minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

そろそろ「🐬イルカと🐳クジラの違い」を、ハッキリさせたいのココロ。そして「祝🎊商業捕鯨再開!」ですよ【鯨肉文化】

f:id:minminzemi81:20190704222908j:plain

和歌山県太地漁協の捕鯨船「第七勝丸」が帰ってきた。

ビックリするくらい、ちっちゃいボートです。でも、太地町エース!

f:id:minminzemi81:20190704212456p:plain

第七勝丸出航風景(出典 読売新聞社)

やっとこさフレッシュな鯨肉が、食べられるかな。しかし、初物は何でも高いからね⇒『全量落札されたが、価格は公表されなかった』と云う。これは、あか~んヤツかい?ご祝儀相場。

www.agara.co.jp

 

昨年の12月のこと、「日本がIWCから脱退」とのニュース!

 

だいたいやね、国際捕鯨委員会(IWC)を例えれば⇒「ぼったくりバーみたいなもの」ホ~ント「捕鯨反対派のためのおかしな団体」に、成り下がっていました。

 

ていっ!て~いっ!。

 

記事引用『IWCは「クジラ資源の保存と捕鯨産業の秩序ある発展」を目的に国際捕鯨取締条約に基づき1948年に設立された国際機関。日本は1951年に加盟した。

当初は捕鯨国でつくる資源管理機関だったが、反捕鯨国の参加が増えて1982年に商業捕鯨の一時停止が採択された。

水産庁によると八月時点で加盟国のうち、捕鯨支持国は日本やノルウェーなど41カ国、反捕鯨国がオーストラリアやブラジルなど48カ国。捕鯨支持国との反捕鯨国が激しく対立している』(産経新聞事 2018/12/20)

 

これ、単純に言えば「食肉輸出国=反捕鯨国=反捕鯨団体なのであります。さらに、あのグダグダの「みどり豆ヤロー」共ときたら! まあ良い。

(※みどり豆とか云うカルト集団は、ただの“利権団体”でしかないのは周知の事実です)

f:id:minminzemi81:20190704231551p:plain

捕鯨漁 風景(昭和の頃)

それで、捕鯨基地のある和歌山県山口県高知県では「調査捕鯨」は終了。そして「商業捕鯨」再開がいよいよ始まった。

この漁は日本の領海と排他的経済水域(EEZ)で行われる。調査捕鯨では、大西洋でクジラを捕っていたが、これからはそれらも実施しないと云う。

じつは地球上に生息するクジラ類は、充分に回復しているのです。“愚かな乱獲”さえしなければ、まったく問題はありません。

 

引用文『…現在インド洋西部に生息するザトウクジラは、三万頭以上にまで増えているという。この海域のザトウクジラの個体数は約二世紀にわたる捕鯨によって激減し、1970年代末には600頭未満になっていた。

そして研究チームは、2018年の調査とそれ以前のデータに基づき、インド洋西部に“三万頭以上のザトウクジラが生息”していると推定した』

(出典 ナショナルジオグラフィック)

 

いま本当に資源保護しなければならないのは「ニホンウナギ」である。資源枯渇して絶滅寸前、なのに脳天気な日本人はのたまう…

土用の丑の日は鰻よ♡うふふっ」

じつは鰻丼大好き♪人間ですが、この十数年位“ほとんど食べた記憶”がない。回転寿司屋で摘む位かな?食べてるヤン、すまぬウナちゃん。

 

輝く!和歌山県の郷土料理「クジラの竜田揚げ」です

 

農林水産省が選定した「農山漁村の郷土料理百選和歌山県代表の郷土料理です。

「あ~竜田揚げ食べた~い!!」

そして「クジラ給食復活!」もね。そうだよぉ~♪人気献立はやはり圧倒的に「クジラの竜田揚げ」だね。給食のやつは、ホント美味かったよねぇ!

