minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

乾坤一擲 大坂夏の陣!! 史跡 「茶臼山公園本陣跡」にて「大坂夏の陣 家康死亡説」なるものを知る。 大阪 天王寺【歴史案件】

ここは大河ドラマ真田丸」で一躍有名になった、大阪は阿倍野にある茶臼山(ちゃうすやま)古戦場です。この茶臼山公園には何と山頂標柱があり、一応は山であるらしい。しかし以前には「茶臼山古墳」と呼ばれていたのでは、なかったか?

f:id:minminzemi81:20190523200016j:plain

茶臼山本陣跡 石碑
また取り囲む池には“和気清麻呂”に因んだ「わけばし」と云う、何だかワケありみたいな赤い橋も掛かっている。いまは、“都会の中のオアシス”といったところです。

f:id:minminzemi81:20190523204532j:plain

池には噴水があり通天閣も見えます

家康は「大坂夏の陣」で、すでに亡きものになっていた説

 

コアな歴史ファンならご存知かも知れません。大坂夏の陣にて、あの徳川家康が戦死していたという「衝撃的な事件」を!?

(※いや若干、“怪情報気味”ではありますが、それはソレ。怪情報のウラをとるとは、かなりクレイジーな試み‪w)

f:id:minminzemi81:20190523202545j:plain

公園には真田信繁の活躍を伝える看板があった

よく聴く「家康影武者説」は、正しいか精査しましょう

 

ハイ、歴史では“狸おやぢ”こと家康さんは、元和二年四月十七日に御歳七十五にて、駿府城で亡くなった。これは史実ですね。

アウトドア活動中に「鯛の天ぷらの食い過ぎ」で、あまりの旨さに昇天してしまったのです。これが俗説。

実はですね…この時に死んだのは“影武者の方”で、本物の家康はその一年ほど前おきた「大坂夏の陣」で、すでに亡きものになっていたと云うのです。

マジですかぁ?なんか“怪しい臭い”がプンプンしますよぉ~。

f:id:minminzemi81:20190530112941p:plain

此度の戦は三日の腰兵糧じゃ

この影武者に符合する人物は「小笠原秀政が家康の身代わり」になったという話が伝わる。家康は戦場で度々、“影武者を使った”らしいのです。

もう家康は爺(七十四歳)だからね、戦場は辛いツラい。

この小笠原秀政は「大坂夏の陣」に参陣し、榊原康勝※1に従って「本多忠朝※2を救援」する。しかし茶臼山の攻防で、豊臣方 毛利勝永隊の猛反撃を受けて、忠朝は早くも戦死をとげる。浅野長重隊も敗走、徳川先鋒は潰えた。

また秀政もこの時“瀕死の重傷”にて戦場を離脱するが、こちらも間もなく“戦傷により死去”したと歴史は伝えています、が…この時、最前線にいた小笠原秀政が家康と入れ替わっていたとは、やはり考えずらい。

(※1 榊原康政の三男、榊原家二代当主。大坂冬の陣では“痔が破け大量出血”した。さらに大坂夏の陣ではさらに病状が悪化した。何と鞍壷に血が溜っても戦い続けたとか。そののち、五月二十七日に京都にて病没したと云う)

(※2 本多忠勝の次男。大坂冬の陣にて“酒のために不覚”をとり敗退した。それを家康に誹られた忠朝は、続く大坂夏の陣で汚名返上とばかり先鋒務め呆気なく戦死。墓は「一心寺」境内にあり「酒封じの神」と祀られている)

f:id:minminzemi81:20190603064952p:plain

徳川方は大坂城を南から攻めた(出典 ウキペディア)

△徳川方は大阪城南方に集結し、その兵力約十三万。大坂城南、街道筋より力攻めの布陣。

対して豊臣方の兵力は総兵力四万強。前軍として茶臼山真田信繁が、四天王寺門前に毛利勝永が陣取る。岡山口には大野治房、全軍の後詰に大野治長紀州街道、三ッ寺に別働隊の明石全登が伏兵しました。

豊臣方の主な作戦は、徳川方を四天王寺の死地(丘陵帯)に誘い込み分断混乱させ、布陣が南北に伸びきって家康本陣が手薄になったところを、明石全登の別働隊が海側から迂回急襲する。さらに全軍総攻撃は、総大将の豊臣秀頼も出陣する手筈になっていました。

 

次に真田信繁(幸村)さんの闘いぶり、検証してみましょう

 

家康といえば、大坂夏の陣真田信繁に大きく本陣を崩され、死を覚悟した話」は誰もが知るハナシ。

それでは真田信繁に首をとられていた可能性があったのか?!

