minminzemi+81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ ノシ

生まれてはじめて「旅客機なるものに搭乗しちゃいましたぁ~☆」てな昔話、北海道の旅【航空機 事件簿9】

 
今日のあまりの寒さ(外気温マイナス)にブルって、ふと思い出した「北海道旅行ツアー」話を書かしてもろてエエですやろか?
はい、そうですか。ありがとうございますぅテイクオフ!謎のハイテンション♬.*゚

はい、題しまして『初めて旅客機なるもの乗った話』ぱふぱふ 📣

f:id:minminzemi81:20210109140911j:plain

「冬が寒いの当たり前」ですよねぇ☆

(※注/以下、変な道弁が混じりますが、たいして意味ありませぬ。 タダのウキウキ気分ですたい)

だいたいやね、あのデカい羽根生やした✈️推定300🐷ぐらい目方ある「鉄の塊(正確には各種金属やカーボン複合体)」が、空気カスカスの上空を飛べるわきゃなかろうもん、そう信じて疑わなかった「厚顔の微青年」と呼ばれてた昭和も末の御代。そう20代の頃の話でやんス。

ところが、ところが。

それはそれは、春うららな佳き日でござった。暇杉でふと魔が差し、手元をみれば不思議と小金があった。ならば旅行よね。即決!イェイ✌

f:id:minminzemi81:20220117112400j:plain

何となく抱いていた北の大地イメージ

北海道のカーンと抜ける「真蒼な大空」どこまでも「拡がる大地」ラベンダー畑なんかあって、そこでじゃがバタ、トウキビなんか喰べるんだぉ。

イイよねぇ、うん、うん。

急に何故か「北海道に行ってみるべ」とワタシは思い立つ。タッちゃん、いぐかい?イグ、イグと返事あり。

それから、それから。 

それは、格安弾丸ツアー三泊四日、魅惑の北の大地を満喫!道東縦断バスツアー🦀五大特典付き、いまだけ43,800え~ん!ルルル旅♡』などと「ゲス惹句」になまら引かれ、血迷った訳では決して無いッス!

f:id:minminzemi81:20220117113655j:plain

そこはかとなく抱いていた北の大地イメージ

・・・でもね。春の沖縄ツアーはとても高く、北海道がなぜか安かったんだよなぁー、諸般の事情やっぱ大事だべ。ンだ!て病んでい。

それからどした? 

ほら、旅程表を眺ればさ「伊丹国際空港➤新千歳空港」使用機材は、ニッポンの安心の翼「穴✈️暴飲具747-SR100⭐」確か、そうだったと思いまするな。ワクワクするよねぇ、初ノリ飛行機がジャンボだぉ!ジャンボ尾崎だよ🏌️‍♀️ファー

いやホントいえば、憧れの「匂うジェット機B727」に乗りたかったのだが・・・

しか~し、時代がそれを許さない。

🎥『大空に乾杯』全日空スチュワーデスの滝村ゆり子は、訓練期間を経てはじめてフライト搭乗することとなった。搭乗機はその当時、最新鋭機B727。そうこれは、「愛と友情のスチュワーデス物語」なのです。ババン!

▷大空に乾杯ダイジェスト「1966年、日活映画」⇒https://youtu.be/EA5TU-e-q-o)

よかんべ、よかよか。 

そうです。そうなんですよぉ。何でも初体験というものは「ハラハラドキドキする」ものだそうで御座いますでやんス。

そおして、永く記憶に留めるものだそうですョ!

はーさのよいよい。

いい日、朝立ち!伊丹エアでは24度を超え、まるで初夏の陽射しの暖かさ。ポカポカと、ポカポカと。

f:id:minminzemi81:20220117121209j:plain

サクッとスムーズなボーディグ

いやさ、むしろ汗ばみ暑い位じゃった。なので上衣はデカ鞄へほりこんで、ボス!と。こりゃあずますいでないかい、ンー?

ジャジャーン♬.*゚

ワタシは「ポロシャツ一枚」で空飛ぶ旅人と相成りました。搭乗口では、めんこいスッチーやおら笑顔でお出迎え、客席はホボ満杯。ここまでなんの違和感もなかった。そう、何かを疑う余地すらなかった。

なーも、なーも。

▽当時のANA747の写真を探しましたが、見当たらなーい。いまや全機退役した「B747-400」を。懐かしいな、ジャンボさん。

f:id:minminzemi81:20220118022311j:plain

在りし日の B747-400

(※クラシックB747-100、200、300型に対し、ハイテク装備となった「B747-400」は、まったく別物であ~る。でも見た目は、おんなじやして)

よくしたもので、左翼窓際の席✨でした。やはり神様はおわします!以来ワタシが「穴」に乗れば必ず、窓際席へと追いやら・・いや違ふ、優先して「ウインドサイド席指定」となるのです。それはともかく。ゴゴゴゴ・・ひゅ~ん⤴︎予想に反し、カンタンに舞い上がった太っちょジャンボ機。

👩「当機は新千歳空港へと、絶好調でぶっ飛んでいマ~ス⤴︎※1」というスッチさんの穴ウンス。続いて「札幌の天気は雪、気温はマイナス四度・・」なんじゃとて。アンタさんいま、何ゆーた?!続きまして、英語版穴する「Ladies&Gentleman・・nandakanda・・」

f:id:minminzemi81:20220117130603j:plain

😱「ちょっと、チョット。聞いてないよぉ」マイナスなんて気温、この春爛漫ジャパンで蟻えんJALがぁ~穴や!

