minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

驚愕!未知との遭遇『日航ジャンボ機 UFO 遭遇事件』1986年11月17日 アラスカ上空において【UFO目撃案件】

満点の星をいただく果てしない光の海を、豊かに流れゆく風に心を開けば、
煌く星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂のなんと饒舌なことでせうか。
光と影の境に消えていったはるかな地平線も、瞼に浮かんでまいります。
f:id:minminzemi81:20190907143445j:plain
いや「ジェットストリ~ム」は関係なくて、 UFOの話なのです。しかもなんだか“キナ臭い展開”となる…?

1986年11月17日「JAL ジャンボ機 UFO 遭遇事件」

日航1628便 ボーイング 747は「フランス産のボジョレーヌーボーの大量輸送」のためパリを飛び立った。一路東京へと「アラスカ、フェアバンクス上空」を高度10,600mで、時速900~910kmあたりで巡航していた。

(注/この年の前年、1985年の夏には日航123便御巣鷹山の大惨事があったばかり)

f:id:minminzemi81:20190908223615p:plain

接近遭遇、フェアバンクスと空軍基地との中間点

▷使用機材は「JAL1628 特別便 日本航空ボーイング 747-246F カーゴ機」

▷飛行経路は「🇫🇷フランス(パリ)発→🇮🇸アイスランド(ケプラヴィーク)→🇺🇸アメリカ(アンカレッジ)→🇯🇵日本(成田)着」

日航1628便、コックピットクルー三名 (遭遇当時)  機長 寺内謙寿(47歳)副操縦士 為藤隆憲(39歳)航空機関士 佃善雄(33歳)

f:id:minminzemi81:20190907235529j:plain

B747 JAL CARGO

○当該案件、FAA(連邦航空局)が作成した秘匿文書(1,569ページ)は、しばらく行方不明のままだった。2018年になって「米国立公文書記録管理局」で、その関係文書のコピーが発見された。(※ザ・ブラック・ボルトが開示要求した案件)

そのうちのファイル、日航便機長がアンカレッジにて記述した『Written Statement by Capt. Terauchi [In Japanese]』を採録します。寺内氏は絵心と軽妙な文書を書く方で、レポートの書き出しはこんな一文で始まる。

(※以下、寺内機長が搭乗後に日航社用便箋に記した、証言と図表である)

f:id:minminzemi81:20190908213727p:plain

 

奇妙な出来事の始まり、アラスカフェアバンクス上空 

 

○現地時間の午後17時05分。その日は雲もあまりなく、気流も安定していた。アンカレッジの管制塔とコンタクトし、タルキートナへ進路(南方)を取った直後、日航機はとてつもない「奇妙な光」と遭遇することになるのだ。

 

f:id:minminzemi81:20190907024826p:plain

 

○コックピットクルーの三人は日航機の左30度前方、下方600mほどの場所を先行する二つの光の帯を見つめていた。この謎の灯火は、航空標識みたいに想えるが、もちろん違う。空中に浮かんでいるのだから。ある意味、オカルティック!

 

f:id:minminzemi81:20190907021348p:plain

最初、光の帯のような長方形だった

 

○当初は、特別任務の軍用機か何かだと思って、機長もあまり気にとめていなかった。ところが、いつになっても飛行位置を変えないことが、気掛かりになってきた。そして副操縦士が、アンカレッジ管制センターに滞空エアの存在を尋ねる。

 

f:id:minminzemi81:20190911145028p:plain

日航機とアンカレッジ管制との交信記録

 

○やがてその動きが、「二匹の小熊がじゃれあいする」ように動き出したという。日航機に対して、さかんにアピールしだしたのだ。 

やがて機長も「UFOかもしれない」と思い始め、所持していたフィルムカメラで写真を撮ろうとした。しかしカメラはレンズの伸縮を繰り返し、AFシャッターが切れないなどの異常を示し、結局撮影をあきらめたという。

 

瞬時に日航機の前面に移動した、二機のUFO。意図が解らない

 

