には帝国ロシアの影が常にあった。 明治二十二年に大日本国憲法公布し、帝国議会を開設…

噂の「野口英世の母シカの手紙」を読んでみたら・・・【感動した話】

千円札になった偉人「野口英世」は、勿論知っていた。でも、その母親「野口シカ」は、まったく知らなかった。その手紙には感動で、涙が止まらなかった。野口シカの人生とは…まさに会津の女。野口英世が一歳半の時、囲炉裏に落ちて大火傷を負ったことを、シカは生涯に渡…