戦後貴重なタンパク源として、日本の食卓を支えた懐かしの鯨料理。クジラの竜田揚げは、鯨料理の代表的メニューだったのです。

f:id:minminzemi81:20190705010819p:plain

1950年頃の小学校の給食

 

<クジラの竜田揚げレシピ>

 

昭和のソールフードだったね。ひと口大に切った鯨に下味をつけ、片栗粉をまぶし油でサクッと揚げます。「まいう~♪」

 

○鯨赤身をひと口大にカットする。隠し包丁も入れると下味がよく染みる

○ボウルに「醤油、酒、味醂、おろし生姜」液に、鯨肉をしばらく漬けておく

○ひと切れずつ片栗粉まぶし、すぐに180℃の油であげる。ここがポイント

○揚がった鯨肉と、付けあわせをあしらって   <<完成です!>>

 

f:id:minminzemi81:20190713222928p:plain

新鮮な鯨肉は刺し身✨にて

 

<給食ランキングをブッチで一位「鯨の竜田揚げ」>

 

しかし悪名高かった「コッペパン」が三位になってるよ。あと七位の「脱脂粉乳」てか。これ…マジですか、人気あったの?

f:id:minminzemi81:20190223013126j:plain

人気給食メニューランキング

 

知っておきたい、なが~い捕鯨の歴史

日本人の鯨を食べる習慣は、それこそ太古からあったといいます。また、奈良時代の文献に“鯨肉贈答”の記載があるそうですから、ずいぶんとその歴史は古くて永い。

 

紀伊半島の南端に位置する和歌山県東牟婁郡太地町は、日本の「古式捕鯨発祥の地」として、世界的にも有名な捕鯨の町です。 

その始まりは、江戸初期(1606年)。紀州太地で捕鯨組織の「鯨組🐳」が設立される。そして和田一族、和田頼元を中心に「刺手組」と呼ばれる捕鯨漁師たちが、太地浦を拠点に沿岸鯨漁を始めました。

延宝三年(1675年)には「鯨を網に追い込む捕鯨法」を、和田頼治が考案しました。これ「クジラ一頭で七浦潤う」と云われた位だからね。乱獲なんかありえなかった。

○古式捕鯨説明サイト⇒http://www24.big.or.jp/~kyusoku/w_old_whaling.htm

(※縄文や弥生時代貝塚から、鯨の骨が数多く出土します)

f:id:minminzemi81:20190704232240j:plain

ザトウクジラのブリーチング

 

そもそも欧米と日本では、利用目的も捕鯨手段も違う

 

幕末になると、欧米諸国(主にアメリカ、オーストラリア船)の捕鯨船が、さかんに日本近海までやって来ました。

当時は「米式捕鯨」と呼ばれる遠洋捕鯨でした。帆船見張り台から肉眼でクジラを捜す。発見したら手漕ぎのボートで漕ぎよせ、鯨に次々と銛を撃ち込むスタイルだった。

この西洋における遠洋捕鯨は、十九世紀から二十世紀前半までがピーク。漁獲目的は「灯火燃料や機械油」に使うため。脂を絞ったら肉や骨などはすべて海洋投棄した、なな、なんてことを!しかも「世界規模で鯨を乱獲」し続けたのです。

そして油だけが目的なので、まず「マッコウクジラ」種が、絶滅寸前の危機に瀕した。次に「セミクジラ」が、1931年には最大種「シロナガスクジラ」の捕獲数がピークをむかえる。

世界全体で800隻程度の捕鯨船が活動し、一隻あたり年間10頭程度捕獲していたらしい。単純計算すれば「年間8000頭」にもなるっ!!

どんだけぇぇぇ~!!

(※デコに大量の脂を蓄えていた。さらに悪いことに「抹香鯨」からは「龍涎香」という香料・医薬にもなる珍品が採れた。その正体はマッコウクジラの「腸内で形成される結石」である。これが高価で取り引きされていたので、マッコウクジラ種のみが執拗に狙われた背景もある)

f:id:minminzemi81:20190705005208j:plain

「どど~ん!!」whale watching!✨

そのあたりの話は、有名な小説「白鯨※1」に詳しく描写されています。この話は、実際に捕鯨船に乗船、捕鯨に従事した「メルヴィルの実体験」をもとにしています。

○映画「モビー・ディック」グレコリーペック主演。“白鯨の描き方”は、ほとんどゴジラ扱い<笑 このMADさは“アメリカ人の精神構造”をよく捉えていますね。あの“アメリカンバイソン”を絶滅寸前※2(レッドリスト)に追い込んだ奴らだからね。

youtu.be

(※1 1851年に発表されたアメリカ文学を代表する作品である。また、たびたび映画化もされている。原題は、英国版が"The Whale"、米国版が"Moby-Dick or The Whale")