○それからしばらくして、航空機の前方に突如として「二機のUFO」が正面に現れた。高速移動して、しかも前面の一点に静止したまま、動かなかった。その時の様子を、機長は次のように記述している。

 

f:id:minminzemi81:20190907022510p:plain

 

○UFOを認識して七分たった頃『突然、全く突然に我々の顔面に、二隻の宇宙船が静止してさかんに光をはなっている。コックピットの中も明るくなるし、顔も少々ほてる感じがする。高速移動したためその慣性を殺すための噴射なのか、眼前の一点に静止したまま見事に動かない。3~7秒ぐらい経過し、我々と同速で定速運動に入ると焔のような噴射はやみ、小さな円形の光になった。なんと排気孔が大量に見えるではないか』機長は冷静に、UFOの観察を続けている。

 

f:id:minminzemi81:20190907122652p:plain

ジャンボ機の正面位置に見えた

 

○やがて機長は、目の前でまばゆく光る物体に大量の排気孔があるのに気付いた。しかしエンジン部分は、見えなかったという。機体バランスを保つためか排気孔からの噴射は、強くなったり弱くなったりしていたらしい。

 

f:id:minminzemi81:20190907124929p:plain

 

○航空機の胴体みたいな円筒形で、回転しながら排気?して推力を得るシステム、そして大量に並ぶ噴射孔だけで、姿勢制御出来るらしい。この時代、いや、いまの航空技術でも、存在したとは考えずらいシステムだった。

 

f:id:minminzemi81:20190907125233p:plain

 

○そしてアンカレッジ航空管制に、再び副操縦士が問い合わせた。しかし管制からの応答は「周辺空域にはJAL1628便以外に機影はない」というものであった。

管制官からの「ビーコンの色はなんだ?」との問いかけに「白と黄色と、思う」と応える「自分が見えているものが地上レーダーに捕捉出来ない?」クルー達の疑心暗鬼が、この後も続くことになる。

 

f:id:minminzemi81:20190911024958p:plain

日航機とアンカレッジ管制との交信記録

f:id:minminzemi81:20190907130205p:plain

 

○ジャンボ機WXレーダー(機上気象レーダー Onboard/Airborn WX Radar)で“謎の航空機体の捕捉”を試みる。レンジミニマム、フォワード、チルト水平位置。すると画面上に現れたものとは“驚愕すべきモノ”だった(曲線ライン、5マイル刻み)。

 

f:id:minminzemi81:20190907021652p:plain

7~8マイルに緑の円形で表示された

 

○自機WXレーダーに捉えた「緑色の物体」の意味は、雲や霧であり、金属製ではないことを示している。航空機は、エコー画面に通常赤色で表示される。

 

f:id:minminzemi81:20190907161633p:plain

 

○二機編隊で優位な位置取りをするUFO、一定のスペースをとり追従する。それだけだと要撃機のスクランブルみたいだが、やがてその正体を顕すこととなる。

 

f:id:minminzemi81:20190907152403p:plain

f:id:minminzemi81:20190907145043p:plain

トゥーリバースを過ぎたあたりで

 

日航機は、フェアバンクス市街地上空にさしかかった。そこに現れたモノとは! 

(※良くある勘違い/ UFOは「unidentified flying object、未確認飛行物体」の略称。なので「変な宇宙人が円盤に乗って地球にやってくる」ことだけを指す訳ではありません)

 

突然、姿を現した母船型UFO、そのサイズに驚愕す!

 

○機長手記によれば、直径がジャンボ機の3~4倍にもなる「巨大な球形型UFO」で、航空母艦のサイズだったという。危機感を覚えた機長は、フェアバンクス上空で360°右旋回して逃れようとしたが、ずっと日航機と左後方に併航してくる。

(※米航空母艦エンタープライズ(CVN-65)で、長341m、ジャンボ機は長70mほど)

 

f:id:minminzemi81:20190907021610p:plain

機長の説明ではUFOは、とてつもないサイズ

 

