minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ ノシ

日活映画『大出世物語』という、なんだか不思議な昭和の物語【大好きな映画⑥】

 

日活映画『大出世物語』の面白さ

 
オドロキの「小沢昭一」が初主演作!
そして浜田光夫」が新人として、初登場!
あの「吉永小百合」がまだフレッシュな新人扱い!

 

▽ざっくりストーリー

 

主人公の「六さん(小沢昭一、当時32歳だった!)」は、リヤカーを引っ張り、紙屑を拾って生活している「屑屋」だった。このゆったり流れる「昭和の空気感」がたまらない。水溜まりやら空き地が子供の遊び場だった。

 

そして六さんは、毎日毎日「安井印刷株式会社」へ出向く「無遅刻無欠勤の働き者の屑屋」なのであ~る。昭和三十年代の東京江東区の風景、古い凸版印刷工場がとても興味深いね。デデンデン!

 

この六さんには長女を始め四人の子供、でも妻とは死に別れ、ひとり親家庭だった。高校三年生の娘「高子(吉永小百合)」の恋人が、安井印刷の社長のボンボン「安井健一(浜田光夫)」だった。

 

f:id:minminzemi81:20200807111226p:plain

 

ある日、難題が持ちあがる。六さんが会社に出入りするのは“モグリ”であって、いままでは使丁長(これ、差別用語か?)が見逃していた。

 

ところがその人は停年退職となり、新しい「折原(木島一郎)」という堅物の使丁長が「これからは、六さんも広子も、二度と出入りしてはならんっ!」と言い渡した。

 

六さんは、この会社へ出入りする「闇屋の日米商事社長 広子(渡辺美佐子)」と“犬猿の間柄”だったが、共通の問題「出禁」を抱えて、ふたりで共闘をはじめることになる。

 

f:id:minminzemi81:20210221170418j:plain

 

その仲直りの飲み屋の席では…

六さん「おいっ、千円で今晩どうだい?何ならあと、五百円出そう!」

闇屋広子「冗談じゃないよっ!そんな安モンじゃないよっ!」

 

こんな口説き方って、あるか?

ヒドすぎるだろぉ~六さん<笑

 

さて翌日。まずは娘の高子を使って「三万円の買収工作」から回復作戦が始まった。果たしてどう展開するのやら。

 

~ここからが見所です!~

 

f:id:minminzemi81:20210123020945j:plain

昭和三十年代のテレビは、モノクロだったよ

(※「闇屋」戦後しばらくは統制価格の「配給品」だけでは、国民は生きられなかった。その一方で「相場価格」でいくらでもモノが手に入る「闇市」も存在し、そのヤミ市場で活躍した、通称 「やみや」と呼ばれるいわゆる“行商人、テキ屋”達がいた!)

 

源氏鶏太の小説を、阿部豊が監督。

○日活映画、65分モノクロ、1961年の公開。

○ロケ地 東京の江東区 亀戸 横十軒川べりの一帯?と想えます。

 

屑屋が大企業社長となる、昭和時代の恐ろしさっ💧

 

屑屋や闇屋みたいにこっそり企業に入りこみ商売する、いわゆる「テキ屋家業」のひとが昭和時代には確かにいた。実際に私は何度も相手したから。

 

昼休みなんかにやって来て、ささっと風呂敷を広げ口八丁手八丁で商売して、またさっと引き上げる。そんな不思議な商売の人達。

 

まだ世の中に「優しさやのんびりした空気」があったのでした。義理とか人情やらがまだ感じられる「古き良き時代」が、昭和に確かにあった。

 

ところがいつからか会社は、部外者に対しやたらと厳しくなった。ニッセイのおばちゃんすら追い出すようになった。

 

~その後の展開を勝手に予想します~

 

六さんの零細企業(河野商会)が仕掛けたM&Aで、大会社(従業員は130人)安井印刷の乗っ取りが成功した訳だが。

 

しかし、わずか一千万円の株式(手形)で、代表権がコロッと手に入る企業体では何だか「鼻くそ」レベルな気もするなぁ?これどうなんだろか。

 

多分この後、イノベーション(業態転換)図り、折原秘書を副社長あたりに引き上げ「リサイクル総合産業」として大発展していくモノと想われます。

 

そう、もちろん浜田光夫吉永小百合は、このあと仲違い必定(身分の違いゆえ 笑)ですね。そ~でないと、はなしは面白くないっ!!

 

参考出典/Nikkatu.com、ウキペディア (1500文字、Thank you. Enjoy the movie!)

お題「ゆっくり見たい映画」