minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

アメリカ空軍に39年間もエンジニアとして勤めた、レイモンド・スジマンスキ氏が「ロズウェル事件」の真相を語る!【UFO告発案件】

いまや、常識カモ?!「見よ!あれが空飛ぶ円盤なのである!」ゆん ゆん ゆ…

ついに米軍が「UFO案件」を認めたようですよ!そんなこと初めてのことじゃないかな。いまだに「UFOがいるか?いないか?」と議論したがるヒトがいるが、いやいや物理的に、それは間違いなく「存在している」のだ。それで…いま問われているのは「その正体」なのです!「ムムっ」そうだ、いったい何なのアレ??

f:id:minminzemi81:20191006171729j:plain

レイモンド・スジマンスキー氏

胡散臭い…有名な英紙「The Sun」の報道によると、39年前にエンジニアとしてライト・パターソン空軍基地に配属されたスジマン好き氏(仮名)は、当時の教育係から「ワエらのえいりやんのこと、知っちゃ~るかえ?」と、予想だにしなかった和歌山弁で聞かれた。←コラコラ<笑

 (※このザ・サンは、英国を代表する日刊タブロイド紙。世界でもっとも発行部数(日本除く)が多い。なので、大衆に与えるインパクトは、色んな意味でとても大きいのです)

 

~只今、The Sun風に、お届けしております~

 

○スジマン好き氏(仮名)が言うには、米オハイオ州デイトンにあるライト・パターソン空軍基地の地下にロズウェルで回収された「生きたエイリアン」と「死んだエイリアン」と「普通のエイリアン」を隠蔽するための“トンネル”が掘られていたという。

 

○このトンネルとは、hangar下を繋ぐ連結部か?地下壕なのか? 基地「地下構造物」のことと思われます。そして、ライトパターソンには、昔より“hangar 18”伝説があります。

以下、情報を補足していきます。

(※hangarとは、腹ペコでもなく、服を引っかけるヤツ、でもありません! 飛行機の格納庫を、何故かカッコつけて“ハンガー”と呼びまする。意味はたしか…田舎小屋みたいな、なんやソレださっ<笑)

 

そもそも「UFOとは、なんですのん?」

 

「え~、そこからでスカ?」そう~なんです、川崎さん。ではでは、チョッチだけ<用語解説>いたします。

それで、よくいう「未確認飛行物体、U.F.O.」は本来、軍事的なスラングで、航空管制が把握できない航空機、ミサイル、気球などを指す航空用語でした。なので“国家の安全”のために「戦闘機のスクランブル要撃対象」となります。メッチャ怖いです!

f:id:minminzemi81:20191014020239p:plain

F-4ファントムII 戦闘機(手前)Tu-95 偵察機(奥)

軍事用語での「未確認飛行物体」スクランブルで出撃した米軍「F-4ファントムII 戦闘機」にインターセプトされた、ソ連軍「Tu-95 偵察機」現認されるまでは「UFO、未確認飛行物体」だった。 (出典、ウキペディア)

f:id:minminzemi81:20191012074418j:plain

F/A18 スーパーホーネット

▷参考動画1/米軍が「UFO案件※」を正式に認めた「Go Fast」海軍のF/A18スーパーホーネットスクランブルした、未確認飛行物体の映像です。「超高速飛行するUFO」を見たパイロットの、興奮した音声も入っています。(2015年1月撮影)

youtu.be

また海中に潜む未確認物体を「U.S.O.(未確認潜行物体 Unidentified Submerged Object)」と呼びます。最近はこちらが、がぜん注目されています。海にいるUFO。

一方、雑誌やテレビメディアでは「エイリアンが乗る、地球外からの飛行体」といった特殊な意味で「U.F.O.」と呼んでいます。目撃された形状から「Flying saucer、空飛ぶ円盤」が当初、使われていました。ですから少しだけ、イメージが違いますね。

(※早稲田の大槻教授に云わせれば、すべては“プラズマ現象”で片がつくらしいが…違うと思ふ)

 

ライトパターソン空軍基地は「UFOの聖地」だよ

 

▽ライト・パターソン空軍基地 (Wright-Patterson Air Force Base)とはアメリカ、オハイオ州にある、全米最大級の空軍基地なのです。基地名は、世界初の有人飛行を行った「ライト兄弟」と「フランク・S・パターソン」にちなんで名付けられました。

f:id:minminzemi81:20191006172648p:plain

まさに「航空史を飾るに相応しい場所」ですね。ライト兄弟が飛んだ「ハフマンプレーリー」が滑走路エンドにあります。基地の南に“アメリカ空軍博物館”や“付属ゴルフコース”まで備え、横っちょには“MAD”川が流れている。Wow…こりゃ、なかなかやでな。

○特筆すべきは1994年に、ライトパターソン空軍研究所が「ゲイ爆弾」と呼ばれるビッくら珍妙兵器の開発のため、政府に750万ドルもの予算を要求したことがあります。リンク↓は、その記事ですよ。も~コレは、爆笑ダナ。

minminzemi81.hatenadiary.j

 

ライトパターソン基地に、隠されていたものとは?!

