minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ ノシ

皆さん!日本人が観ておくべき傑作名画『男はつらいよ』を紹介します。八月二十七日は「寅さんの日」だってねぇ【大好きな映画③】前編

 

八月二十七日は「寅さんの日」なんだって。

 

1969年の一作目『男はつらいよ』公開日が8月27日だったことから。

(松竹のHPにそう書いてあった!とらさんだから、10月3日でも良かったのでは?)

最近の若者(平成生まれとか)は「フーテンの寅さん」を知らないんだって。そして「観たこともな~い」と、言うのです。

若者「何、それ~。虎、フーセン?…タイガース?」

ワイ「そう、そう、そう、甲子園球場でタイガース勝ったら、みんなでピュ~て飛ばすヤツ、フーセンの寅さんっ!私設応援団…チャウわっ」ピシッ!

マジかよぉ~ショック!じぇねれーしょんぎゃっぷ、いうヤツね。これね。

もちろん映画なんだから、好き嫌いはあってもいいケドさ。でも喰わず嫌い選手権は、何か勿体ないよぉ~と思ふ。ならば、語り伝えておかねば!「国民的名画」として、永年にわたり人気を博し、毎年恒例とバンバン制作され続けた名シリーズだからね。

さぁさぁ、傑作を「知らざぁ~いって聞かせや Show !!」 

パン、パンッ!(←ハリセンの音)

えぇっ~、大丈夫かぁ~しかし。オイっ!((汗 たしかにぃ…

…てなワケでぇ~とりあえず、少し前にも↓チョコっと描いてみましたよ。

minminzemi81.hatenablog.com

まずは、最初の一歩。一作目の『男はつらいよ』絶賛推し!さすがにワタシは'69年映画公開時の「リアル世代」ではありませんが。半世紀、五十年もの昔だよっ、すでに映画歴史のひとコマだ。考えてみると、なんだかアタマがクラックラするね。

シリーズ物の一作目は、多くの映画の常として、完成度がピカ✨イチ!寅さんファンなら、満場一致だよっ!Maybe…?

(※以下、大幅にネタバレします。もし、一度も観たこともない方「映画作品をみてから」推奨!)

 

01.第一作『男はつらいよ』レジェンド

1969年8月に公開。

東京葛飾水元公園の咲き誇る桜をバックに『桜が咲いております。懐かしい葛飾の桜が、今年も咲いております。思い起こせば二十年前、つまらねぇことで親爺と大喧嘩、頭を血の出るほどブン殴られて、そのまんまプイッと家をおん出て、もう一生帰らねぇ覚悟でおりましたものの、花の咲く頃になると決まって思い出すのは故郷のこと。ガキの時分、鼻垂れ仲間を相手にあばれ回った水元公園や、江戸川の土手や、帝釈様の境内のことでございました…』と、寅さんの独白から映画ストーリーが始まった。

▽画面モノクローム調で、ゴシック体(手描きじゃない!)のネームが並ぶ。脇を締める俳優に、笠 智衆に志村 喬が並びます!そして森川 信と、凄い。

youtu.be

江戸川を松戸側から渡し舟(矢切の渡し、大人三十円、小人二十円だった)に乗り、河川敷ゴルフ場を平気で横断する。カップイン前のボールをピックアップ、さらにはバンカーではコケる。いちゃこいアベックの邪魔をする。

これで、主人公のキャラが判りますねっ。傍若無人で余計なお節介する、おっちょこちょいなのです、このヒトは。土手法面を駆け上がり懐かしさいっぱい、河川敷風景を一望す。ドーン!

もう、アバンからドラマが始まりワクワクしますね。期待できます!

でも、ここで違和感を感じる。まず衣装が違う。定番キャメル背広が「グレー格子柄にネクタイ」。いつもの雪駄ではなくオシャレな「白黒コンビの革靴」を履いてる。あとトレードマークの「寅ンク」も、ずいぶんボロくて小ぶりなのです。

f:id:minminzemi81:20200827030648j:plain

みんなが知っている寅さんの姿

スクリーンは柴又風景の描写が続く、画角の切り方がとにかく素晴らしい。高羽キャメラ※1 いまは喪われつつある「古き良き昭和の原風景」をシッカリ捉えています。しっとりとした雰囲気が、とてもイイ!

 

タイトル男はつらいよド~ン!

