minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ ノシ

リテラシー問題『男はつらいよ 寅次郎相合傘』伝説的爆笑エピソード 「メロン騒動」に想う【大好きな映画】

 

フルーツの王様、メロン様。もう語感からして「中世メロンが王朝」を彷彿とさせるではないか!え?メロンが王族だったの「控えおろう、メロン様であらせられるぞ、ズがたか~い!」思わず家族全員が「ははぁ~」となるのだ。それぐらいのご身分だった。

「メロン」はとんでもインパクトスイーツ

f:id:minminzemi81:20200705103428j:plain

細かく割れているのが上玉

昭和時代(四十年代頃)「メロン🍈✨」はやたら高価で、ダントツの超高級フルーツだった。だから日常生活に登場することは、ほとんどなかったね。庶民はバナナだ。そんなバナナ🍌✨遠足時の質問「先生、バナナはおやつに入りますか?」的な感じ。

あと食卓に登場したのは、せいぜい「マクワウリ」とか「スイカ」ぐらい。「メロン食べたかったら入院でもしろ!」と、ホントに親にいわれたぐらいだ。お見舞いの定番品だった…「そんなアホなぁ~泣💧」ですよ。

あ、それから当たり前のことですが、映画『男はつらいよ(山田洋次 脚本)』は、あくまでも“創作物”ですからね。主人公を喧喧囂囂(けんけんごうごう)非難するのはまったく筋違いと思います。もう最近、変なヒト多すぎ。笑えよ!

以上、踏まえまして「メロン騒動」お楽しみください。(※ネタバレ含みますよ~)

f:id:minminzemi81:20200703204654p:plain

マクワウリもオイシイ

第十五作男はつらいよ 寅次郎相合傘』メロン騒動記

この話が爆笑できるかどうかで、リテラシー能力あるナシまで解ってしまうのカモ?果たしてあなたは「人間の心のヒダヒダ」を読み切れるでしょうか?笑いのポイントは…ありすぎ。

 

まず話の前提として、寅さんが旅先で世話をした人物がいて、そのお礼に高価な「メロン🍈✨」をもらった経緯がある。なので基本「所有権は寅さん」にある。保管はとらやの冷蔵庫。管理責任者は、オバちゃん。

「とらや一家&リリー」が、茶の間で遊んでいます。この時、なぜか寅さんは外出中でした。それで、冷蔵庫からオバちゃんがメロンを取り出し、わざわざ指折り人数までしっかり確認した。答え「六人だね」と断言す。

そして喧嘩にならないように、慎重に六等割に切り分けねばならない。これはとても難しい作業で、どうしても数ミリ程度の誤差(喧嘩のタネだ)は出てしまう。管理責任者の超絶技巧が問われるのです、さぁ責任重大!

(※寅さんは旅先で知り合った「パパ、蒸発サラリーマン兵頭氏」と北海道を巡る旅をした。メロンはそのお礼なのである。当時メロンを贈るとは、“最大級の感謝”を意味する)

 

オイちゃん「喧嘩しないように、公平に切れよぉ」と、念押し。

オバちゃん「それが、難しいんだよぉ~」と、応えていますね。

 

そして無事、分割作業はおわり茶の間へ運搬した。

 

「さぁ、頂きましょうか」それぞれがまず、ひと口目を食す。「う~ん、美味しい♪」とか「ウマいっ♪」思わず口に出る、幸せな風景です。

 

さぁ、楽しい茶の間のひと時の始まりィ~♪と、思いきや。

 

「…相変わらず、バカか…?」あれ、店先で寅さんの声がしたよ。

オバちゃん「あらいけないっ、寅ちゃんの分、忘れちゃった!」

さくら「勘定に入れなかったの?」

オバちゃん「うっかりしちゃって、どうしよう~」

 

もう全員がキョドって、オタオタしだす。

 

さくら 「どうしようって…」

ひろし「隠しましょう(小声)」

オイちゃん「隠すって、どこぇ(ボソッ)」

 

とらやのみんなは、何やらこのピンチを楽しみはじめています。すぐ訪れるカタストロフィを期待して?(浅)知恵者のひろしは、お膳の下に自分のメロンをスっと隠した。これがひろしの、いま出来る最大の防御なのだ、笑える。

 

するとそこに上機嫌の寅さんが、茶の間へ上がって来た。みんなの顔をニコニコながめている。愛しのリリーしゃんがいるしね。茶の間に緊張がはしる、さあこれは困った。とらやファミリー演者の微妙な表情にご注目!

