minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ ノシ

米空軍に39年間エンジニアとして勤めた、レイモンド・スジマンスキ氏「ロズウェル事件」真相を語る【UFO告発案件2】

いまや、常識カモ?!「見よ、あれが空飛ぶ円盤なのである!」ゆん ゆん ゆん…

ついに米軍が「U.F.O.案件」を認めたようですよ!そんなこと初めてのことじゃないかな。いまだに「U.F.O.がいるか、いないか?」と議論したがるヒトがいるが、いやいや物理的に、それは間違いなく「存在しているのだ」ピシッと。

f:id:minminzemi81:20191006171729j:plain

レイモンド・スジマンスキー氏
…いま、問われているのは「その正体」なのです。そう、いったい何なのよ~アレ??

胡散臭い高名な英紙「The Sun」の報道によると、39年前にエンジニアとしてライト・パターソン空軍基地に配属されたスジマン好き氏(仮名)は、当時の教育係から「ワエらのえいりヤンのこと、知っちゃ~るかえ?」と、予想だにしなかった和歌山弁で聞かれた。←コラコラ 笑

 (※このザ・サンは、英国を代表する日刊タブロイド紙。世界でもっとも発行部数(日本を除く)が多い。なので、一般大衆に与えるインパクトは、色んな意味でとても大きいのです)

只今「The Sun風」に、お届けしております!今回の趣旨で御座いますのでご了承ください。

○スジマン好き氏(仮名)は語る。米オハイオ州デイトンにあるライト・パターソン空軍基地の地下に、ロズウェルで回収された「生きたエイリアン」と「死んだエイリアン」と「普通のエイリアン」を隠蔽するための「トンネルが掘られていた」のだ。

○このトンネルとは、hangar下を繋ぐ連結部なのか?地下壕なのか?何であれ基地の「地下構造物」と思われますが。

○そして、ライトパターソンには、昔より“ hangar18”伝説が存在しました。以下、U.F.O.情報を適宜補足説明していきます。

(※hangarとは、腹ペコでもなく服を引っかけるヤツ、でもありません! 飛行機の格納庫を、何故かカッコつけ“ハンガー”と呼びまする。その意味はたしか、物置小屋、ダサっ笑)

 

そもそもU.F.O.なんですのん?

 

「えぇ~そこからでスカぁ~?」そう~なんです、川崎さん。ではではチョッチだけ「用語の解説」をいたしますよ…よくいう「未確認飛行物体、U.F.O.」は、元々は軍事分野のスラングで、航空管制が把握できない「航空機、ミサイル、気球」などを指す航空管制用語でした。なので“国家の安全”のためにU.F.O.は「戦闘機のスクランブル要撃対象」となります。これメッチャ怖いコトなのです!

f:id:minminzemi81:20191014020239p:plain

F-4ファントムII 戦闘機(手前)Tu-95 偵察機(奥)

軍事用語での「未確認飛行物体」。スクランブルで出撃した米空軍「F-4ファントム II 戦闘機」にインターセプトされた、ソ連軍「Tu -95偵察機」。視認されるまでは「U.F.O.未確認飛行物体」だった。(出典、ウキペディア)

f:id:minminzemi81:20191012074418j:plain

F/A18 スーパーホーネット

▽参考動画 1/米軍が「U.F.O.案件※」を正式に認めた「Go Fast」。海軍のF/A18スーパーホーネットスクランブル、撮影した未確認飛行物体の映像です!「超高速飛行するU.F.O.」を見たパイロットの、やたら興奮した音声も入っています。まずはご覧あれ!(2015年1月の撮影)

youtu.be

また海中に潜む未確認物体を「U.S.O.(未確認潜行物体 Unidentified Submerged Object)」と呼びまする。近年はこちらが注目されていますね!海中にも存在しているU.F.O.です。一方、雑誌や映画、テレビメディアでは「たこ風味エイリアン」が乗る、地球外からの飛行体といった“特殊な意味”で「U.F.O.」と呼んでいます。目撃された形状から「Flying saucer、空飛ぶ円盤」が発見当初使われていました。なので少しだけ、対象物のイメージが違いますね。

(※元早稲田の大槻教授に云わせれば、すべては“プラズマ現象”で片がつくらしいが…全く違うと思います)

 

ライトパターソン空軍基地はU.F.O.の聖地!

 

▽ライト・パターソン空軍基地 (Wright-Patterson Air Force Base)とは、アメリカ、オハイオ州にある、全米最大級の空軍基地なのです。基地名は、世界初の有人飛行を行った「ライト兄弟」と「フランク・S・パターソン」にちなんで名付けられました。

f:id:minminzemi81:20191006172648p:plain

まさに航空史を飾るに相応しい場所ですね。ライト兄弟が飛んだ「ハフマンプレーリー」が滑走路エンドにあります。基地の南側に“アメリカ空軍博物館”や“付属ゴルフコース”まで備え、その横っちょにはMAD川が流れています。Wowこりゃ、なかなか良き!特筆すべきは1994年に、ライトパターソン空軍研究所が「ゲイ爆弾」と呼ばれるビッくら珍兵器の開発のため、政府に750万ドルもの予算を要求したことがあります。いったい何に使った?

