minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ ノシ

ウソップ物語「アリとキリギリス」です【労働問題説話】

アリとキリギリス

ウソップ・スットコ・ドッコイ 原作 

 

☀️ある暑い夏の日のことでした…

 

キリギリスは、バイオリンを弾き歌を唄うミュージシャンでした。一方アリ達は、一生懸命荷物を運ぶ「アリ印の運送屋(末尾に詳細記載)」だったのです。ある日のこと、キリギリスは毎日せっせと働くアリたち眺めて、KY発言しました…

🎻「食料をわざわざ運ばなくても、スーパーに沢山あるじゃな~い?」

 

f:id:minminzemi81:20200403174216p:plain

 

すると、アリ達は口々に「いまは沢山あるけど、冬になると食べ物は、なくなって仕舞うっぺ」とか「んだ、トイレットペーパーもだべ」と、ウインクして答えようとしたら、マブタがないコトに気づきました。

キリギリスは「まだ夏は、始まったばかり。楽すくサマーバケイションしようぜぇ~」汗だくのアリたちをチョット馬鹿にし、ゴーツートラベル!バイオリンで「睡蓮花」を弾きました。ノリノリ~名曲♪です。

▽上がりまくる季節が来た!ヤバくなれるのは、誰? 俺! 俺! 俺! 俺! Ole! Ole! フィ~♪


YouTube

 

やがて秋となる。キリギリスは唄っています

 

とうとう雪が舞いちる、寒い冬がやってきました。なんと「緊急事態宣言」雷舞ハウスも、とうに閉鎖されてしまいました。オーマーガーなんてこったい!

『♪雪の降る街ぉ、雪の降る街…ガクシ』

キリギリスは、慌てて食料を探しますが、すでにスーパーには何もありませんでした。これは悪い誰かが、買い占めたのかもしれませんね。それでお腹がペコペコで、困り果てたキリギリスは、夏場にアリが食料を集めていたことを、ハタと想い出したのでした。それで、少し食料を分けてもらおうと、アリん家をこっそり訪ねたのです。アリんちの前で、キリギリスは夏の間に猛烈に働いていたアリ達を、薄笑いでディスってしまったことに気付きました。

『虫付き合いは普段が大事✨』

婆ちゃんキリギリスに教えてもらった警句も、想いだしました。悔やんでも時すでにお寿司🍣食べたい♡

f:id:minminzemi81:20200403180544p:plain

 

「これでは、食料を分けてもらえないかなぁ…だろうなぁ…」ところが、家をノックをしても、誰も出てきませんでした。それでも、かまわず中に入ってみると。「ア、リィ~?」

真夏の重労働がたたり、アリ達はチ~ン

どうやら、過労死したようでした。

「👼What the hell ?!」

 

皆さん、くれぐれもブラック企業に、気をつけねばなりません

 

キリギリスは、アリ達が残してくれた食料で食いつなぎ、何とかひと冬を越すことが出来ました。そして、感謝のしるしとして、キリギリスは「残酷な自然のテーゼ」を高らかに唄いました。

『残酷な  自然のテーゼ  巣穴からやがて飛び立つ  ほとばしる熱いパスタでぇ  思ひ出を裏切るなら  この宇宙を抱いて輝く  アリさんよぉ  神話にな~れっ!』コラコラ、ギリギリッス! でも、Good job👍繰り返す公開中止。めでたし、めでたし…なのか?いやそれは違う。

f:id:minminzemi81:20200403183743j:plain

まだわからんよ

▷参考/アリのマーク引越し社は、ブラック企業

「アリさんマークの引越社」社員が起こした訴訟 会社からの和解案に愕然 - ライブドアニュース

(1300文字、thank you for reading.)