 

寅さん「メロン、美味しいかい?」

さくら「う、うん…」

寅さん「よしっ、じゃお兄ちゃんもひとつもらおうか。じゃ、出してくれよ。オレの…(メロンを!)」

さくら「あっ、お兄ちゃん。これ一口しか食べてないから」

オバちゃん「あの、あたしのを…」

ひろし「あ、ボクのをどうぞっ」

おいちゃん「これ食べろよ、な」

 

次々と寅さんの目の前に、メロンの皿が突き出されてゆく。んん?これはなんかヘンだぞ。やや間があって、ようやく事情が飲み込めた寅さん。険しい顔になって、ネチりだす。スイッチが入った瞬間です。

はい、始まります「トラ節」のスタート!さぁ~テキ屋で鍛えた超理論が展開されるのか。今回のネタは『メロン』だけに、筋がパキッパキッに迷走する可能性すらあります。爆笑展開を乞うご期待!アイタタタ…

 

寅さん「ワケを聞こうじゃねえかよ。どうしてみんなのツバキのついた汚ねぇ食いカスを、オレが食わなくちゃならねぇんだいっ」

寅さん「オレのは、どうしたの、オレのぉ~!」駄々っ子か。

 

するとみんなが口々に、さらに被せて追い討ちをかけてくる。これが“煽り”の部分で、この時点では寅さんは激怒はしていない。スネているだけ。

(※とらやの人々は、容赦なく“寅さんの恋愛ネタ”で盛り上がるのを、楽しみとしていた)

 

さくら「あたしが悪かったの。お兄ちゃんのこと勘定に入れるの、忘れちゃったの」

おばちゃん「違うよ。あのね、あたしが悪かったんだよぉ」

おいちゃん「オレも、気が付かなかったんだよ」

おばちゃん「ごめんよぉ~」

ひろし「ボクも、うっかりしていて…」

 

もうこうなると、誰が原因とかどうでもよくて。いや、全員が共同正犯となってしまった。寅さん的には「仲間はずれされた、アウェー感」その憤懣がおさまらない。サッと状況判断したリリーさんは、満男を連れ奥の間へ緊急避難した。それをチラ見て、さらにヒートする寅さん。

 

寅さん「いいんだよっ、いいんだよ。どうせオレはね、この家じゃ勘定には入れてもらえねぇ、人間だからなっ!」さらに、スネスネ男。

さくら「何も、そんなこと言ってないじゃない!」

 

いやいやいや、遠回しに、やんわりと、とらや一家は寅さんを「気付かれなかった存在」とディスてますって。勘定に入れ忘れたと、言ったよ。

 

寅さん「しかしな。このメロンは誰のとこへ来たもんだと思うんだ?旅先でひとかたならないお世話になりましたと、あのパパがオレのところへよこしたメロンなんだぞっ」

寅さん「本来ならばこのオレが『さ、みんな、そろそろ食べ頃だろう。 美味しくいただこうじゃないか』 『あら、寅ちゃん。すまないわねぇ、あたしたちもご相伴にあずかっていいの?』 『もちろんだともぉ~』『すいませんねえ兄さん、それじゃ頂きます』そうやってみんなが、オレに感謝をして頂くもんなんだろう。それを何だい、オレに断りもなしに…」

 

寅さんの正論に皆が沈黙する。もうこうなると、寅さんの独壇場である。これは調子にのりますね、止まりません!

