minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

狂気孕んだ「天才画家 ムンク」の波乱人生とは?!【画家覚書】

エドヴァルド・ムンクといえば、世界中の人々が知っている著明な絵画「叫び」ですよね。この絵、誰もが一度は目にしたことがあるはずですが。
でも、ムンク自身がどんな画家だったかは、サッパリ知りませんでした。
例えば普段SNSで使っているアイコン→(😱)にまで、影響を与えた?!というムンクはやっぱり“凄いヒト!”ここにその人生を、書き留めておこうと想います。

ムンクの人生は常に「病気や狂気、死にとりつかれて」いたらしい!?

 

f:id:minminzemi81:20181130114536j:plain

エドヴァルド・ムンク

エドヴァルド・ムンク(1863年12月12日-1944年1月23日)北欧ノルウェー南部にある、ロイテンという小さな農村で生まれた。ムンクは五人兄弟の二番目だった。

一家は間もなく首都クリスチャニアに移り住んだ。

ムンクの父親は医者であった。それなのに1868年(ムンク五歳)に母親を亡くし、また1977年(十四歳)に姉を、立て続けに亡くした。二人とも死因は、肺結核であった。

この「母と姉の死」は、まだ年若いムンクにとって深いトラウマとなったのではないか、と思われますね。

自分の家族を襲う「病気と死」得体の知れない“死の闇”に対する不安。そのことについて「病と狂気と死が私の揺りかごを見守る暗黒の天使だった」と後年語っています。

そしてムンク自身も幼い頃から体が弱く、家に閉じ込められる生活であったらしくこのことが原因で、閉所恐怖症になったとも云われています。

荒れた家庭環境と自身のトラウマがもたらす「漠然とした不安」を生涯、内に抱え続けることになったのです。

 

ムンクの人生の転機は、叔母さんが与えた?!

 
ムンクに絵の楽しさや転機を与えたのは、母親替わりの叔母カーレンでした。叔母から絵を描く楽しさを教わったムンクは、人生の転機を迎える。自由に自己表現の出来る「絵描き」を目指すことになった。
 
1880年オスロの王立美術学校に入学した。この頃のノルウェー絵画は、近代写実主義が主流だった。ボヘミアングループと活動を始め展覧会への出品を始めた。しかしムンク作品への評価は厳しかったようです。

 

1889年、政府の奨学金を得て、フランスのパリに留学することが出来た。アカデミズムの画家レオン・ボナのアトリエで学ぶ。この年にムンクは、父親を亡くしています。

 

「これからは息づき、感じ、苦しみ、愛する、生き生きとした人間を描く」という「サンクルー宣言」をムンクは書き残している。

 

また、この時期にマネなど印象派の作品に感化され、さらに「ファン・ゴッホ」にも強く影響を受けた。このことは自身の作風にも、変化を与えたようです。

ゴッホの激しくグルグル渦巻く独特の筆使いは、ムンクの不安定な絵画構成の中でも、度々使われるようになる。象徴主義、ヒトの内面まで踏み込んでゆく描き方。

(※象徴主義とは十九世紀後半、ヒトの内面的な「不安、生と死、運命」など、形がなく目には見えないモノまで捉えようとした)

そして野心的な作品『病める少女』や『春のめざめ』が、描き始められている。この頃ムンクの才能が一気に開花し始めた。

 

有名な作品「叫び」 誕生秘話

 

最初に描かれたとされる油彩の『叫び』が、世界的に最も有名な絵画である。誰もがどこかで見た記憶がある、あの絵。

(※「叫び」には四枚の作品がある。1893年油絵、1895年にパステル、1895年にリトグラフ、1910年にテンペラで同タイトル、構図による作品を描いている)

 

真ん中にデフォルメされた、空虚なタッチで描かれる黒い人物。橋の下には紅い血で染まったフィヨルド、不気味な死の影がそこに忍び寄る。真っ赤な夕焼けとダークな背景色、遠近法すら不自然に歪める構図。何故こうなるのか?