 

ライトパターソン基地に、隠されていたものとは?

 

○世にも悪名高い「ライトパターソン空軍基地」昔からU.F.O.といえば「エリア51」と並んで、必ずこの名前が登場します。それくらいU.F.O.案件とは切っても切れない関係がある、いわばU.F.O.の聖地なのです!この辺りの話はUFO👽マニアなら「あたりまえだのあっちゃん話」なれど、U.F.O.にあまり興味ない人には「えぇ~なんのこっちゃ?」となるのですね。んで、なるべく噛み砕き、テゲテゲでお伝えします!あっ、いや。結構ムズいコトですね、こりゃ困ったなあ。

さて、スジマン好き氏(仮名)は『1947年のロズウェル事件で墜落したU.F.O.とエイリアンを精査するため、ライト・パターソン空軍基地へ移送。それらが“地下の秘密トンネル”にいまも保管されています』と、衝撃的なビッくらポン発言をしたのです!

さらに、スジマン好き氏(仮名)によると、どうやらこのことはライト・パターソン基地内では「周知の事実」となっているらしく、先程の教育係も「ほいてよ、基地で働いちゃぁ~たらな、ダエでも知っちゃるでぇ!」という和歌山弁で←またか!<笑

(※2013年。米CIAが情報公開請求に基づき、資料公開という形で「エリア51の存在」を公式に認めた。実はいままで「一般販売の地図」や「Google Earth」にまで所在地は記載されていました。しかし、なぜか米政府や米軍は何十年も「エリア51」の存在をまったく認めなかったのです。疑惑臭がプンプン、U.F.O.マニアも激おこプンプンだ)

▽推奨動画2/「ufo hangar18」まるで“出来の悪いSF映画”みたいだが。コレは気になります!しかも繰り返し流れる呼び掛け「We are your friends」米軍トモダチ作戦なのか。

youtu.be

それで、“隠蔽された宇宙人”に興味を持ったスジマン好き氏(仮名)は、ライト・パターソン空軍基地の“秘密のベール”を、大胆にもツッコミ調査したらしいのです。すると、同基地内の海外技術部門(Foreign Technology Division)に、空軍の公式U.F.O.調査機関である「プロジェクト・ブルーブック」が存在していたことが解ったのです!

「これはビンゴ!!」

プロジェクト・ブルーブック(Project Blue Book)。1952年から1969年にかけて実際に活動していたアメリカ空軍の「U.F.O.研究セクション」だったのです。デデンデン!

(※米空軍のU.F.O.調査機関。48年には「プロジェクト・サイン」を設置、のち「プロジェクト・グラッジ」と改名、52年には「プロジェクト・ブルーブック」と再編され、69年までU.F.O.調査が継続されました)

ハイ、出た。盛り上がってまいりましたっ!パン、パン!(たけし風)

「ブルーブックリポート No.13」案件とは?1977年のことです。この年に「ブルーブックリポート No.13」が、アメリカ空軍(ライトパターソン空軍基地)の情報部員に配布されました。そこには“アメリカ政府と宇宙人との接触”などが記載されており、グレイタイプの大型サイズ「ラージ・ノーズグレイ」、小型サイズである「リトル・グレイ」の記載もあった。

(※まるで魚のblack bus「ラージ・マウス」や「スモール・マウス」みたいだが、“相手は宇宙人”なのである。結構ヤバい案件)

▽参考動画 3/映画「プロジェクト・ブルーブック」コレもメッチャ面白いから!

https://youtu.be/MZybH2MTwBI

何でもMJ-12メンバーが直接接触したものとして「人間そっくりのブロンドの美人、背が高い宇宙人(ノルディック星人か?)」や、「人間クリソツのオレンジ髪の宇宙人(クラリオン星人なのか?)」その他、様々な宇宙人も過去には居たらしいのです、都合57種くらいという。うわぅわ、どんだけぇ~!

(※マジェスティック・トゥウェルヴ(MJ-12)とは、ロズウェル事件等U.F.O.案件に対処するため、トルーマン大統領が1947年に「MJ-12委員会」を設置した。アメリカ合衆国の政府高官や科学者など、12人の専門家で構成されており「世界を陰で操っている」と噂される謎の組織なのです。「ヱヴァ」でいえば「ゼーレ」ですね)

f:id:minminzemi81:20191009214813p:plain

いわくつきの宇宙人の解剖?!

また、宇宙人の解剖写真や生きた宇宙人の写真、U.F.O.内部構造の写真などの記載があったというのです。ひぇ~それマジですかぁ!?