○その後、アンカレッジに向かう日航便が、ユナイテッド航空機とすれちがった。するとUFOは突然反転し、今度はUAL機の追尾を始めた。同機がフェアバンクスに着陸すると、どこかにUFOは消失したという。またこのUFO騒ぎを聞きつけた「空軍のC-130H輸送機」が、現場に近接したが当該物体は確認出来なかった。

 

f:id:minminzemi81:20191006022100p:plain

UAL機に状況チェックを依頼する

f:id:minminzemi81:20190907173958p:plain

 

○アンカレッジ着陸後には、アメリカ連邦航空局(FAA)により、機長の事情聴取が行われチェックされた。寺内機長については「酩酊、薬物などの可能性がない」ことが証明された。しかし、この話はまだ終わらないのです。

 

日航機UFO遭遇/再現シュミレーター動画。当該UFO機がまるで「ステルス爆撃機のB2」みたいになってますね。ワザとなのかな? もしくは「TR-3B」とか??

youtu.be

(※B2スピリットの初飛行は、1989年7月17日となる。運用配備が1997年。全長21.03m、全幅52.43m、全高5.18m、最高速度は約1,000km/h、生産コストが高額だったので量産されなかった)

 

後日談は、すったもんだの末、残念な結果に

 

ところが、日航便の副操縦士は「光は見たが飛行物体の形は、確認できなかった」と証言。航空機関士に至っては「何も見ていない」と、ハッキリ証言している。寺内機長は「機内が照らされて熱も感じた」と述べている。しかし副操縦士も機関士も「そんなことはなかった」とキッパリ否定。ん、そうだよなぁ…

 

f:id:minminzemi81:20190907174349p:plain

 

日本をはじめ世界各国の新聞やテレビ、週刊誌で採りあげられ大きく報道された。ところが突然「これはUFOではなく、惑星を機長が見間違えたもの」とする論調が、マスコミを介してリリースされた。惑星…?なんだそれ、ありえないけど。

なおこの機長は、この事件の前後にも「UFO目撃談」を語っており、この事件の後でも再びアラスカ上空で「UFO」を目撃している。どんだけぇ~!

寺内機長はその後、地上勤務に異動となった…あぁ。

 

それから時が流れ、忘れた頃にある発表があった 

 

2001年のこと、FAA職員であり当時、事故調査部長だったジョン・キャラハンが「JAL1628便UFO案件」を裏付ける証言をした。

実際には、日航機がアラスカ上空で遭遇したUFOは、地上レーダー上でも捕捉され、機長の要請に呼応する形でFAAがレーダー追跡して、管制が記録をとっていたという。

当時、キャラハンは資料と記録をFAAの技術センターに移送させ、模擬管制室を用意し録音やデータを元に、管制経過をリアルタイムに再現した。

 

▷再現ドキュメント「JAL Flight 1628」クルー目線で、状況変化がわかり良い作り方をしている。日航機は、かなり危機的状況にあったように思える。

youtu.be

そしてFAA所長である、元海軍中将ドナルド・D・エンゲンに、再現された「レーダースクリーン状況」のビデオを見せたらしい。すると所長は大慌て、その夜の予定を全てキャンセルし「大統領に面会する」と言い残し出て行った。

当時の大統領「ロナルド・レーガン」に、キャラハン他、FAA関係者22名、FBIから3名、CIAからも3名、が召集され会議が開かれた。

会議後、参加者全員に対して「CIAから緘口令が宣告」された。「本事件は存在せず、この会議も開催されなかった」と。さらに、FAAが会議に提出した資料や、レーダー記録等はCIAらにより全て持ち去られた。

しかし、FAA側は「報告書や録音テープ、再現状況録画ビデオ」などの、原本を保有していた。これらには提出を命じられなかったので、キャラハンらは保管し続け、後に資料を公表したことから明るみにでたのでした。

 