(※2 アメリカンネイティヴは弓で仕留めたり、追い詰めて崖から落とすといった伝統的な狩猟法だった。なのでバイソンの個体数は“絶妙なバランス”が保たれていた。17世紀頃に“悪魔のような白人種”が来るまでは…)

最終的には「鯨類資源の減少」と「鯨油需要の低下」から不採算になり、欧米では一気に捕鯨が衰退する。しかし…

 

日本の捕鯨は、随分出遅れていた「古式捕鯨」からの~

 

欧米船による乱獲、その結果として日本近海で鯨の個体数は著しく減少し、日本の古式捕鯨は、壊滅的な打撃を受けることになったのです。

明治十一年(1878年)には、太地において海難事故「大背美流れ」が起った。この大打撃を受け近代捕鯨への発展には、まだまだ時間が必要でした。

その後、捕鯨銃による沿岸捕鯨、鯨解体場の開設、鯨缶詰工場の建設など、次々と改善され、太地町捕鯨産業はようやく軌道に乗りました。

(※覚書『脊美流れ控え』によれば、子連れのセミクジラを追って沖合へと漕ぎ出した鯨取り船団は、遭難事故により百名以上が帰らぬヒトになりました) 

 

そうだった「イルカと、クジラの違い」とは何か

 

まず、クジラはだいたい二種類に大別することができます。鯨の口が髭なのか、歯なのか?「髭クジラ」と「歯クジラ」のツータイプ。

f:id:minminzemi81:20190705015908j:plain

ザトウクジラ

①「ヒゲクジラ」は、口の周りにヒゲを持ち、小魚やプランクトンをガバ飲みします。「髭」タイプ代表種は⇒「ナガスクジラ、ザトウクジラ」

②「ハクジラ」は、頑丈な「歯」で巨大な生物(例えば大王イカとか)も捕食できます。「歯」タイプ代表種は⇒「マッコウクジラ」です。

イルカも歯を持つので②の「歯」タイプになりますね。 

 

まさかっ?! イルカとクジラの差とは…

 

実は「何となく」らしいのです。

「えぇぇぇ、ナニそれ?!」

ひとが見て「チッコイなぁ」思うのが「🐬イルカ」で、ひとが見て「デッカイのう」思うのが「🐳クジラ」その境目はテキトーだった。目安としては、だいたい「体長四~五メートル」あたりで線引きらしい。

f:id:minminzemi81:20190705014055j:plain

イルカは、賢そうだよな

例えば「セントバーナードとチワワ、コレどっちも犬でしょ?」

みたいなハナシなのか <笑

 

○鯨は海の中で「唄い、踊り、遊ぶ」とても愉しそうですね。

youtu.be

 

和歌山県太地町には「鯨魂の永く鎮まりますよう」という願いを込めた「くじら供養碑」が建立されているのです。毎年、四月二十九日(肉の日?)には「くじら供養祭」が行われています。

もちろん日本人は、鯨さんをリスペクトしていますよ。日本での古名は「勇魚 いさな」これは“キングオブフイッシュ”といった感じですかね。

 

○推奨図書/「勇魚」と云えば、この本「C.W.ニコル」さんの名著です。西洋人に日本捕鯨をここまで描かれては、少し気恥しい心持ちがする。

勇魚〈上〉 (文春文庫)

勇魚〈上〉 (文春文庫)

 

 

鯨法会、これが日本人の感性である。 

金子みすずさんの詩『鯨法会』で〆ます

 

鯨法会は春のくれ、
海に飛魚採れるころ。

浜のお寺で鳴る鐘が、
ゆれて水面をわたるとき、

村の漁師が羽織着て、
浜のお寺へいそぐとき、

沖で鯨の子がひとり、
その鳴る鐘をききながら、

死んだ父さま、母さまを、
こいしこいしと泣いてます。

海のおもてを、鐘の音は、
海のどこまで、ひびくやら

 

f:id:minminzemi81:20190810165804j:plain

 

(4300文字、thank you for reading.)