 

○世にも悪名高い「ライトパターソン空軍基地」昔からUFOといえば「エリア51」と並んで、必ずこの名前が登場します。それくらい「UFO案件とは、切っても切れない関係」がある、いわゆる“UFOの聖地”なのですね。

(※2013年、米CIAが情報公開請求に基づき、資料公開という形で「エリア51の存在」を公式に認めた。実はいままで「一般販売の地図」や「Google Earth」にまで所在地は記載されていた。しかし、なぜか米政府や米軍は何十年も「エリア51」の存在をまったく認めなかったのです。疑惑臭がプンプン、UFOマニアもプンプン)

この辺りの話は、UFO👽マニアなら「あたりまえだのあっちゃん話」なれど、UFOにあまり興味ない人には「え~なんのこっちゃ??」となるので、なるべく噛み砕き、テゲテゲでお伝えいたします!あ、いや、結構ムズいコトですね。笑

 

さて、スジマン好き氏(仮名)は「1947年のロズウェル事件で、墜落したUFOとエイリアンを精査するため、ライト・パターソン空軍基地に移送。それらが“地下の秘密トンネル”にいまも保管されています」と、衝撃的なビッくら発言をしたのです。

さらに、スジマン好き氏(仮名)によると、どうやらこのことはライト・パターソン基地内では“周知の事実となっている”らしく、先程の教育係も「ほいて、基地で働いちゃ~たらな、だえでも知っちゃ~るでぇ!」と和歌山弁でいいました。←をいをい!<笑

 

▷参考動画2/「ufo hangar 18」まるで出来の悪いSF映画みたいだが…なんだろねぇ、これは?! しかも繰り返し流れる「We are your friends」トモダチ作戦か?<爆

youtu.be

なので“隠蔽された宇宙人”に興味を持ったスジマン好き氏(仮名)は、ライト・パターソン空軍基地の“秘密のベール”をツッコミ調査してみたらしいのです。

すると、同基地内の海外技術部門(Foreign Technology Division)に、空軍の公式UFO調査機関である「プロジェクト・ブルーブック」が存在していたことが解った。

これは、ビンゴ!!

プロジェクト・ブルーブック(Project Blue Book)とは、1952年から1969年にかけて“実際に活動”していた、アメリカ空軍の「UFO研究セクション」だったのです!

(※米空軍のUFO調査機関。48年には「プロジェクト・サイン」を設置、のち「プロジェクト・グラッジ」と改名、52年には「プロジェクト・ブルーブック」と再編され、69年までUFO調査が継続された)

 

ハイ、盛り上がってまいりました!

 

「ブルーブックリポート No.13」案件、1977年のことです。この年「ブルーブックリポート No.13」が、アメリカ空軍(ライトパターソン空軍基地)の情報部員に配布された。

そこには「アメリカ政府と宇宙人との接触」などが記載されており、グレイタイプの大型サイズである「ラージ・ノーズグレイ」やや小型サイズである「リトル・グレイ」の記載があった。

(※まるで魚のblack bus「ラージ・マウス」や「スモール・マウス」みたいだが、“相手は宇宙人”なのである。これ結構ヤバい案件だ)

MJ-12メンバーが直接接触したものとして「人間そっくりのブロンドの美人、背が高い宇宙人(ノルディック星人か?)」や、「人間クリソツのオレンジ髪の宇宙人(クラリオン星人か?)」その他様々な宇宙人も過去には居たらしい、都合57種くらい?どんだけぇ~!

(※マジェスティック・トゥウェルヴ(MJ-12)とは、ロズウェル事件等UFO案件に対処するため、トルーマン大統領が1947年に「MJ-12委員会」を設置した。アメリカ合衆国の政府高官や科学者など、12人の専門家で構成されており「世界を陰で操っている」と噂される謎の組織なのです。「ヱヴァ」でいえば「ゼーレ」ですね)

f:id:minminzemi81:20191009214813p:plain

いわくつきの宇宙人の解剖?!

また、宇宙人の解剖写真や生きた宇宙人の写真、UFO内部構造の写真なども記載があったというのです。「うわぁ、マジですか…キモ😱」

  

そう、すべての疑惑は「ロズウェル事件」から始まる

 

遡ること1947年、米ニューメキシコ州 ロズウェルでUFOが墜落しました。墜落現場では、四体の宇宙人が回収された。その外見は人間離れしていて、灰色の体色、身長は1.2m、頭だけが異常にデカくて、アーモンド型の大きな瞳に小さな鼻と口を持つ。

f:id:minminzemi81:20191007050048j:plain

グレイタイプ想像図

そのうちの一体は、かろうじて生きており手当された。1980年頃にあったという「宇宙人との会見時まで生きていた?!」その後に、お迎えの宇宙人に引き渡されたらしい。

その宇宙人は地球人類とは全く異なる生物であり、いまでは一番よく知られている「👽グレイタイプ」と呼ばれる宇宙人だった。

そうです、いま思えば、1978年に日本公開された『未知との遭遇 Close Encounters of the Third Kind』は、ヘンテコな映画だった。あれは、捕えられたグレイタイプ宇宙人の「返還物語」だったのだ、と思いますね。