▷ジョン・キャラハンが証言しているビデオ。なにやら「米軍と政府の動きが怪しい」みたいだ、とキャラハンは述べている。日本語字幕付きです。

youtu.be

レーガン大統領は、「UFO遭遇事件の一連の報道」に対して、アメリカ国内のマスコミに圧力をかけはじめたのだ。

ひぇ~、マジモンの「MIB案件※1」だったか。道理で寺内機長が急にトーンダウンしたワケだ。でもこれで、逆に信憑性が増したよね。

それで、謎の巨大な光の正体は「HAARP兵器」による「何らかの秘密実験※2」とする説が、かなり濃厚なのです。なぜなら目撃場所が、アラスカ…。

f:id:minminzemi81:20190907151530p:plain

空の旅は、ご安全に

(※1 メン・イン・ブラック、Men in Black、MIB、とは「UFOや宇宙人などの目撃者・研究者」の前に突然現れ、警告や脅迫を与えたり、さまざまな圧力や妨害を行う“謎の組織”である。最近では「BOSS」のCMに、MIBのジョーンズ氏が出演していた)

(※2 HAARPは「高周波活性オーロラ調査プログラム」の頭文字であり、アメリカ合衆国 アラスカ州 ガコナにある。HAARPは、陰謀論を信じる者にとって“疑惑の総合商社”となっていた。この研究には米海空軍も参画していた。つまり表の顔と裏の顔がある。アラスカ州にあるHAARP研究施設(建設は80年代から)には、2億9000万ドル(約313億円)もの投資がなされたという。また、閉鎖されたという話もある)

 

▷参考/近年になり、米海軍が認めたUFO流出映像「Gimbal」

いまだに「UFOがいるか?いないか?」と議論したがるヒトがいるが、間違いなく、物理的に、存在しているのだ。問われているのはその正体、コレいったい何なの??

youtu.be

二機の「F/A18F スーパーホーネット 攻撃機」が、サンディエゴ沖の通常訓練中「複数の特異な航空機械」と表現された飛行体の調査を指示された。

パイロットはこの「航空機械」が高度6万フィート(約18,000m)付近から50フィート(15m)まで瞬時に降下したと報告。パイロットのひとりによれば、白いティックタック(ミントキャンディー)のように見えたという。 (出典ニューズウィーク)

 

おまけコーナー/ガンバレ日本航空! <与太話>ですよぉ~♪

 

▷『新説発表!』

この事件のポイントは、日航カーゴ機の積荷が「フランス産のワイン」だったことにある。エイリアンは「’86産 フランスの新酒」を、いちはやく「飲んでみたかったぁ~!」のです。そうなのです、11月の第三木曜日には「ボジョパ~♪」なのだ<笑 

(※ちなみに’86年度産のボルドーは“当り年”らしいですよ。 シャトーマルゴー☆ビンテージ 五つ星推し!Merveilleux✩.*˚いやしかし、お値段が…)

 

▷『事件補足』

民間機や航空自衛隊などでは、パイロットが飛行中「未確認飛行物体」を目撃すると「正式に記録や報告をしない」ことが慣習となっているらしい。その理由は…「良くて地上勤務、ヘタすると基地外扱い」なのである。ひどいわぁ、基地外に出禁なの?! (白目)

 

▷『機長挨拶』

こんなパイロットがいる航空会社が、ダメなワケがない…と、思いたい。

日本航空機長による感動アナウンス - YouTube

 

▷『ジェットストリーム

当時、大好きな番組でしたね。いまはもうアレだけど。

ジェットストリーム(夜間飛行)城達也 - YouTube

♪ミスターロンリー

『遠い地平線が消えて 深々とした夜の闇に心を休める時
遥か雲海の上を 音もなく流れ去る気流は
限りない宇宙の営みを 告げています

満点の星をいただく果てしない光の海を
豊かに流れゆく風に心を開けば
煌く星座の物語も聞こえてくる 夜の静寂の
なんと饒舌なことでしょうか

光と影の境に消えていった はるかな地平線も
瞼に浮かんでまいります

日本航空があなたにお送りする
音楽の定期便「ジェットストリーム

皆様の夜間飛行のお供を致しますパイロットは
わたくし城達也です』

…では、皆さま さようなら。

 

参考/ The Black Vault、ウキペディア (6000文字)