慶長二十年五月七日正午頃。大坂方の敗北は濃厚となり、茶臼山本陣にあった信繁が叫ぶっ「狙うは家康が首、唯一つ!!」いよいよ乾坤一擲の大勝負が始まる!! パパンパン! (机叩く音)

f:id:minminzemi81:20190526083826p:plain

「関東勢百万も候へ、漢はひとりもいなく候」

おりから家康本陣は、平野から住吉街道の北を通過し、越前兵の後詰へと陣を押し上げていた矢先。総大将の家康、「籠に乗りまったりと移動」をしていました。

その時、目前の越前兵をバッサリ切り裂くように突き崩す、赤備えの一隊があった。そして徳川旗本が守る家康隊の横腹に、ドォドッ~と雪崩込んだ。

f:id:minminzemi81:20190523200515j:plain

三角点(26M)標柱がある

△慶長十九年「大坂冬の陣」で徳川家康が、本陣を構えた場所なのです。藍色の三つ葉葵の紋入り!ここが標高26メートルの山頂です。

 

三河物語によれば家康本陣は、大崩れにくずれたと云う

 

大久保彦左衛門忠教が『三河物語』に、家康本陣の崩れる様を記している。ついに「厭離穢土 欣求浄土」の宝幢の旗幟も崩れ、後方に退く家康を旗奉行が見失った。

御陣衆のなかには、三里(12キロ)も逃げた者もいた。そして家康は小栗正忠とたった二人で、本陣に取り残されていた。三方ヶ原以来の大崩れ、まる裸同然となった本陣周り。

真田信繁は家康を執拗に狙い三度も攻めかかったが、前日からの連戦で疲労激しく、ついに信繁は馬を返し立ち去った…あれ―、なんでぇ??

omg…「Sanada Come back!!」

f:id:minminzemi81:20190523201027j:plain

お好きな方が選べるリバーシブル対応

△慶長二十年「大坂夏の陣」では、この遺構を逆に利用して眞田信繁が本陣を構えました。これは真田の六紋銭ですね、メラメラ萌えまする!

 

家康は大坂夏の陣で斃れ、堺市の「南宗寺」に葬られた

 

民間伝承では“違う事”を伝えている。

阪堺にある「南宗寺」お寺の瓦には“三葉葵の御紋”が付いており、徳川家と関係のある古刹であったらしいのです。

現在の墓石の銘は「東照宮 徳川家康 墓」とあり、開山堂の扁額には、「元和九年七月十日に徳川秀忠が、また八月十五日に家光が寺を訪れた」と記載されています。

家康の墓は「南宗寺」に“確かにいまも存在”しています。また墓標横には幕臣 山岡鉄舟筆による「この無名塔を家康の墓と認める」との碑文が残っている。そしてかつてはここに、何と「東照宮?!」があったらしいのです。

f:id:minminzemi81:20190530115454p:plain

東照宮は日光だけではなかった?!

そのあたり気になったので「日光東照宮」を調べてみました。

<東照宮HPより>

『…家康公は元和二年四月十七日、駿府城(静岡県静岡市)で七十五歳の生涯を終えられ、直ちに久能山に神葬されました。

そして御遺言により一年後の元和三年四月十五日、久能山より現在の地に移されおまつりされました。正遷宮は同年四月十七日、二代将軍秀忠公をはじめ公武参列のもと厳粛に行われ、ここに「東照社」として鎮座しました。

その後正保(しょうほ)二年、宮号を賜り「東照宮」と呼ばれるようになりました。尚、現在のおもな社殿群は三代将軍家光公によって、寛永(かんえい)十三年に造替されたものです』

ふ~むふむ…何とな!当初は「日光東照社」だったのか。そののち三十年も経ってから、神格アップグレードして「東照宮」となったとは、意外だった。この後、日本各地に東照宮が雨後の筍のように出来ていったという。

(※元和九年の夏、将軍がこの場所を訪れねばならなかった理由。二代秀忠から三代家光への代替りの年であった。そのことの報告と祈願と思われます。しかしなぜ…堺なのか?!)

 

遺された文献に、一連の伝説経緯が書かれていた!

 

寺伝『南宗寺史』には『本堂と庫裡の間に東照宮の廟あり。その傍らにあるは照堂にしてすなわち開山堂なり。堂の床下に無銘の塔あり。安国院無銘塔という。これなん疑問の塔なり』とある。

さらに『元和元年大坂の役に徳川家康は摂津・河内両国の境なる平野に陣せしが敵雷火を放ちてこれを襲う。いわゆる平野の焼打ちこれなり。家康僅かに免れて葬輿に乗じ遁れて和泉の半田寺山に至る。後藤又兵衛基次の紀州より帰り来たれるに会す。基次これを認め怪みてその輿を刺す。彦左衛門驚きてその槍を斫る。基次顧みずして去る。而してこれがために家康は戧を負いて終に起たず』大阪府 全志」巻之五、大正十一年刊行

f:id:minminzemi81:20190526110023p:plain

後藤又兵衛 見参いたす!

この話をつなげると、平野郷あたり(下地図↓)で「地雷?攻撃」を受けた家康はんは、あわててカゴに乗りスタコラサッサと逃げだしました。

すると後藤又兵衛が南より突然現れ、カゴをイキナリ「槍でひと突き」する。さらに、この難を逃れて堺へ落ちのびてゆく。

f:id:minminzemi81:20190604110102p:plain

爆発のあった樋尻口地蔵

カゴを開けてみると、家康はすでに息絶えていた。「う~わっ、えらいこっちゃ、どないしまんねんな…こりゃ、かなんなぁ」<なぜ大阪弁?