 

寅さん「あいつのいない内に、みんなで食っちゃお、食っちゃお、食っちゃお!どうせあいつなんか、メロンの味なんか分りゃしないんだ。ナスのふたつもあてがっときゃいい。そうしよう、そうしよう。みんなでもって食おうとした時に、オレがパタパタッて帰ってきたんで、てめぇら、大あわてに、あわてたろ!なんだ、おめぇ、皿を股下に隠したろ。で、出したろ、そっからっ」

ひろし「い、ぃ、あれは、あれは…ですねぇ(汗)」

寅さん「あれは、なんなんだい…?!」

 

やはり寅さんは、只者ではない。ひろしの不審行動までキッチリ捕捉していたのだ。見ていないようで、みています侮れませんね。

 

さくら「お兄ちゃん、いい加減にしてよ。勘定に入れなかったことは、謝るから、ねっ、ごめんなさい」

寅さん「さくら、いいかぁ、オレはたったひとりのお前の兄ちゃんだぞ。その兄ちゃんを勘定に入れなかった、ごめんなさいで済むと思ってんのかっ、おまえそんなに、心の冷たい女かっ?!」

 

とらやの茶の間は、さらにヒートアップ。これでは落とし所が読めない展開ですね。いや、最後にはとらやをプイッと飛び出す、それが決まり。

 

さくら「何よっ!メロン一切れくらいのことで。みっともないわね、もう」

寅さん「何を~ぉ~!!!」

 

寅さんさくらに手が出そうになる。一方的に言い負かされ、もう我慢が出来ないおいちゃんは、お金(店の金?)を取り出し叫ぶ。

 

おいちゃん「寅っ!おぅ、おまへそんなにメロンが食いたかったらなっ、ひと切れとは言わねぇ、これで買ってきて、アタマからガリガリガリガリ、まりごと、かり、かじれぃ!」

 

怒りでセリフがカミカミ、さすが名優下條正巳。寅さんに向かって、数枚(数千円?)のお札を投げつけました、オイちゃんチョットかっこイイ。

 

寅さん「バカヤロ~!オレの言ってるのは、メロンひと切れのこと言ってるんじゃないんだよっ!この家の人間の心のあり方について、オレは言ってるんだっ!」

オイちゃん「なにを一人前なこと言いやがってぇ、ほまえぇ!」

 

寅さんに向かって、また手元のモノ(雑誌?)投げつけるオイちゃん。

とらやの騒ぎがMAXです。もう収まりませんね。

 

寅さん「うあぁぁ~、ちきしょう~!」

さくら「お兄ちゃん、やめてぇ~~!」

ひろし「兄さん、もうやめてくださいよ…」

寅さん「よお~ぉ~し!!」ボーリングのピンつかんでる。

オバちゃん「ぅもう~ぉ~メロンなんかぁ、もらうんじゃなかったぁ~ひぃぃ…」泣きの涙となる。

f:id:minminzemi81:20200704160808j:plain

嗚呼、メロンとは罪作りな奴め

しかしこれ、どうかしているぜ。ヘンテコすぎる、とらや一家。

 

<このメロン騒動から想うこと>

ここで疑問なのは、妹さくらがささいな諍いを「なぜ煽った」のか?

この「メロン騒動」の時には、寅さんの想い人であるマドンナリリーが、その場にいる状況でした。兄がどんな男かを知ってもらう「プレゼンの場」だったのでしょう。さくらは密かに願う「リリーさんに対し、男らしい度量を見せなさい」「これは、チャンスなのよ!」「お兄ちゃんガンバレ!」

でも寅さんは、解らないし伝わらない。しかし、リリーには伝わったようです。奥の間でリリーはうつ向き、笑いを噛み殺していたのかな?このあとリリーは、寅さんに対し「大人気ない!」となじる場面へと続きます。