いやいや。それが、ありました・・・

「それが北海道、舐めんなぉ」

しかし、窓の外は未だ北の大地の姿見えず、厚い雲がミッチリ覆っていました。やがてワシの乗ったジャンボジェットが、なんと「ガッタ、ガッタとロッケンロール♬.*゚」メッサ揺れ始めますやん(爆弾低気圧?)さあさぁ、どうなる。パパン、パン!

f:id:minminzemi81:20220117130822j:plain

👩「シートベルトしろ!」とか「喫煙するな高校生!」とか、スッチー先生がマイクで厳しく生徒指導を始めだしました。おやおや、いったい何だろう。

窓の外は真っ白、雲の中かな?これは視界不良なのはあきらかでぇ~す。一気に増す緊縛感、ベルトがくい込んでもう・・いや違う、緊張感、Exciting✨

ワタシは直感的に「なんか、これ、ヤバいやつか?」と気付くのでした。あんたはエロい!

👩「まもなく、着陸体制に入ります・・ナンタラこたら」今度は、教頭先生からの長めのアナウンスが。

ヴィ~ィ~ン。フラップが下がります!どんどん下がります「フル フラッ プッ!(しらんけど)」そして機体は進入旋回して、ひゅう~ん・・・ドッカ~ン!!

f:id:minminzemi81:20220120185940g:plain

雪を蹴立ててザクッ、ザクッ、ザッ、ザァ(ホントは音しない※2 (✈️お尻がプルプルみたいな感じ)それは、氷上に可憐に舞うフィギュアスケーター!ならば見事な着地?いや、なんか違ふ。ちがったね。

恐怖のタッチダウン

窓の外は猛吹氷の世界ひィ

タッ「なんじゃ~こりゃ!」

ワイ「着地したのに、止まらな~い!」

その時、すかさず機長は、バックファイアー🔥ON!ジョジョ立ち「ゴゴゴゴゴォ~!」翼もジョジョ立ち(スピードブレーキ)それでもツルツル滑る飛行機。慣性の法則が、こんなところで体感出来るとはなぁ😅怖しす。

f:id:minminzemi81:20210109142106j:plain

飛行機や ああ飛行機が トンデレラ

「嗚呼・・飛行機。なんて凄まじい乗り物であるかっ!」

🙏ガクブル「もう拙者、二度とフライング陸蒸気なるもの、乗るまいぞっ」と、固く心に決め申した!

あり、帰りもコイツやったな🤣早くも詰んだ。「ハンカくせこと言うもんでね、ケッパるベぇ」ンだネ。

○参考動画/吹雪の新千歳空港の模様。緊張感溢れる気象状況に、敢然と飛び立つ旅客機。機材は、B767 ALL NIPPON⭐YES!

youtu.be

そして、機外へ一歩出ますと、足元よりキンキンの冷気が忍び寄ります。コレはまるで冷凍室やん。この北海道には、巨大な冷凍装置があるわけ?どうやらそうみたいね。バナナで釘うつCM見たことあるで。

「私の瞳がぬれているのは、ツララなんかじゃないわ、シバれはしないィ」 By 松山ゲハ千春

マジさぶ。空気が、ピリ!ピリィ!するね。

そして、新千歳空港のコンコースで「気温マイナス四度」ネタで盛り上がっていたら、隣にズルベッちゃと来た、地元民とおぼしき婆ッ様が、こうのたまうさ👵🏼「マイナス四度、暖っかいべさぁ」と。雪が降ると暖ったかいらしいのだね。「えぇ、そう、なの??」と、またもビックリ!

そして、那覇空港便と乗り間違えたみたいな「南国スタイルのアホな男」が、ガタガタ震えながら立っていたのでした・・チーン🙏🏻✨オワタ

f:id:minminzemi81:20210109151712j:plain

夢にまで見た北海道、ピィピィピィはドコ?

🤣うわっサブ~、肺まで痛い、バスまで決死隊。LET'SらGO!お外にでると、脳内BGMは北島三郎に切り替る。曲目は、紅白でお馴染み「北の大地」なのだ。

はるかなるぅ 北の空ぁ 木霊も叫ぶ エゾ松林
母の大地に根を下ろし 雪を吸い みぞれを背負い
この人生を 嗚呼、はぁ~噛みしめるぅ~

もっとも、この後。バスツアーは吹雪の道東、網走方面まで突っ込んで逝くのだが。そこでは何と「マイナス十五度」まで記録(摩周湖の辺り?)したのだから、なるほどそうかと納得。てか、これ「しゃっこい」どころではない!シ塗るやんか。さあ、風雪ながれ旅が、あいや~あいや~始まるぅ。春やでぇ桜舞い散った四月の出来事。マジ恐るべしィ北海道、デッカイどう!鉛の海、ギシギシ鳴るオホーツクの海など眺めながら、こう想ったね・・・「なんて日本は、デッカイ国だろうか!」実感できましたよ。そりゃ、よかたい。

~おしまい~

f:id:minminzemi81:20210122150618j:plain

札幌時計台「日本三大ガッカリ」というが、まさに。

(※1 ジェット気流に乗せブッ飛ばし運航していた理由は、クローズ寸前の「新千歳空港」に、文字通り滑り込むためだったよね。早着?やればできる子なんやで、747はね)

(※2 いま思うと、機首がなにやら横向いていたと思う。強風に煽られずりずりドリフトする機体に、スパパーンとカウンターあてる藤原拓海機長が凄す!「頭文字D」ネタ)

▽おまけ話/なぜ、突然北海道へ旅立ったのかといえば・・往年の名画『幸福の黄色いハンカチ』に、ずっと憧れていたからであり、だいたいあの映画ルートを逆廻りすることが出来ましたね!

▽参考/幸福の黄色いハンカチとは…

minminzemi81.hatenablog.com


 (3700文字、thank you for reading.Enjoy your flight!)