minminzemi81's blog

あがら おもしゃいやしてぇ~ よう~ ゆわよ のし

加太の波止場の堤防の片隅にて。【加太港】

ブログ事始めの段

実はブログに何か書かねばと考えていて、はたと思う疑問があったのだった。

「う~むゅ、そうだ。そもそもブログてな、ど~ゆ〜意味なんだ?」と、息子に聞いた。「えっ?!…日記かなぁ?」←(ならdiaryだろ!)

「ログは分かる、カタログの“ログ”だろ。問題なのは“Bu”だっ!“ぶっ”とは、何ぞいやっ?」

「ぶ、ブサイク…とか?」

「不細工なlogかぁ…う~ん、そうかもなぁ~。凡人が書くものなんて不細工に決まってるし…ソレは説得力あるぞっ!!」

冷やし中華どころか…「不細工な記録」始め~ました!!

After rain comes sunshine. …☀︎…

f:id:minminzemi81:20170613082523j:image

[零章]日々是好日…処々、始まりは何時も雨模様。

友ヶ島に渡る前日、五月二十六日(金曜日)のことだ。実は加太の渡船乗り場迄、ブラブラ下見に行った。いや、目的は別にあったのだが。その途中、小嶋一商店さんの“復活エリクサー”との呼び声高い「蓬餅」を購入した。それがコレなのだが。

f:id:minminzemi81:20170609165341j:image

よもぎ餅コレをプラプラ下げて、加太漁港の中波止で喰っちゃおう♪と、考えたのだ。すると赤灯台の先に人影が! 普段釣り人がまず居ない場所で、やってらっしゃるのである。「ほっほ~う 大波止では無くわざわざ此処でやりますか」只者ではないな。

その方は奈良からいらっしゃった方で、きょうの朝から島に渡ったと云う。そして精力的にガシガシ各砲台を巡ったと言う。そして第三砲台辺りでフラフラになったので、早々と昼便で戻ってきたらしい。軽く脱水症状だったのかも知れない。真夏のような日だったからね。島にまつわる四方山話をした。

その間にも客を満載した渡船が帰って来る。明日はあのゾーラの船に乗るのだなぁ。大丈夫かなァ…

f:id:minminzemi81:20170609172034j:image

復活エリクサーである蓬餅を勧めた。「疲れた時には甘い物」お婆ちゃんの教えなのだ。加太の夕陽の美しさを伝えると、最近カメラを始めたと云う。カメラを持って来て、しばしカメラ談義が始まる。

「…ソレは まるで、昔の金曜ロードショーのエンディングのような夕日が」この喩え今の若い人には理解できないかもしれない。

「フライデー ナイト ファンタジー」はコチラ。このイメージなのだ。

YouTube

しかし、他の人が見たら爆笑だろね。波止場の先っちょで、お互い名前も知らない「和歌山代表」と「奈良代表」→オッサン二人。釣りしながらカメラ片手に、蓬餅まで喰って…いったい何のオフ会なんだよっ!! 先日は「モネの池」に迄行ってきたと云う。写真を見せて貰ったが「何だ、コリャ!!」である。浮ぶ蓮の花、泳ぐ錦鯉、ありえない水の透明度…CG合成にしか、見えないではないかッ!

さて、加太の夕陽。四国の山々に雲が厚く、今日はイマイチなのかも知れない。

 

☁  ☁  ☁  ☁  ☁  ☁   

 

暫くして、日が傾きだす。

 

☁  ☁  ☁  ☁ 🌞 ☁  ☁

 

太陽が水平線の辺り迄きた頃、奇跡! がおこった。

神々の降臨時系列に並べると。

雲の切れ間から光線が刺す。海からは水煙のようなものが上がる。(画像は技とunderに撮影しています)

f:id:minminzemi81:20170609174053j:image

さらに角度を落とす太陽さん。海面が金色に照り輝く。

f:id:minminzemi81:20170609173912j:image

「びっか~ん!!」

 見事な閃光を放ったのだっ!!おぉーΣ(゚ロ゚;)ง… 

f:id:minminzemi81:20170609174314j:image

美しい!実に綺麗だぁ!!

後光がさすとはこの事なのかっ!

f:id:minminzemi81:20170616213025j:image

心訓「ものごとはハートで見なくちゃいけない」 by星の王子様←何でサン・テグジュペリなんだ?“SUN”だけにィ~ *´ω`*  )/ヘヘッ

敬愛する「星の王子さま」の図

YouTube

(18/2 一部修正)