 

華やかな「題経寺(だいきょうじ※2)」の庚申祭り。みずから纏(まとい)を廻す寅さん。昭和時代の人情と活気などが、はやくも画面から伝わってきます。現地柴又ロケは、4月から5月あたりと思えます。

そして寅さんは帝釈天へと至り、御前様(笠 智衆)に「寅次郎が帰ってきた」と挨拶をします。

さっきからぼんやりと、この “謎な纏男” を眺めていたオバちゃん(車つね、三崎千恵子)が、その正体に「ハッ!」と気づいた。

オバちゃん「寅ちゃんじゃ、ないかい…?!」

寅さん「オバちゃぁぁ~ん!」とガッチリ抱きあった、感動の再会ですっ!

十六歳から二十年間も家出していた、車 寅次郎(渥美 清)が、故郷の葛飾柴又にある団子屋※3「とらや」に帰ってきた。

(※1 高羽 哲夫 たかは てつお、福島県河沼郡湯川村出身。映画カメラマンとして、山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズの撮影に携わった)

(※2 柴又 帝釈天 題経寺(しばまた たいしゃくてん だいきょうじ)は、葛飾区柴又七丁目にある、日蓮宗寺院。通称「帝釈天」とも。題経寺の寺伝では、開基は江戸時代の寛永六年となる)

(※3 とらやは、帝釈天参道脇にある。ちなみに団子と餅の違いは「団子は粉から作るが、餅は粒を蒸してから作る」や「団子はうるち米の粉、餅はもち米を使う」とか「餅は祝儀に用い、団子は仏事に用いる」などの違いがある)

 

涙の再会は嵐の前触れ、序章なのか?

 

緊張するオイちゃん(車竜造、森川信)、オバちゃんを前にして渡世人挨拶の口上をきります。店先には、ご近所さんまで集まっています。これぞ昭和!

寅さん「十年ひとむかしの勘定でいきゃあ、ちょうどふたむかし、父母も亡き兄も、さぞかしご迷惑をお掛けしたことでございましょう…なお、たったひとり残りました愚かなる妹が無事に成長しましたのも、ただただひとえに、お二人の御訓育の賜物と、まことに兄としてはお礼の言葉もございません。オイちゃんっ!ならびに、オバちゃんっ!本当にありがとうございました…」

うん、普通だ。ここまでは、まだ普通だね。会社から帰ってきた妹のさくら(車櫻、倍賞千恵子)と、寅さんの涙の再会の場面へと移る。

 

<推しポイント!>

スクリーンの倍賞千恵子が、とにかく美しいっ!もうキラッキラッ輝いています!「これぞ映画☆スター」というものでしょう。もう、団子は悶絶、ハート♡ズキュ~ン!さすがSKDのトップスター。

谷よしのを前立てに、見事な画面構成となっております。(笑

f:id:minminzemi81:20200701012027j:plain

とにかく美しい、倍賞千恵子

(※谷 よしの、写真右側。一作目より「男はつらいよシリーズ」でチョイ役ながら、ツボを抑えた演技を魅せる。スっと登場して、スっ~と消える。本編のストーリーには深く絡まず、画面にアクセントを与える役目。とらやのご近所さんや、旅館の仲居さん、とらやのお客さん、花売り役など、役柄を変えて二回登場の巻もあった)

 

さくら「ただいまぁ~!」

オバちゃん「さくらちゃん、おかえり」

寅さん「さくら…おまえ、ホントにさくらかい。ほら、ほら、ほらっ!俺だよ、この顔に見覚えねえのかいっ?」ドンドンさくらに、にじり寄ってゆく。

さくらは恐怖で顔面蒼白、後退しつつ。

さくら「ねぇ…このヒトっ…誰なのっ…??」

オバちゃん「やだよぉ~、まだわかんないのかい」

オイちゃん「よく見ろよぉ~」

寅さん「いいんだ、いいんだっ、無理はねぇ。五つか六つのちっちゃいガキん頃に、ほっぽりだしてそれっきりだぁ、ふぅ~親はなくても子は育つ、というがでかくなりやがったぁ…」

さくら「あぁっ…お兄ちゃん!生きてたの?」

やっと笑顔となる。どうやらとらやでは、死んだことにされていたみたいですね。そして集まった皆んなが、感動して涙ぐんでいる。

寅さん「んっ…!」

さくら「お兄ちゃんっ!」

寅さん「苦労かけたなぁ…ご苦労さんっ…」手を握りあう。感動のハグでもするのかな?ところが突然、裏庭へ向かう寅さん。

寅さん「なに、しょんべんよ!」

これで緊張が、一気に解ける。

寅さん「♪泣くなぁ~いもとよぉぉ~いもとよぉ泣くなぁぁ~泣けばぁ幼なぁいぃ~ふたりぃ~しいてぇぇ~故郷をぉぉ~すてぇ~たぁ~かいがなぁぃ~(人生の並木道)」

立ちションしながら、唄ってる。『ゴォ~ン』と題経寺の鐘が鳴る。

歌が残念賞だったのかな?