この異様な技法は、ムンクが実際に感じた“幻覚症状”がそうさせたのだった。その時経験した“神秘体験”を、当時の日記にムンクは克明に記してみせます。

 

『私はふたりの友人と歩道を歩いていた。太陽は沈みかけていた。突然空が血の赤色に変わった。私は立ち止まり酷い疲れを感じて柵に寄り掛かった。それは炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと町並みに被さるようであった。友人は歩き続けたが、私はそこに立ち尽くしたまま不安に震え戦っていた。そして私は“自然を貫く果てしない叫び”を聴いた』

 

ムンク「叫び」とは「自然を貫く果てしない叫び」に、怖れおののき、思わず耳を塞いでしまった自分自身を描いたものでした。

 

1892年、ベルリンの芸術家協会に招聘(しょうへい)され、自身の作品を公開した。しかし会員投票によって突然中止となり、ムンクの展覧会は一週間で終了。そして大きなスキャンダルとなった。

当時の新聞、評論家はこぞって酷評したが、のちには高評価されるようになる。この騒動がきっかけでマックス・リバーマン率いる「分離派」の結成となる。

そして「禍福あざなえる縄の如し」ムンクの人生とは簡単ではない。

1894年に、妹ラウラ・カトリーネが統合失調症になる。『メランコリー』のモデルは、この妹といわれている。翌年には弟ペーテル・アンドレアースが、結婚わずか半年後に死亡した。またも身内の不幸が続く。

多くの芸術家らと親交を深めながら『叫び』や『マドンナ』そして『思春期』といったムンクの代表作を生み出してゆく。円熟期を迎えたムンク、それ以後1908年までドイツに滞在し続けた。

 

ムンクの恋愛遍歴も、普通じゃない

 

ムンクの随分歪んだ女性観は、恋愛にも重大な影響を与えた。ハンサムな顔立ちで長身でもあり、いまでいう「イケメン」だった。

 

そう「イケメンの絵描き」世の女性が放っておく訳が無い、だがしかし…。

三十歳頃のムンクが出会ったのは、夫のいる「ダグニー・ユール」との不倫関係である。彼女は“憎愛と嫉妬の暗い闇”にムンクを引きずり込んだ。これが彼にとっての『マドンナ』であり『吸血鬼』だったのです。

また富豪の娘「トゥラ・ラルセン」と恋に落ちる。三十九歳の時、別れ話から彼女にピストルで撃たれて左手に大怪我をする。作品『離別』や『灰』に登場する彼女、まるで舞台女優のような描き方です。

 

ムンクは精神不安定に陥りアルコール依存性となる。それでもムンクは孤独で自由な創作人生を、変えようとはしなかった。この頃から徐々に、精神が蝕まれてゆく。

 

そして晩年には祖国に戻り、最大評価される 

 

1908年に精神性疾患の治療ため、祖国ノルウェーに戻ることになった。自分に襲いくる災難が、ムンクの絵画を自伝的な作風へと変化させてゆく。

その一方でノルウェー政府から勲章を与えられ、国立美術館ムンクの絵画を次々と購入し、ノルウェーでのムンクの評価は最大級となった。

自分自身の“精神的弱点を絵画世界で昇華させ”続け、独自の世界観を造り上げたムンク。なのに名声が高まれば高まるほど、現実世界では不幸と荒廃に見舞われる。

 

晩年にいたり「明るく輝く風景画」を描くようになる。とても明快で明るい色で構成され、軽い。このことはムンク自身の“象徴主義の終焉”だったのかもしれない。

1916年からはオスロ郊外のエーケリーに住み、制作を続けていたが1944年に亡くなったという。いまに残る絵を観れば「重く苦しい人生だった」と、思わざるを得ない。

 

付記/2012年、個人が所有していた「叫び」パステル画が、オークション(ニューヨーク・サザビーズ)で1億1990万ドル(約96億円)で落札されたことは、記憶にあたらしい。

ほんと「凄い…ヒト😱」のひとことですね。


参考文献/ウキペディア、美術手帖

(3000文字)