さくらは、リリーに「リリーさんがお兄ちゃんの奥さんになってくれたら、どんなに素敵だろうな」といった。リリーは真剣な顔で「いいわよ。あたしみたいな女でよかったら」と答えた。ほらリレーションは通じている。

 

<寅さんは、告白に真面目には取り合わない>

そして結局『あいつは頭のいい、気性の強い、しっかりした女なんだよ。俺みてえなバカとくっついて、幸せになれるわけがねえだろ』と、寅さんはさくらに対して、気弱に言う。観客は「何故だ?」と、ヤキモキするところ。

『あいつも、俺と同じ渡り鳥よ。腹すかせてさ、羽根怪我してさ、しばらくこの家に休んだまでのことだ。いずれまたパッと羽ばたいてあの青い空へ。なっ、さくら、そういうことだろう?※1』あぁ、男はつらいぜ…ん?

ムムっ、それは違うぞ。渡り鳥で「定住民と漂泊民の違い」を説明する寅さんだが、それならば「渡り鳥同士で仲良く※2」やれば良いだけ。ズレている。

(※1 寅さんがそう思ってしまう前段がある。『第十一作 寅次郎忘れな草』の終盤に、リリーはカタギの寿司屋に嫁いだ。が結局、離婚。またも流転の歌手に戻ってしまった。ただ、この離婚原因に寅さんが間接的に関係しているか?と匂わせるのだが、それは語られてはいない)

(※2 この件は『第二十五作 寅次郎ハイビスカスの花』での展開になる。話は続きます)

▽この状況をみて(観劇)爆笑できないヤツなんているの?

youtu.be

メロン騒動の逸話。公開時、このシーンでの「浅草と渋谷の映画館で、観客の反応が違った」という。渋谷では「メロンごときで、そんなに騒いで」と大爆笑、浅草だと「なんで寅にメロンをとっておかないんだっ!」といった反応がみられた。笑いの質に土地柄の差もあるらしい。

 

<メロン騒動のまとめ>

このメロン騒動のシーンだけに限っていえば、正しいのは寅さんですね。メロンの所有権者を爪弾きにしたワケで、寅さんは当然怒っていい。またとらや一家からの仲間外れには、何だか気の毒にも思います。

この一家の軋轢の元は、第一作『男はつらいよ』から始まり、延々と同じパターンを繰り返す不思議さがあります。手を替え、品を替えながらもドラマの展開は、同じ結末をたどる。山田監督の家族観が示されています。

例えば、日本人の古くからの特性として『思いやり』 とか『察し』などがあります。この特性は大抵の人に備わっているはずです。このとらやの面々は、過剰なほど「人情」があり、また時には(たいてい些細なこと)衝突を繰り返しています。まるで落語の住人みたいですね。

この映画は『緊張と微妙な感覚的なズレ』そんな空気から“笑いのうねり”が生まれています。この空気感こそ『男はつらいよ』の醍醐味と想うのですが、いかがでしょうか。

 

○付記/メロン騒動について。山田監督が語る原体験とは…『ボクが小学生の頃に、お客さんが来て「子どもだから、早く寝なさい」と寝かされる。夜中におしっこがしたいので階段降りてきて、座敷にまだお客さんがにぎやかに笑ってる。そ~っとのぞくと、ケーキ食べてるんですよねぇ(笑)。もちろん「何で、ボクがいない時にっ!」て文句言いたいんだけど、子どもでもそれは言えない。だいいちボクは、もう寝たことになってるんだから。それでおしっこしながら、なんか涙が出てくるのね。それは何かというと、なんか自分が疎外されてるというかな、あの子には食べさせなくても、子どもはいいんだから食べちゃえ食べちゃえという、その疎外された感じが悲しくてね。お菓子もケーキも食べたいんだけど「疎外された感じが、悲しくて涙が出てしょうがなかった」という追憶がある…』なるほど、そうだったんですね。

 

(5700文字、Please enjoy “Tora-san's” movie.) お題「ゆっくり見たい映画」#男はつらいよ