▽名曲『人生の並木道』SONG By 渥美清 歌が上手いよねぇ!

youtu.be

 

翌日、事件勃発!怒濤の展開のはじまり

 

寅さんが妹さくらの見合い(しかも玉の輿的)をぶち壊し、おジャンにしてしまう。このことがきっかけで、兄妹の仲に早くも亀裂がはしる。言い争いから大喧嘩へと展開します。

さくら「お兄ちゃんこそ何よっ、アニキ面していい気になって、昨日から今日にかけて、私がお兄ちゃんのために、どんな辛い思いしてるかわかんないのっ!!」

寅さん「うるへえぇぇ~!」ビシッと、さくらの頬を打つ。

ありゃ~簡単にキレたっ!

頬をおさえながらも、睨みつけるさくら。

さくら「お兄ちゃんなんかっ、どっか行ちゃいなさいよっ!」

オイちゃん「オレはもうぉ~我慢できねええぇ~!!」

これで「寅さん VS オイちゃん」のとらや裏庭対決へ発展する。そこに裏の工場のひろし(前田吟)が登場!寅さんを後ろからガッチリ羽交い締めにする。身動き出来ず一方的に、ポカスカと殴られる寅さん。

オイちゃん「てめぇがなぁ~、てめぇがぁ、家をおん出た時、オヤジはどれだけぇ心配したかっ、えぇっ!おとついてめぇのツラ見たときはなぁ~、嗚呼、親父が生きてたらどんなに喜ぶかと、でもかえって死んだほうがよかったっ!このザマ見るくらいならなっ、死んだほうがマシだったぁぁ~!親父はいまごろ草葉の陰でぇ…草葉のぅ…陰で…」オイちゃんが、とても苦しそうだ。まずいっ!心臓が悪かったのかな?

オバちゃん「あんたっ、しっかりしておくれっ、大丈夫かい?」

これでオイちゃんは、裏庭リングから一時退場。寅さんは、縁側にションボリとし、その横にさくらが座る。

寅さん「おいちゃん、大丈夫かい…?」涙ぐんでいる。

さくら「うん…」

寅さんは、ひろしの腰のタオルを奪い取り、涙顔を拭うとインクで真っ黒になる。その顔を見て吹き出すさくら。緊張には必ずオチがあります。泣き笑いの往復ビンタ!これが「男はつらいよ」なのです。

▽寅さんの蛮行でさくらの見合い話が流れ、とらやでの言い争いとなる。

youtu.be

 

とらやから、寅さんの姿が消える

 

翌日。寅さんの置き手紙があった。とてもヘタな文字※1だった。

妹よ、夕べは悪いことした。俺は出てゆく、たびの空。お前のしあわせいのってる。俺の弟、のぼるのことはよろしくたのむよ。さようなら。 愚かな兄の寅次郎』ヘンな七五調の文章だね。

江戸川堤を走りさがす、さくらとのぼる。あれれぇ?柴又駅じゃないのか。

のぼる「兄貴ぃ~!待ってくれえ~ぇ~!」叫ぶ。

さくら「お兄ちゃ~ん!」走る。

この時寅さんは、すでに江戸川の渡し舟(矢切の渡し※2)の人となっていた。旅立ちのシーンまで、疾走感があります!とにかく、走っておりますっ!

 

本作品の特長は『笑いと感動と疾走感』なので、ありますっ!

パン、パパン!

 

(※1 この手紙の文字「金釘流」は、倍賞さんが左手で書いたという逸話もある。金釘流は世界で最も盛んな書道の流派。門下生は全世界で恐らく一億人を越すと試算される。しかし、この流派に属している門人は口外ならぬ掟らしく、正確な門下生の総数は不明である。wikiから引用) 

(※2 「矢切の渡し」は旅立ちの絵とはなります。が、渡った先は、野菊の墓で有名な「千葉の松戸」となる。寅さんはこの先、どこへ向かうのか?コレ、昔からの謎となっていて、京成矢切駅から電車に乗るためには、かなり歩くことになり、遠い!)