▷参考動画3/『未知との遭遇』⇒Close Encounters of the Third Kind (6/8) Movie CLIP - Communicating with the Mothership (1977) HD - YouTube

スピルバーグアメリカ政府と共謀?し「宇宙人との遭遇による人々のショック」をやわらげる意図があった。そしてきっと、実話(グレイタイプとのコンタクト)をベースに、この映画を構成したのでしょう。

f:id:minminzemi81:20191006212207j:plain

ロズウェルのUFO墜落現場といわれる写真

さてこの事件が“一般的に知られるきっかけ”となったのは、1947年7月8日にロズウェル陸軍飛行場(Roswell Army Air Field)が発表した、簡単なプレスリリースからでした。

このリリースの中で「第509爆撃航空群の職員が、ロズウェル付近の牧場から“潰れた空飛ぶ円盤”を回収した」と、発表しました。まだまだマスコミ対策が、ユルユルの時代だった。新聞に『RAAFは、ロズウェルの牧場で“空飛ぶ円盤”を捕獲した』ババ~ン!!

f:id:minminzemi81:20191007061538j:plain

ロズウェル・デイリー・レコード紙

(※ reference ⇒第509混成部隊 - Wikipedia 広島・長崎へ原爆投下したことで有名な爆撃部隊)

ところがその数時間後、第八空軍司令官はこの発表をすぐに撤回「RAAFの職員が回収したものは、空飛ぶ円盤などではなく、気象観測気球であった」と急ぎ訂正した。もちろんいまでは、気球などではないことが判かっている。では、本当は何だったか?

 

 ▷参考動画4/「ロズウェル事件の真相 1~4」このロズウェル事件、知れば知るほど、興味をそそられる話です。いったい“hangar 18”とは何なのか?!

youtu.be

(※「MUFON」は、1969年に設立されたUFOの世界最大の調査組織。世界42ヵ国に支部を持ち、過去50年にわたってUFOに関する資料を集め続け、七万にも及ぶファイルは「HANGAR 1」と呼ばれる倉庫施設に保管されています。ムーフォンは民間の団体なので“比較的信用”できます)

 

▷参考動画5/ 「SOM-1-01 宇宙人取扱マニュアル 1~4」米軍のUFO案件、その対処マニュアルが発見された!そして回収されたエイリアンが、眠る場所とは?!

youtu.be

(※上の動画4&5はツッコミ所満載ですが、今回はスルーです。沼りますので、笑)

 

宇宙人のお墓の場所まで判っているらしいよ


○スジマン好き氏(仮名)よれば、トンネルに続き“貯蔵庫”らしきものも、見たという。しかし、その中に入り保管されているという“エイリアンの姿”を見ることはできなかった。この基地内には、最新鋭の“気候制御施設”や地下深く“低温施設”を所有しているという。これが「UFOやエイリアン」存在の“何よりの証拠”であると氏は主張している。

さらになんと、同基地内でエイリアンが埋葬された場所が四つもあり、スジマン好き氏(仮名)いわく、海外技術部門に隣接した駐車場の地下にも「👽身長2.4mの宇宙人の遺体」が埋葬されていて、さらに「👽身長1.2mほどのエイリアン」も埋められている場所まで判っているらしい。なんとな!

そして、真夏でも黒いスーツに身を包んだ「メン・イン・ブラックの男」たちに三回ほど尾行もされたと自慢する。Mibが登場するなら、こりゃホンモノだよ…ね??

▷『Mib』は、だいたいこんな感じですね⇒ Will Smith - Men In Black - YouTube

 

○参考動画6/懐かしの『矢追純一👽UFOスペシャル(1980年2月28日)』 ライト・パターソン空軍基地の「hangar 18」にあるという宇宙人と「メン・イン・ブラック」について言及しています。⇒https://youtu.be/5rg567ndSG8

 

▷参考動画7/そうそう、忘れちゃいけない最重要案件があった。日本で「UFO」といえば、「ピンク・レディー」彼女たちの“最大にして最高のヒット作品”がコレ。当時の「女子小学生は、全員振付けをマスターした」というぐらい社会現象を引き起こしました!

youtu.be

△振付けマスター用の「ミラー反転ver.」まである。さぁ、踊ってみよう♪あ~そうそう、あと日清の焼そば!コレがまた…まさに「UFO✋現象」恐るべし!

 

○併せて読みたい、いやぜひ、読んで頂きたい! 日本の日航機がアラスカにて、UFOと遭遇した不思議な話。『日航ジャンボ機UFO遭遇事件』↓↓

○参考・引用/The black vault、TOCANA、ウキペディア

わりと愉しい<閲覧注意>⇒知的好奇心を刺激するニュースを配信 TOCANA

 

(6000文字、thank you for reading.😊UFO is nearby!)