minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ ノシ

観光名所

そろそろ「🐬イルカと🐳クジラの違い」を、ハッキリさせたいのココロ。そして「祝🎊商業捕鯨再開!」ですよ【鯨肉文化】

和歌山県太地漁協の捕鯨船「第七勝丸」が帰ってきた。紀伊半島の南端に位置する和歌山県東牟婁郡太地町は、日本の「古式捕鯨発祥の地」として、世界的にも有名な捕鯨の町です。 捕鯨基地のある和歌山県、山口県、高知県では「調査捕鯨」は終了。そして「商業捕鯨再…

名城「和歌山城の見どころ」決定版!! パート2「和歌山城の歴史と見所」をご紹介いたします【城址案内】

天正十三年、羽柴秀長は紀州攻めの将として参陣。紀州平定後に紀伊・和泉の二ヶ国を加増された。そしてこの地に目を付けた羽柴秀吉が、弟 秀長に築城を命じたのです。秀吉自ら城域を選定し縄張りを行ったといわれ、普請奉行に藤堂高虎を任じ、約一年で縄張りを完成さ…

名城「和歌山城の見どころ」決定版!! パート1「お花見(桜と紅葉)の歩き方」ご紹介いたします【観光案内】

徳川御三家のひとつとして、紀州徳川家は五十五万五千石を領しました。和歌山城は市街中心部に位置する、標高約五十メートルの虎伏山に建造され、その天守からは眺望よく、和歌山市街を360度ぐるりと見渡すことができます。北を流れる紀の川、西には紀伊水道が望め、…

明智光秀が愛宕山にて決意表明しました。ホントですかぁ?!『愛宕百韻』について【歴史考察】

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公 明智光秀。本能寺の変は「永遠のミステリー」と呼ばれ、歴史ファンを引き付けます。その光秀が愛宕山で初めて「謀叛の意思表示した」と云われています。 <愛宕百韻あたごひゃくいん>ときは今 あめが下知る 五月哉 天正…

乾坤一擲 大坂夏の陣!! 史跡 「茶臼山公園本陣跡」にて「大坂夏の陣 家康死亡説」なるものを知る。 大阪 天王寺【歴史案件】

大坂夏の陣にて、あの徳川家康が戦死していたという「衝撃的な事件」とは!? いや“怪情報気味”ではありますが、それはソレ。歴史では狸おやぢこと家康さんは、元和二年四月十七日に御歳七十五にて、駿府城で亡くなった。これは史実ですね。 実は…この時に死んだのは“…

紀州街道をゆく(1) 古寺巡礼 あじさい寺で有名「長慶寺」を往く【お墓まいり】

いまは四月の終わり、ワタシは空を眺めながら考えていた。 平成時代最後に、すべきこととは何か?!「ん~むゅ、そ~だっ!」ふと思い立った。そう、思いたったんだから仕方ない。 このGWを利用して、菩提寺にでも息子を連れて行くか。まだ連れていったことがなかった。ウ…

戦国武将列伝 大和五條に松倉重政という“マカフシギ”な殿様がいました【歴史人物考】

松倉重政は奇妙な戦国大名。五條新町地区の礎を築いた名君と、称えられるその一方で「島原天草一揆」の原因をつくった“史上最悪の殿様”とも酷評されています。 それは何故なのか?! 重政は“関ヶ原の戦い“に参陣し、軍功により「大和五條 一万石 二見城主」となっ…

「大塚国際美術館」想定外に凄かった! 展示作品数、展示方法も、我々の想像を超えた“巨大な美術館”でした。 徳島県 鳴門市【西洋陶板美術館】

渦潮で有名な大鳴門橋のすぐ手前に「大塚国際美術館」がある。この美術館は、徳島が誇る大企業「大塚製薬」が創設しました。館内には世界中の名画(陶板複製)何と1000点余り展示されています。古代から現代まで、誰もが知るべき重要な美術品ばかり(多分そう)を選び…

徳島ラーメン老鋪 中華そば「いのたに本店」へ行きましたよ。徳島県 徳島市【ラーメン屋】

南海フェリーから見た沼島、淡路島 はぁ~るばる来たぜ徳島ぁ~逆巻く波を乗り越えてぇ~♪ 徳島ラーメンで有名な「中華そば いのたに本店」は、徳島駅より少しだけ離れた場所にある。「地元民が一推し!」すると云う、伝説的中華そば屋なのである。一度はいかねば…

もうひとつのラピュタ「深山砲台跡と海軍由良水雷隊基地」山中迷走!ドタバタ探検記!!和歌山市加太【戦争遺跡】…Part2

南海加太線、加太駅前にいた。少し蒸し暑かった。今年の夏はきっとギラギラ熱くなる、そんな予感がする初夏の頃である。しばし給水タイムをとる。加太駅前から「紀州加太休暇村」まで無料送迎バスが出ているのだが、それに乗るために我々は時間調整していた。結構暑…

和歌山観光・紀州 加太の人形供養の神社「淡嶋神社の雛流し」三月三日 執り行われる【地元発信】

流し雛の神事は三日の正午から始まるという。少し慌てながら何とか淡嶋神社に到着。 神社前では警察官による交通規制が入り、駐車場はどこも満車のようだ。それでもかまわず、やって来るクルマで大混乱。加太は今日が一年のうちで、最大人口密度を記録したはずだね。

みんなに伝えたい。 夕焼けがやたら美しすぎる!! 和歌山 磯ノ浦(加太線)【和歌山夕景】

人に逢うたびに「磯ノ浦の夕日の美しさ!」を紹介するのだが、相手の反応は「へぇぇ・・暇なの?!」てな、感じになる。ホント残念だけど、そうなのだね。 スマフォいじりする手を止め、自然を眺めてみよう 意識して観ないと見えないものだってある。 我々は自然に対して…