 

それから一ヶ月…旅先の奈良にて

 

寅さんは、何故か外人観光客を連れ「奈良東大寺 二月堂」にいた。たまたまバッタリ出逢ったのが題経寺の御前様と、その娘 冬子(光本幸子)だった。

寅さん「あっ、どうも御前様。なかなかスミに置けませんね。こんな綺麗な方とお愉しみを。それじゃ、わたくしは…」

御前様「馬鹿っ!娘だ。ほらっ、忘れたのか?おまえが出目金とアダ名をつけて、よくいじめとった冬子だっ」寅さん鞄を落としかける。

寅さん「は~ぁ~出目キン!」

この冬子に瞬間的片恋した寅さんは、この二人と同行し、奈良観光で珍道中を繰り広げます…話のテンポが、ここでも加速します。

次々と始まり終演する逸話、まるで寅さんの啖呵売、いや舞台演劇みたいなストーリーの詰み込みをしていますね。なので注意しないと見落とします。

旅先で注目の小物『ピンクのバンビ』が登場する。当時、奈良の土産物屋で「人気商品」だったのだと、想われますが。寅さんはこのピンクバンビを買い求め、背後から冬子に背負わせます。

寅さん「はいっ、おんぶっ、おんぶぅ~!」

ふゆこ「いやぁ~やめてぇ~!」

ピンクの鹿に寅さんの浮かれ気分♡の恋心が、うまく投射されています。そしてエピローグのシーンにも、その“結果報告”としてまた登場します。ご注目案件!ですね。

▽『男はつらいよ』映画予告編。リニューアル4Kデジタル画面が美しい。

youtu.be

ここで映画の中締め。話の舞台を旅先の奈良から、東京柴又へと移ります。

映画人の意気込みと役者陣の熱量で、ひとつ目のヤマ場である感動シーン「さくらの結婚披露宴」まで一気呵成に突っ走るのですっ!

パパン、パンッ!

 

▽後半に続きますっ!怒涛の終盤まで泣き笑いの波状攻撃が続く。

minminzemi81.hatenablog.com

(※まるで「瞬間湯沸かし器」のようなスピードで、寅さんがマドンナにベタ惚れします。信じられない心の振れ方ですね。しかも冬子は、寅さんの幼馴染なのですから、なおさら~変ダナ!)

 

~おまけ話~

「どうでもいいけどぉ、気になりますっ!年齢問題」

 

寅さんの劇中の年齢が、よくわからな~い💦のです。それで寅次郎とさくらの「年齢設定問題」を考えてみた。

一作目『男はつらいよ(1969年)』16歳で家出して、20年ぶりに故郷へ帰ってきた逸話が正しければ、36歳は間違いなく越えているハズ。では、どのあたりで整合性を求めるのか?

この一作目の時点で「寅さんが36歳+‪α‬で、さくらが26歳+‪α」‬として、年齢差は「10歳」程度あるのが妥当な気がする。寅さんが16歳での家出した時のさくらを『…五つか六つのちっちゃいガキん頃に、ほっぽりだして…』と言ってるからだ。

~暫定~

(家出時)寅さん十六歳、さくらが六歳。→二十年が経過→(再会時)寅さん三十六歳、さくら二十六歳。

 

そして二作目の『続 男はつらいよ(1970年)』の映画冒頭部 で「38歳」との発言『いまを去る三十八年前、雪の降る寒い夜、玉のような男の子を産んだ覚え』云々のセリフがあります。

さらに再び、とらやに舞い戻った寅さんに対して、オイちゃんが発言『(前回から)まだ、一年も経っちゃいねぇよっ!』と言う。このことから寅さんは一作目時点で、だいたい37歳あたりと推定が出来ます。

すると生年は「1932年(昭和七年)」なのか?

(この年は、海軍将校がクーデター起こし首相官邸を襲撃。大養首相を射殺したという、有名な「五・一五事件」があった)

~結論~

当初設定は「37歳で、チョンガーテキ屋」だったようですね。しかし、さくらは…「27歳オリエント電気、独身OL」これ昭和時代には、少々キツいかなぁ~?なので「お見合い」に走った、とも考えられますね。

(倍賞さんは、昭和十六年生まれ。作品当時の実年齢は二十八歳だった。若いよねぇ~!) 

 

参考、写真/松竹映画公式サイト、ウキペディア、ウェブ電通報、Google MAP

(6400文字、Please enjoy “Tora-san's” movie.)  #男はつらいよ お題「ゆっくり見たい映画」