  

そう、すべての疑惑は「ロズウェル事件」から始まる

 

さかのぼること1947年。米ニューメキシコ州 ロズウェルでU.F.O.が墜落しました。墜落現場では、四体の宇宙人が回収されました。その外見は人間離れしていて、灰色の体色、身長は1.2m、頭だけが異常にデカくて、アーモンド型の大きな瞳に、小さな鼻と口を持つ。

f:id:minminzemi81:20191007050048j:plain

グレイタイプ想像図

そのうちの一体は、かろうじて生きており手当された。この一体は1980年前後にあったという「宇宙人との会見時」まで生きていたとか。その後に、お迎えの宇宙船に引き渡されたらしい…というのだが。そのエイリアンは地球人類とは全く異なる生物であり、いまでは一番よく知られている「👽グレイタイプ」と呼ばれる宇宙人でした。そうです!いま思えば、1978年に日本公開された『未知との遭遇 “Close Encounters of the Third Kind”』は、ヘンテコりん映画だった。あれは捕えられたグレイタイプ型宇宙人返還物語だったのだと思いますね。

▽参考動画 4/『未知との遭遇』⇒Close Encounters of the Third Kind (6/8) Movie CLIP - Communicating with the Mothership (1977) HD - YouTube

スピルバーグアメリカ政府と共謀し?「偶発的な宇宙人との遭遇」による人々のショックをやわらげる意図があった。そして実話(グレイタイプとコンタクト)をベースに、この映画を構成したと!?

f:id:minminzemi81:20191006212207j:plain

ロズウェルのUFO墜落現場写真

さて、この事件が「一般的に知られるきっかけ」となったのは、1947年7月8日にロズウェル陸軍飛行場(Roswell Army Air Field)が発表した、簡単なプレスリリースからでした。このリリースの中で「第508爆撃航空群の職員が、ロズウェル付近の牧場から“潰れた空飛ぶ円盤”を回収した」と、発表しました。まだマスコミ対策がユルユル時代だった。新聞には堂々と『RAAFは、ロズウェルの牧場で“空飛ぶ円盤”を捕獲した』ババ~ン!!

f:id:minminzemi81:20191007061538j:plain

ロズウェル・デイリー・レコード紙

(※ reference ⇒第509混成部隊 - Wikipedia 広島・長崎へ原爆投下したことで有名な爆撃部隊だった)

ところがその数時間後、第八空軍司令官はこの発表をすぐに撤回「RAAFの職員が回収したものは、空飛ぶ円盤ではなく、気象観測気球であった」と急ぎ訂正した。もちろんいまでは、気球などではないことが判かっている。では、本当は何だったのか?疑惑はさらに深まってゆく。

(「MUFON」は、1969年に設立されたUFOの世界最大の調査組織。世界42ヵ国に支部を持ち、過去50年にわたってUFOに関する資料を集め続け、七万にも及ぶファイルは「HANGAR 1」と呼ばれる倉庫施設に保管されています。ムーフォンは民間の団体なので“比較的信用”できます)

▽参考動画 5/ 「エリア52」モントークプロジェクトについて

youtu.be

(※上の動画は“ツッコミ所満載”ですがスルーで、沼ります…笑)

宇宙人のお墓の場所まで判っているらしいよ!

○スジマン好き氏(仮名)よれば、トンネルに続き「貯蔵庫」らしきものも見たという。しかし、その中に入り保管されているという「エイリアンの姿」を見ることはできなかった。この基地内には、最新鋭の「気候制御施設」や地下深く「低温施設」を所有しているという。これが「U.F.O.やエイリアン」存在の何よりの証拠であると氏は主張している。

○さらになんと、同基地内でエイリアンが埋葬された場所が四つもあり、スジマン好き氏(仮名)いわく、海外技術部門に隣接した駐車場の地下にも「👽身長2.4mの宇宙人の遺体」が埋葬されていて、さらに「👽身長1.2mほどのエイリアン」も埋められている場所まで判っているらしい。こりゃ驚く!

○そして、真夏でも黒いスーツに身を包んだ「メン・イン・ブラック」の男たちに、三回尾行もされたと自慢している。はい。M.I.B.まで登場するならこりゃモノホンだよっ、ね?

▽参考動画 6/懐かしの『矢追純一👽U.F.O.スペシャル(1980年2月28日)』 ライト・パターソン空軍基地の「hangar 18」にあるという宇宙人と「メン・イン・ブラック」について言及しています。この番組面白いですよ。⇒https://youtu.be/5rg567ndSG8

▽参考動画 7/そうそう、忘れちゃいけない最重要案件があった。日本で「U.F.O.」といえば「ピンク・レディー」推し。イェ~イ!

彼女たちの最大にして最高のヒット作品がコレです。当時の「女子小学生は、全員振付けをマスターした」というぐらいの社会現象を引き起こしました!

youtu.be

振付けマスター用の「ミラー反転 ver.」まである。さぁ踊ってみよう♪そうそう、忘れてならない「日清の焼そばUFO」もあったね…まさに「UFO現象」恐るべしっ!

〈まだつづくゾ…〉

▽併せて読みたい、いやぜひ読んで頂きたい!日本の日航機がアラスカにて、巨大UFOと遭遇した不思議な話「日航ジャンボ機 UFO遭遇事件」。

○参考・引用/The black vault、TOCANA、ウキペディア。

▽わりと愉しいケド閲覧注意ね?

知的好奇心を刺激するニュースを配信 TOCANA

(6300文字、thank you for reading. 😊UFO is nearby!)