ラピュタ…「そうだ友ケ島に行こう!」和歌山市加太 友ヶ島 歩き方決定版【情報まとめ】

友ヶ島の歴史を軽くご紹介します。一般に膾炙(かいしゃ)している“友ヶ島”という島は、ホントは存在はしない。一説によると“苫(とま)の島”が訛って、名前が友ヶ島になったらしいですよ。じゃ、ナゼ“苫の島”とよばれたのか? 古代のこと。神功皇后が新羅出兵の帰路、嵐…

🎍HAPPY😸NEW🌅YEAR✨今年は 猫年ですね えっ 違うの?! いぬかぁ しまったな 【鏡餅が→招き猫】

一月一日 初日の出です 春 平成 三十年 今年も宜しくお願い申し上げます 春の海を眺めながら…新年が始まった YouTube 銀鱗か 初凪ゆるり 浜千鳥 昨年は 拙いブログを ご覧頂いた皆様 ありがとうございます まずはおめで鯛かな ブログ書きは未だ 本調子ではな…

ご近所てくテク「🚴ポタリングさんぽ」>>後編デス【加太淡嶋神社】

なんか間違った人々が“メッチャ怖い”とか、“人形の呪い”とかブヒブヒ言い触らした(主にマスゴミ、宮司も加担か?USJの例の愚かな企画もあわさって、ネト上のバカッターがさらに拡散。この話の後日談は最後に追記します)おかげさまで、まるでダークエネルギーが社地…

ご近所てくテク「🚴ポタリングさんぽ」>>前編デス【加太淡嶋街道を往く】

「はい、加太に行ってみよ~う!」ん…「だから何なのだっ!」と言われましても、、、そんなの困りますよ。チャーリーで加太を目指して行きます。チャリちゃり~♪ 裏道にはいい感じの酒屋さんが、あったりしますよ。人口の割には酒屋が多いのですね。 港町特有のクネクネ…

自己紹介みたく「ご近所散歩👣てくテク」の話でも。 【地元紹介】

変な落胆気分だ。寝落ち武者だ。気を取り戻し「海にでも、行くか…」自転車置き場からMTBを出し、坂道をゆっくり降ってゆく。風が冷たくなったね。道路の気温表示板が12度の外気温と教えてくれた。 海べりの椰子の木が、夕陽で紅く染っている。海面はフラットに凪い…

我が家のお楽しみは、このようにして呆気なく終焉した。 【川上村 源流の森】

何とも熱い男ではないかっ!! おぢさんカンドーしたぞっ!! まるで「木を植えた男」byジャン・ジオノ みたいだ……てへぺろ。まぁコレは昔、自分が書いたモノだけれども。いま読み返すと割とイイことぬかしてケツかるではないか。まんざら馬鹿では無かったようだのう、…

こんなエエとこ、おまへんでぇ~♪ 海、山、川あれば天国さ【癒し系アウトドア】

いま海を眺めながら書いている訳なのですが「♪海の声が知りたくて~」とかいう歌をふと思い出した。誰が作った歌だったかなぁ…?加山雄三だったかな?ワイルドワンズか?あっ、BEGINだな、さんしん弾いていたから。 ヤッパ海は素敵だなぁ~ ♪ YouTube 海の声よ 風の…

【お勧め山村ライフ】おもしゃいやしてぇ~、和歌山龍神村の難読漢字やして

「はい問題です!日本いち画数の多い字(64画)だそうですが、なんて読むのでしょ~か?!」「龍龍龍龍」龍が四つ、上下左右に田の字に重ねて一字で… 答えは→「てち」「てつ」意味は→「口数が多い」なんか凄い!面白いなぁ。古い中国の漢字だそうです。しかも日本で、保…

法隆寺が好き。これほど謎を秘めた寺院はないからね…『隠された十字架』を紹介します【図書紹介】

秋の夜長にお勧めしたい本「隠された十字架」梅原猛著 かなり古い本(初版 昭和五十六年)なのですが。ワタシは若い頃、広告代理店にいた。昼休みに先輩とふと歴史の話になり、その流れから「この本を読む事を薦められた」…え~ナゼなんだぁ? そんな単純な経緯で、…

夏の終りの独り言。「たまには夕陽を眺めてみませんか?」 <和歌山 加太 深山砲台跡>【風景写真】

夏が逝く、九月になれば… 夕焼け風景が、好きだ。 季節はやはり、晩夏初秋の頃。 残暑あり朝夕かなり冷え込む季節。 人恋しくなる心の変わり目なんですね。 鰯雲やら羊雲が穹を覆う。 夕陽スポットに、出掛けます。 やはり海辺りが、いっとう良いね。 潮騒を聴きながらリ…

コレはガチ! 友ヶ島に渡る直前 何とっ! ~ 心霊現象?! ~ あったことなど【なんか、謎】

出発前、ふと「何かやだなぁ…」と想った。 それは何故なのかは判らない。 ここは深山の砲台跡 かなり前の話になりますかね… 「ラピュタにそっくりィ~♡」 あるレイヤーさんが呟いた。 するとSNSで一気に拡散し、いまや「日本一有名な無人島」となった和歌山にある…

加太の波止場の堤防の片隅にて。ただただ、美しい夕陽を眺めていました【加太港情景話】

ブログ事始めの段、さぁ始めよう! 実はブログに何か書かねばと考えていて、はたと思う疑問があったのだった。 「う~むゅ、そうだ。そもそもブログてな、ど~ゆ〜意味なんだ?」と、息子に聞いた。「えっ?!…日記かなぁ?」←ならdiaryだろ! 「ログは分かる、カタログの“…