それで、ひとまず亡骸を「南宗寺の開山堂」の下に隠した…てな話ですね。ありゃま、あっさりと家康はん、死んどるやんかいさコレ。

▽赤ピン、南宗寺/なんしゅうじ 臨済宗大徳寺派で三好氏の菩提寺大坂夏の陣では、堺の町と共に焼失した。元和五年、当時の住職 沢庵宗彭(たくあん漬けで有名)により現在地に移転、再興されました。お寺は、大仙古墳の近くにあります。阪堺電車 御陵前駅下車すぐ。

f:id:minminzemi81:20190531140749p:plain

南宗寺 周辺地図

 

何ですとっ、襲撃を裏付ける物的証拠が揃っているとな

 

そしてこの話を“裏ずける遺物”が何と「日光東照宮」に保存されています。家康が「大坂夏の陣」で使ったと云う「網代駕篭(日光東照宮宝物館収蔵)」なのです。

三つ葉葵紋をあしらった駕篭には、何と“屋根に槍が貫通した穴”がきれいに残っている。これが“後藤又兵衛の槍が突き刺し”出来た跡だったのか。

江戸時代を通じてこの駕籠を観ることが出来たのは、徳川宗家、御三家御三卿の他は、誰も許されないことだった。

う~む、とても“意味深”な話ですね。これな…!

f:id:minminzemi81:20190523203053j:plain

あべのハルカスと赤い和気橋

しか~し、この話には致命的な欠陥がある。聡明な皆さんは、もうお気づきですね。

「そーなんです川崎さん、A地点からB地点に行くあいだに…」もとい。

この話のおかしな点は⇒「後藤又兵衛の槍に突かれ」この家康の駕籠を槍で突いたとされる後藤又兵衛本人は、前日の五月六日の「道明寺の戦い」で伊達軍の猛攻撃を受け“討死にしている”ので、家康の駕籠を攻撃するのはそもそも不可能なのです。

そして南宗寺の場所も⇒「違っちゃってるよね問題」寺伝には「大坂冬の陣で焼失する。その後、住職であった沢庵宗彭が元和五年に現在の場所に再建した」とあり、大坂夏の陣以前、南宗寺はいまとは別の場所※1 にありました。

「それな、ドヤねんなぁ~!」…んだよぉ、ガッカリだぜ。

槍を突き刺したとしても“後藤又兵衛では無い”のは確か。どうせなら「毛利勝永※2 配下の者に槍を突かれる!」として欲しかった!いちばん可能性があったからね。

(※1 しかし、家康が“落命した場所”に後、南宋寺を建てたとも考えられるので、なんともかんとも)

(※2 森吉成の嫡男、森吉政。父と共に、豊臣秀吉に仕えた。その当時、森から毛利へ苗字変更、ややこし。夏の陣では“天王寺口に真田信繁と並び布陣”した。闘い始まりすぐに本田忠朝、小笠原秀政らを撃破、そのまま力押しにて家康本陣めがけ疾風怒濤一文字に切込んでいった!! 高名な真田信繁がいたために相対的に不当評価される。しか~し、天王寺口の戦いでは“毛利勝永が最大最高の殊勲者”である!もっかい書いておく、毛利勝永が最大にして最高の…)

f:id:minminzemi81:20190530121720j:plain

通天閣を赤く染め夕日が落ちる

○推奨本/司馬遼太郎著『城塞』大坂の陣に至る“あらまし”が判りますよ。

○参照V/テレ東/「新説 日本ミステリー」歴史ミステリー 家康は二度死んでいた? - YouTube  (※天下のテレ東の番組なので“閲覧ご注意”ください)

 

無情にも日は傾き、やがて通天閣に火が灯る

 

さぁ~て「じゃ、串カツでも喰いにいくべぇ~!!」我々は茶臼山をあとに、ジャンジャン横丁へと進軍を始めるのでありました。めでたし、めでたし。

 

茶臼山(古墳)公園の解説

四天王寺の南西に立つ茶臼山は、五世紀ごろの「全長200m近い前方後円形古墳」であるとされている。しかし1986年の発掘調査結果によれば、古墳に欠かせない葺き石や埴輪が全く見つからなかった。

○しかし規則正しい作られ方をしている盛り土は、堺市の大塚山古墳や御勝山古墳にも共通していることから、茶臼山が古墳ではないとも断定できず専門家の間で議論が繰り広げられ、結論にはいたっていません。

 

○交通アクセス

○「Osaka Metro御堂筋線 谷町線「JR天王寺駅」より徒歩約 15分

f:id:minminzemi81:20190531063203p:plain

茶臼山本陣跡 周辺地図

参考/Osaka info、大阪観光局、ウキペディア

 

(5000文字、You read it, thank you.)